おすすめの人気法人カードの特徴を比較【ランキング】

ビジネスカードとは?ビジネスカードを利用するメリットは何?

当ページではそのようにお思いの方に向けて、 ビジネスカードと個人クレジットカードとの違い、更にはビジネスカードを導入するメリットを解説。 加えて、ビジネスカードを探している方に向けて、 おすすめのビジネスカードをランキング形式で紹介しております。

最後まで読めば、ビジネスカード(法人カード)がビジネスを加速させる存在であると理解でき、更に、どのようにビジネスカードを選べばいいのか、分かっていただけるでしょう。

それでは、まずは「ビジネスカードとは何か?」というところから見ていきたいと思います。





    【特徴を解説】ビジネスカードとは?

    ビジネスカードとは、 個人事業主や法人向けに発行されるクレジットカードのこと。 「法人カードやコーポレートカードとはどう違うの」?と思う方も多いかも知れませんが、結論を言うと、全て同じクレジットカードを指します。

    よって、ビジネスカード、コーポレートカード、法人カードともに使用方法やクレジットカードの機能等は同じ。ただ、明確な決まりはありませんが、中小企業や個人事業主向けのものが『ビジネスカード』、大企業向けのものが『コーポレートカード』と呼ぶのが一般的です。そして、このような法人向けのクレジットカードはまとめて法人カードと呼ばれます。

    ビジネスカードとコーポレートカードの違いがわかって頂けたところで、個人クレジットカードとは一体何が違うのか、次章で見ていきましょう。

    個人カードと法人カードの違いを比較

    ビジネスカードと個人のクレジットカード。両者のクレジットカードとしての使い方は全く同じです。しかし、ビジネスカードには、個人クレジットカードと違うポイントが大きく分けて5つあります。順に見ていきましょう。


    ビジネスカードの方が利用限度額が大きい

    1つ目の特徴は、ビジネスカードの方が個人クレジットカードよりも利用限度額が大きいこと。

    個人クレジットの場合、利用限度額は200万円程度となります。しかし、個人利用よりも決済額が多いことが予想されるビジネスカードの場合、 1000万円の利用限度額を誇るものもあります。


    キャッシングができない

    キャッシングとは、ATM等で現金を借りれる機能で、 急に現金が必要になった時に非常に便利。個人のクレジットカードとは違い、 ビジネスカードの場合は基本的にキャッシングができません

    というのも、一般的には法人が資金調達をする場合は融資を受けることが多く、キャッシングを利用するということは経営が不安定であることを意味するケースが多いため。キャッシングを利用しようとする企業は倒産のリスクが高とも言えるでしょう。そのため、貸し倒れのリスクを避けるという意味でも、ビジネスカードではキャッシングできないことが多いのです。


    会社決済と個人決済

    ビジネスカードは決済方法を会社の口座から払う会社決済、もしくは個人の口座から払う個人決済から選ぶことができます。

    個人事業主の場合は個人決済の選択することが多いです。


    社員のために追加カードを発行できる

    個人クレジットカードは、家族に追加のカードを発行することができますよね。ビジネスカードも同様に、 従業員に追加カードを発行して、支払いをまとめることができます。

    詳しくは後述しますが、追加のビジネスカードを発行し、社員に持たせることで、 経費を一括管理することができ、 経理精算が非常に楽になります。


    ビジネスカードにブラックカードはない

    個人クレジットカードの最高ランクがブラックカードであることはご存知かと思います。しかし、個人クレジットカードと違い、 ビジネスカードにはブラックカードは存在しません。 そのため、代わりにビジネスカード界では、 プラチナカードが最高のステータスを表します。

    さて、ここでは個人クレジットカードとビジネスカードの5つの違いに関して解説してまいりました。では一体ビジネスカードを利用すると何がいいのでしょうか。次章では、ビジネスカードを導入するメリットを4つご紹介していきます。



    ビジネスクレジットカードを導入する4つのメリット


    メリット①経費管理が楽

    従業員が使った経費を経理担当者が手作業で管理するのが従来のやり方でした。ただそれでは、経理担当者の負担がどうしても多くなりますし、人的なミスも発生したりと時間も手間も掛かります。

    しかし、ビジネスカードを利用すれば、そのような作業は必要なくなります。 支払いをビジネスカードに1本化すると、そのまま経理システムに取り込めるため、経理精算業務を今よりも遥かに簡略化することが可能

    また、ビジネスカードを従業員に持たせておくことで、出張費や消耗品等の経費を立て替えることも必要なくなります

    経費の管理が今までよりも遥かに楽になるのことは、ビジネスカードを利用する最大のメリットと言っても過言ではありません。


    メリット②キャッシュフローがよくなる

    個人事業主や法人にとって、キャッシュフローを良くすることは非常に重要。 キャッシュフローを良くするという点において、ビジネスカードは相当大きな働きをしてくれます。

    ビジネスカードを利用して支払いをする場合、 最長で3ヶ月も支払いを後ろ倒しすることも可能。 支払いを後ろ倒しにすると、その分手元に現金が残ります。手元に残る現金が増え、キャッシュフローが良くなることで、経営もより安定するのではないでしょうか。

    ビジネスカードを利用するメリットの2つ目は、キャッシュ・フローを改善することです。


    メリット③ポイントやマイルがたまる

    ビジネスカードは個人クレジットカードよりも利用額が多く、ポイントも貯めやすくなります。 企業によっては、年間で10万円分ものポイントを貯めているところも。 貯めたポイントで備品等を購入することで、更なる経費削減に繋がりますね。

    加えて、ビジネスカードの中にはマイル還元率が1%を超えるものも存在します。マイルは航空券と交換したりできるため、海外出張が多い方にはメリットが多いですよね。

    これらのポイントやマイルを効率よく貯めれるのもビジネスカードを利用するメリットの1つではないでしょうか。

    メリット④付帯サービスが充実

    ビジネスカードを持つことで、様々な付帯サービスが受けれるようになります。いくつか代表的な付帯サービスをご紹介致します。


    ■旅行保険

    海外や国内で旅行する際に生じたケガや病気等のトラブルに対応して、補償を受けれるサービス

    国によっては信じられないほど医療費が高いところもあります。特に医療費の高いアメリカでは、3日間入院しただけで数百万円請求されたといったことも。そのため、出張でよく海外に行かれる方にとって、ビジネスカードで補償が受けられることは大きなメリットと言えるでしょう。

    ■福利厚生

    従業員満足度を上げる上で欠かせない福利厚生。ただ、会社で福利厚生を充実させようとすると多額のコストが発生することもあり、難しいと考えている方もいらっしゃるかも知れません。

    そのような場合でもビジネスカードは活躍します。と言いますのも、 ビジネスカードには福利厚生サービスが含まれているものが多いのです。一例をまとめましたので、ご覧ください。

    • 宿泊施設やアミューズメント施設が割引価格で利用できる
    • 育児や介護のサポートケア
    • ショッピングや飲食店において割引優待が受けられる

    このような嬉しい特典が、ビジネスカードを導入すると利用可能。福利厚生を充実させて、従業員満足度を上げられることも、ビジネスカードを導入するメリットですね。

    ■コンシェルジュ

    カードのランクによっては、 24時間365日対応のコンシェルジュサービスも付帯されています。 このコンシェルジュサービスの質は評判が高く、それだけでも年会費以上の価値があると言われているほど。

    コンシェルジュは、ホテルやレストランの予約やチケットの手配のようなビジネスのサポートからプライベートで観戦するスポーツのチケットの入手まで、実に幅広いことに対応しています。

    そのため、コンシェルジュサービスのあるビジネスカードを選べば、 ワンランク上の世界を楽しむことができるかもしれません。

    ■プライオリティパス

    プライオリティパスは海外出張等で空港をよく利用する方におすすめのサービス 。飛行機の待ち時間を会員専用のVIPラウンジで優雅に過ごせます。

    VIPラウンジでは、以下のような充実したサービスが。

    • インターネット接続
    • 充電器の貸出
    • 豊富なリンクバー
    • サンドイッチやスナック等の軽食
    • シャワールームの貸出
    • 会議室の貸出

    このようにプライオリティパスがあれば、空港にいるのを忘れてしまうくらい、上質な時間を過ごすことができます。ただ通常、このプライオリティパスを発行するには約40,000円の年会費が必要。 しかし、ビジネスカードの中には 無料でプライオリティパスを発行できるカードもあるのです。

    40,000円分もするサービスを無料で利用できるのも、ビジネスカードを持つ特権と言えるでしょう。



    【まとめ】おすすめビジネスカードランキング

    ここまで、ビジネスカードに関して、個人クレジットカードとの違いと、ビジネスカードを持つメリットの面から解説してまいりました。

    「ビジネスカード良いかも知れない」
    「私のニーズにあったのはどのカード?」

    このようにお思いの方もいらっしゃることでしょう。 当サイトでは、40枚を超えるビジネスカードの中から、 厳選しておすすめのビジネスカードをご紹介

    • ポイントやマイルが貯まりやすい法人カード
    • 審査に通りやすい法人カード
    • ゴールドカード/プラチナカード
    • ETCカード/ガソリンカード
    • ステータスの高い法人カード

    上記のような様々な用途に合わせたご提案させていただいているので、ビジネスカードのおすすめランキングを見たい方は、下記のリンクより厳選されたランキングをご確認ください。


    おすすめの
    人気ビジネスカードランキング


    アメックスゴールド
    ナビゲータープロフィール
    法人カードマニアのたけし

    たけし(35)

    大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
    クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。