法人カードとは?基本や使い方から、役立つメリットをご紹介! | 法人カード比較ナビ

個人事業主や法人向けのクレジットカードとは?

法人カードの券面
「法人カードとは、そもそも何?個人で契約しているカードとどう違うの?」

こういった疑問を持っている方は少なくないと思います。法人カードは、メリットの多い便利で魅力的なクレジットカードです。

このページでは、その魅力はもちろん、使い方や法人カードの機能について、個人カードと比較しながらわかりやすく説明することで、あなたに法人カードが必要なのかどうかがわかります。

あなたにぴったりの法人カードを知るためにも、まずは法人カードとは何か、そして法人カードの役立つメリットをご紹介します!




    会社名義で使えるクレカ、法人カードとは?

    法人カードとは、企業などの法人に対して発行されるクレジットカードです。交際費や出張費といった日常のビジネスシーンで出た経費を精算するためのクレジットカードです。

    ビジネス上、法人カードで精算をすることによって、経費の立替費や経理の事務手続きなどをよりスムーズに処理することができます

    法人カードとは経費の処理に使用できるクレカ

    法人カードとは、経費精算に活用できるクレカということはわかりましたが、ここで気になってくるのは法人カードの使い方

    結論から言うと、法人カードの基本的な使い方は、日常で使っているクレジットカードと同じです。

    法人カードの使い方の特徴を3つご紹介します。


    1.法人口座を開設できる

    法人カードの中でも口座名義を個人にするか、法人にするかという点も法人カードならでは。法人カードの口座は以下のように区分できます。

    法人口座クレジットカードの支払いを全て法人が行うタイプ
    個人口座支払いはそれぞれ個人が行うタイプ


    法人の代表者が個人口座を開設することも可能ですが、メリットはほぼありません。経費の処理に手間がかかってしまいますし、法人口座を会社名義で開設することで発行会社からの信頼も増します。

    現在会社の銀行口座が1つでしたら、法人口座の解説をおすすめします。


    2.利用限度額が高い

    個人のカードに比べ限度額が高く、ものによっては限度額の上限はなく申告内容や利用実績に応じて増額していくので、将来的に事業がどこまで拡大しても安心です。


    3.法人カードは大きく分けて2種類

    ビジネスカード
    • ・中小企業、個人事業者向け
    • ・カード使用者が20名未満だとビジネスカードといわれることが多い
    コーポレートカード
    • ・大企業向け
    • ・カード使用者が20名以上だとコーポレートカードといわれることが多い

    会社の規模によっても違いがあり、用途も変わってきます。ビジネスカードとコーポレートカードの違いをより詳しく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

    続いては法人カードのメリットについてご紹介します。



    法人カードとは、魅力的なメリットをもつカード

    法人カードとは、魅力的なメリットをもつカード

    多くの会社や個人事業主が法人カードを利用しています。その理由は、会社の支払いに法人カードを使用することにさまざまなメリットがあるからです。

    例えば、支払い時の振り込み手数料がかからなくなることが挙げられます。 これまでは出張費などの交通費を支払う際には、一つ一つ振り込むか、自動で引落しをする必要がありました。

    これを法人カードで支払うと、振り込み先がクレジットカード会社一つにまとめられるため、無駄な手数料をカットすることができるようになります。法人カードとは、会社のお金に関する事に絶大な効果を発揮するのです。

    ここでは、そんな法人カードのメリットをご紹介していきます。


    法人と個人の区別がはっきりする

    法人カードとは、経費と個人利用が区別できるカード

    法人カードを使うことによって、経費と個人利用の区別をはっきりさせることができます。特に法人口座から引き落としの場合、個人が経費を立て替えておく必要がなく、法人カードで精算となるので個人負担がないのが特徴。


    経費などの会計業務が効率的

    法人カードは経費業務が効率化できる

    法人カードとは、今まで社員が立て替えていた分の請求手続きを省くことができるので、経理業務の効率化に直結するカードです。

    またクレジットカードを使用した時の明細や履歴を一元管理できるところも人気の要因。これなら、明細で経費の額を簡単に確認できますし、経費の計上漏れも防げます。


    支払い猶予が長い

    最大で90日間もの支払猶予

    法人カードで支払いをした場合、口座引き落としまでに最大で90日間もの支払猶予が貰えるため、特に創業してすぐの会社にとっては大きなメリット。これなら、会社の口座に残る金額が増え、キャッシュフローが良くなります。


    ポイントやマイルなどの優遇

    利用分だけポイントやマイルが付与

    法人カードの特徴の1つは、カード会社によってポイントやマイルが貯めることができる特典。会社で使った全ての利用分に付与されるため、かなり大きなポイントやマイルを得られることも。

    JCB、VISA、アメックスやオリコ、セゾン、楽天、三井住友カードなどそれぞれの登録する法人カード会社のキャンペーンや、ゴールド、プラチナ会員などのステータスによっても異なりますが、多くの場合還元されることが多い傾向にあります。

    個人カードの場合とポイントの貯め方が法人カードとは異なっている場合もありますので、契約の際には確認を怠らないようにしましょう。


    付帯サービスの利用が可能

    もちろん付帯サービスの利用が可能です。

    空港ラウンジの利用海外保険手荷物の配送が無料になるなどのサービスが付帯されていることがほとんどなので、出張などで海外へ行くことの多い方にとっては、無料の付帯サービスは嬉しいですね。

    さらに、クラウド型の付帯サービスにも注目です。

    例えば、クラウド型経費精算システム。クラウドサービスに登録すると、利用明細が自動で取り込まれ、経費の精算時に利用金額などのデータ入力の必要がなくなり、精算業務が効率化され作業時間を削減できます。さらに、入力ミスや不正行為を予防することで内部統制の強化にもつながります。



    まとめ


    いかがでしたか?

    法人カードとは、そもそも何?という疑問に対しての説明をさせていただきました。

    法人カードとは、非常に便利で魅力的なカードです。ビジネス上どれも会社にとって嬉しいものばかり。まだ法人カードを持っていないという方は、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか?

    この記事では、法人カードとはいったい何なのかを説明しましたが、メリットの詳細やカードのランク、入会の申し込み方法、審査、年会費無料カードなどの具体的なことまでは説明していません。

    もっと詳しく法人カードのメリットを知りたい方はコチラの記事をどうぞ。
    サイト全体でそれぞれの詳細情報を網羅し、法人カードに関するあなたの疑問や悩みを解決し、一人一人のニーズに合ったおすすめの法人カードが見つけられるように構成されています。

    是非下記リンクから自分にぴったりの法人カードを探してみて下さいね。


    おすすめの法人向けクレジットカードランキング