ジェーシービーのビジネスカードのショッピング優待サービス

クレジットカードを検討する上で大事になるポイントプログラム。

このページをご覧のあなたもJCBのOki Dokiポイントが気になっているのではないでしょうか?

当ページでは、JCBのOki Dokiポイントの貯まり方使い道、さらにはお得に貯める方法もご紹介しております。

見ていただければ、Oki Dokiポイントの全てがわかっていただけるでしょう。



    【還元率・有効期限・確認方法】JCB法人カードのOki Dokiポイントとは?

    Oki Doki(おきどき)とは英語の”OK”からきたスラング。親しい間柄の人に対して使用します。JCBによると、このプログラム名には、そんな親しい人といる時のワクワク感をポイントに感じてほしいという願いが込められているそう。

    そんな由来を持つOki Dokiポイントの基本情報をここでは解説していきます。


    ポイントの貯まり方【還元率】

    JCB法人カードのOki Dokiポイントの貯まり方は1000円で1ポイント。これだけ見ると、たまりにくいのではないかと思われるかも知れませんが、実はそんな事はありません。

    JCB法人カードのポイントは1回の支払いからではなく、その月のクレジットカード利用分全てから計算され、ポイントに還元されます。例えば、月の利用金額が123,400円であれば、123ポイントたまる仕組み。

    そのため、トータルで見ると、JCB法人カードのOki Dokiポイントはかえってお得なプログラムなのです。


    ランクによって違う?有効期限

    せっかく貯めたポイントが期限切れになった経験のある方も多いのではないでしょうか。そうならないためにも、ポイントの有効期限はしっかりと押さえておきたいもの。

    JCB法人カードのOki Dokiポイントの有効期限はというと、カードのランクによって2~5年と変わります。一般カードが2年間(24ヶ月)、ゴールドカードが3年間(36ヶ月)、そしてプラチナカードであれば5年間(60ヶ月)となります。

    期限を超えてしまうとせっかく貯めたポイントも失効してしまうので、注意が必要です。

    続いては、そのポイントの確認方法をご紹介いたします。


    Oki Dokiポイントの確認方法

    ポイントは確認しないと、どれだけ貯まっているのかわからないですよね。JCBの場合は、MyJCB”という会員限定のWEBサービスで確認でき、非常に便利。

    加えて、それ以外にも法人カードの利用代金明細でも確認できますし、電話での問い合わせにも対応しています。

    ここでは、ポイントのたまり方等、JCB法人カードのOki Dokiポイントの基本情報を見てきました。でも気になるのは、貯めたポイントがどのように利用できるかではないでしょうか。

    次項では、ためたJCB法人カードのOki Dokiポイントの使いみちをご紹介いたします。



    【どんな商品と交換できる?】ポイントの使いみちとは?

    端的にいいますと、JCB法人カードのOki Dokiポイントは非常に使い勝手のいいポイントプログラム。

    たまったポイントは非常に多岐なことに活用可能です。ここでは、JCB法人カードのOki Dokiポイントがどのように利用できるのかを見ていきましょう。

    厳選された商品と交換

    JCB法人カードのOki Dokiポイントと商品を交換することが可能。

    商品はお酒や食べ物、掃除機やキッチン用品といった日用品から、ディズニーランドのチケットにまで、幅広いラインナップとなっており、本当に使いやすいポイントプログラムであることが伺えます。

    きっと、あなたも欲しいと思えるものがあるに違いありません。


    ポイントで買い物

    JCB法人カードのOki Dokiポイントは買い物の支払いにも使えます。例えば、Amazonでは1ポイント=3.5円として利用できますし、ポイントと百貨店等の商品券を交換することも可能。

    このようにたとえ欲しい商品が無かった際にも、貯まったポイントは余すところなく使えて、お得です。


    キャッシュバック支払いに充当

    JCB法人カードのOki Dokiポイント1ポイントを3円として、カードの利用料金に充当することができます。もし、欲しい商品がなかったり、マイル等の交換(後述)もしない場合は、このようにキャッシュバックとして使用することもできるため、ためたポイントを無駄なく楽しむことも可能です。

    ここでは、ポイントの使い道に関して紹介してまいりました。ですが、これが全てではありません。JCB法人カードのOki Dokiポイントはマイルや、他のポイントにも移行できるのです。

    次項では、移行する際に大事になる移行率とともに、移行できる主なマイル、ポイントをご紹介していきます。


    マイル等への移行率は?

    ここでは、マイルや他のポイントへの移行率を見ていきましょう。


    マイルは1ポイント=3マイル

    JCB法人カードのOki Dokiポイントは以下のマイルへ1ポイント=3マイルで移行できます。つまりマイル還元率は0.3%。

    • JAL
    • ANA
    • ANASKYコイン
    • デルタスカイマイル


    ポイントにも交換可能

    以下に交換可能なポイントとその交換レートをまとめましたので、ご確認ください。
    ポイント 交換レート
    ビックネット 5ポイント
    ベルメゾン 5ポイント
    ジョーシン 5ポイント
    楽天ポイント 4ポイント
    セシールスマイル 5ポイント
    楽天Edy Edy3円分
    カエトクカード カエトクマネー4円分
    スターバックス カード チャージ スターバックス カード4円分
    Tポイント 4Tポイント
    WAON 4WAONポイント



    よりお得に貯めるには?【法人カード会員の還元率一覧】

    さて、ここまででJCBのポイントプログラム、JCB法人カードのOki Dokiポイントの大枠は分かっていただけましたでしょうか。

    JCB法人カードのOki Dokiポイントはそのままでも十分魅力的なポイントプログラムですが、ある条件を満たすと、更にお得にポイントが貯まるようになるのです。

    それはJCB STAR MEMBERSのメンバーのランクを上げること。

    JCB STAR MEMBERSとは利用金額に応じてポイント還元率が変わるメンバーシップサービスで、ポイント還元率の変化は下の表にまとめましたので、ご覧ください。


    JCB STAR MEMBERS

    集計期間中の利用合計金額(税込) プラチナ法人カード ゴールド法人カード 一般法人カード
    300万円以上 70%UP 60%UP
    100万円以上 60%UP 50%UP 50%UP
    50万円以上 30%UP 20%UP 20%UP
    30万円以上 20%UP 10%UP 10%UP


    上記のようなポイント還元率に加えて、JCB STAR MEMBERSのランクが上がるとキャンペーンの抽選口数が最大6倍に上がる特典も。

    ポイントを有効に貯めたい方は、JCB STAR MEMBERSを上げることを一つの目標にしてもいいかも知れませんね。

    さて、次項で最後になりますが、そちらではポイントをお得に貯めるもう一つ方法、Oki Doki ランドを解説してまいります。



    サイトを経由するだけで20倍?JCBのOki Dokiランドを解説

    Oki DokiランドとはJCBが運営するポイント優待サイトのこと。オンラインショッピングをする際にこのサイトを経由するだけで、通常の2~20倍ポイントが貯まる”オイシすぎる”サイトと言っても過言ではないでしょう。

    Oki Dokiランドに登録されているサイトはAmazonやユニクロ、楽天トラベルを初めとした約400店舗。あなたが普段利用しているサイトも含まれているかも知れません。

    また、ショッピングのみならず、旅行予約やレストラン予約等のサービスも利用可能なため、利用しやすい仕組みになっているのではないでしょうか。

    お得にポイントを貯めたい方は、こちらのOki Dokiランドも必見です。

    ■まとめ

    ここまでJCB法人カードのポイントに関して解説してまいりましたが、いかがでしたか。JCB法人カードのOki Dokiポイントは一言で言えば、なんでも揃っていて、かつ貯まりやすい万能型のポイントプログラム

    JCBの法人カードが気になっているあなたには知っておいてほしい情報ばかりだったのではないでしょうか。

    当ページを見て、JCB法人カードのポイント以外の詳細も知りたいと思った方は下記のリンクより詳細ページへどうぞ。


    新着法人カード:JCB法人カードの画像 JCB法人カード
    詳細を見る



    アメックスゴールド
    ナビゲータープロフィール
    法人カードマニアのたけし

    たけし(35)

    大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
    クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。