一般法人カードランキング!人気のカードを徹底比較 | 法人カード比較ナビ

ビジネスカード徹底比較

おすすめ一般法人カードランキング
法人向けクレジットカードマスターTくん
「どの一般法人カードがいいの?」

事業を運営する代表者にとって、一般法人カードというものは法人カードの入り口です。

最初に手にする法人カードは年会費や審査の問題から一般法人カードであることが殆どで、大抵は余裕が出てきたあたりからゴールドカードやプラチナカードに進んでいくものです。

しかし、まれにどうせそのうち別の法人カードに変えるのだからと適当に選んでしまう方を見かけますが、年会費の安い一般法人カードだからこそ機能の飽和したプラチナカードなどよりも機能や方向性に差が出るものなのです。

このページでは、より良い一般法人カードを見つけて頂くために、一般法人カードの選び方おすすめ一般法人カードランキングをご紹介いたします。


    一般法人カードの選び方

    一般法人カードを選ぶ時に大切になってくる要素はいくつかあります。ただ、年会費の安い一般法人カードでは、全てのニーズを満たした優れものの法人カードはなく、それぞれ特徴がはっきりしています。

    あなたがどの要素を重視するのかをよく考えて比較をすると、長く使うことのできる法人カードを選ぶことができるでしょう

    比較すべき要素を大きく3つに分けると、


    それでは、順に見ていきましょう。


    年会費や限度額などの基本性能

    まずは基本性能から。

    年会費は毎年支払わなければ行けない金額ですし、限度額は自分の持つ法人カードの決済の限界ということになるので、どんな法人カードを選んだとしても深く関わりの出て来る性能になります。

    年会費はまだ、多少高いものを選んでしまっても一般法人カードの値段ならどうってことはないですが、限度額に関しては事業に合わないものを選んでしまうと法人カードを作り直すところから考えなければいけなくなるかもしれません。

    限度額とは、あまりにも簡単に言うと一ヶ月の間で決済する事ができる金額のこと。実際は少し複雑な要因で一ヶ月に支払うことができるのは限度額の半分強なのですが。

    そのことを踏まえた上で法人カードの限度額と自分の事業を比べて明らかに使う金額の方が多い場合は他の法人カード、または2枚法人カードを持つことを考えるべきですね。

    単なる決済ツールとして見たとき、自分の事業の幅に耐えられるのか、申し込みをする前に計算してみることをおすすめします


    ビジネスサポート性能&使いやすさ

    法人カードによっては、会計ソフトがついていたり、出張時に役立つ割引特典が付帯していることがあります。

    こういったサービスはその法人カードを持っている限りずっと使うことができるものなので、自分の事業に合ったビジネスサポート性能を持つ法人カードを選ぶだけでかなりのお得が出来たり、効率の底上げをすることができます。

    また、殆どの法人カードは個人用のクレジットカードと比べると機能が制限されていることが多く、制限が多い法人カードを申し込んでしまって使いにくいと不満を持つ代表者も多いので、機能がどのくらい開放されているかということも法人カードによって全く違うので比較ポイントになります。


    ステータス性

    ステータス性は個人用のクレジットカードではそこまで重要な要素では無いかもしれません。しかし、法人カードとなると話は別です。法人カードのステータスでその会社の価値を測られてしまうことも多々あります。

    銀行系法人カードを使っている企業とローン会社の法人カードを使っている企業があったら前者と取引をしたいですよね。ステータスの高い法人カードを持っているということは事業形態として既に一度認められているということに繋がりますから。

    ところで、ステータスを求めるのはゴールド法人カードからでいいやとお思いの方もいるかもしれませんがそれは大きな間違いです。

    一般法人カードから地道に使い続けることでグレードアップの難易度は格段に下がります。つまり、普通にゴールド法人カードから申し込むよりもよりステータスの高い法人カードを狙えるということなのです。



    徹底比較!おすすめ一般カードランキング

    ここからは、全ての一般法人カードを様々な視点から比較することで作られた、一般法人カードランキングベスト3をご紹介致します。具体的な特徴は後で一つ一つについてお伝えするので、まずは順位と基本情報を御覧ください。


    順位 カード名称
    券面
    年会費
    (税別)で比較
    限度額で比較 ポイント還元率で比較 入会基準で比較 国際ブランドで比較
    ランキング1位 法人クレジットカード比較:JCB法人カード
    JCB法人カード
    1,250円 公式サイト参照 0.48%~ 法人代表者または個人事業主 JCBロゴ
    ランキング2位 クラシック券面
    三井住友ビジネスカードfor Owners
    1,250円 150万円 0.3%
    ~0.5%
    法人・個人事業主 visaロゴ MasterCardロゴ
    ランキング3位 ビジネクスト券面
    ビジネクスト法人クレジットカード
    無料 300万円 0.25% 法人・個人事業主 visaロゴ
    カード名称/券面

    ランキング1位

    法人クレジットカード比較:JCB法人カード

    JCB法人カード

    年会費(税別)で比較1,250円
    限度額で比較100万円
    ポイント還元率で比較0.48%~
    入会基準で比較法人代表者または個人事業主
    国際ブランドで比較 JCBロゴ
    カード名称/券面

    ランキング2位

    クラシック券面

    三井住友ビジネスカードforOwners

    年会費(税別)で比較1,250円限度額で比較150万円ポイント還元率で比較0.3%~0.5%入会基準で比較法人・個人事業主国際ブランドで比較

    visaロゴ MasterCardロゴ

    カード名称/券面

    ランキング3位

    ビジネクスト券面

    ビジネクスト法人クレジットカード

    年会費(税別)で比較無料限度額で比較300万円ポイント還元率で比較0.25%入会基準で比較法人・個人事業主国際ブランドで比較 visaロゴ


    さて、1位の法人カードから順番にどんな性能を持っているのかを詳しく見ていきましょう!



    JCB法人カード

    JCB一般法人カード

    一般法人カードおすすめNo.1は「JCB法人カード」

    当サイト申込数ランキングでは一般カードの中では1位、ゴールド・プラチナカード含めた全50枚中でも2位とかなり人気の法人カードとなっています。この一般法人カードのいいところはなんといっても使い勝手の良いバランスの良さ。

    年会費は1,250円と最安帯でありながら、ビジネスサービスは他の法人カード以上にしっかりしており、出張サポート・オフィスサプライ・会計管理ソフトなど様々な面から事業を手助け。ETCカードは複数枚発行する事ができ、それらに関しては年会費無料

    さらに、国際ブランドでもあるJCBのプロパーカードということで信頼性が高く、ステータスも平均以上です。様々な要素で全体的に平均の上を行くJCB法人カード、おすすめです。

    なんと今なら入会で最大13,000円分のキャッシュバックがされるキャンペーン中!

    JCB法人カードの詳細はこちら »



    三井住友ビジネスカードforOwners

    クラシック券面

    おすすめ一般法人カード第2位は「三井住友ビジネスカードforOwners」

    実はこの法人カード2017年半ばに発行されたばかりの新登場法人カードなのですが、今までの法人カードに無い自由度の高さで爆発的に人気を集め始めています。

    その自由度の高さというのはまず、支払い方法は1回払い、2回払い、リボ払い、分割払い、ボーナス払いの5種類から、支払日は2日間から選択可能

    Apple Payを含む6種類もの電子マネー・追加カードに対応。貯まったポイントはマイルに変換することも支払いに当てることもでき、さらに国内外問わず使うことのできるキャッシング機能も搭載しております。

    今までは個人用のクレジットカード限定とされていたような機能の数々を、法人カードで使うことができるようになったというのはとてもうれしい事ですね。

    三井住友ビジネスカードforOwnersはオーナーにとって極限まで使いやすいように設計された万能法人カード。幅広く柔軟に法人カードを使っていきたい方におすすめです。

    三井住友ビジネスカードforOwnersの詳細はこちら »



    ビジネクスト法人クレジットカード

    ビジネクスト券面

    最後にご紹介致しますのはビジネクスト法人クレジットカード。こちらの法人カード、まだスタートしたばかりの事業や、お試しで法人カードを作ろうとしている方にもおすすめです。

    その理由は、全てが無料ということ。法人カード年会費は永年無料、さらに50枚まで作ることができる追加カードとETCカードも共に年会費無料

    さらに審査もゆるく、赤字決済でも申し込みOK 。それでいながら限度額は最大300万円と高めの設定です。

    ローン系会社の法人カードなのでステータスという面見てしまうと上2つにかなりの引けを取ってしまいますが、その他の基本スペックが圧倒的。ただ、決済ツールとして高いパフォーマンスが出るものを探しているという方にかなりおすすめな法人カードです!

    ビジネクスト法人クレジットカードの詳細はこちら »