個人事業主必見!クレジットカードを分けるメリットを徹底解説 | 法人カード比較ナビ

事業用なら法人カードがおすすめ

個人事業主_クレジットカード
個人事業主が使い分けるクレジットカードをお探しではありませんか?

こちらの記事では、個人事業主がプライベート用と事業用でクレジットカードを分けるメリットや、使い分ける用のカードを作成する際の注意点を解説しています。

さらに、個人事業主が使い分けるには個人用カードか法人用カードのどちらが適しているかも解説。最後には、使い分けるのにおすすめのクレジットカードも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



    個人事業主がクレジットカードを分けるメリット

    創業期の企業や開業したての個人事業主の場合、経営が安定するまでは予算繰りに困ってしまうケースも多いです。創業用のローンを借りたのであれば、個人事業主にとっての資金繰りはなおさらシビアな問題となるでしょう。

    一般的に、ビジネスにおいては支払いをできる限り先延ばしにした方がキャッシュフローは良くなるとされています。その点、クレジットカードで精算をすれば支払いを1ヶ月後ろに延ばせます。そのため、個人事業主の経費はクレジットカードで支払うのが賢い方法の一つと言えます。

    さらに、個人事業主がプライベート用と事業用でクレジットカードを使い分けることには、様々なメリットが存在しています。まずは個人事業主がクレジットカードを使い分けるメリットから確認しましょう。


    クレジットカードを分けると管理が楽になる

    個人事業主がプライベート用と事業用のクレジットカードを分けるメリットの1つは、管理が楽になることです。

    例えば、手持ちの現金が不足してしまい、プライベートと分けることなくクレジットカードで支払ったとします。

    そうなれば、利用明細にはプライベートな支払いと事業用の支払いとが混在することに。たまにであれば問題ないですが、分けることなく支払う回数が多いと利用明細を確認するのに手間取り、無駄な時間を消費してしまうでしょう。

    こんなとき、プライベート用と事業用でクレジットカードを分けると、経費精算は事業用カードの利用明細に全てまとめて記載されます。そのため、個人事業主が行う経理業務の効率ははるかに向上します。

    税理士へ経理代行を依頼したり、会計ソフトを利用したりする場合であっても、クレジットカードを分けるメリットは変わりません。事業用にクレジットカードを分けると経理処理がわかりやすくなるので、ミスも減らすことができます。


    帳簿への記入作業(仕訳)を効率化できる

    個人事業主がプライベート用と事業用でクレジットカードを分けると、カードで支払った経費は全て事業用カードの利用明細に記載されるとお伝えしました。

    仮に全ての経費を事業用クレジットカードで支払った場合、1枚ずつ領収書をチェックしなくても利用明細だけを確認して帳簿へ記入することができます。
    (もちろん領収書の保管義務はあるので、捨ててはいけません。)

    支払い先や回数が多い個人事業主であれば、領収書の数は膨大な量になります。それらを1枚ずつチェックするのは大変ですし、時間もかかります。しかし、事業用クレジットカードを作って支払いを分けるだけで、個人事業主の帳簿への記入作業は非常に簡略化されるのです。

    このように、個人事業主がクレジットカードを使い分けることには経理上の大きなメリットがあります。ただし、個人事業主がクレジットカードを分けることには、たった一つデメリットがあります。

    では、そのデメリットを次で見ていきます。


    年会費がかかる点だけが使い分けるデメリット

    個人事業主がクレジットカードを使い分ける唯一のデメリットとは、年会費がかかってしまうことです。個人事業主がクレジットカードを使い分けるということは、その分、年会費が必要になるということです。

    仮にプライベート用クレジットカードの年会費が無料、新たに発行する事業用クレジットカードで年会費が1万円かかると、その分出費がかさむことになります。もちろん、年会費は経費計上することが出来るとはいえ、なるべくなら出費は抑えたいもの。

    しかし、このデメリットは年会費無料のクレジットカードを選ぶことで解消できます。それに、場合によっては年会費を支払ってでもスペックの高いクレジットカードを使い分ける方が、個人事業主にとってはお得なこともあります。

    個人事業主が事業用のクレジットカードに年会費以上の価値を見出せる理由、それは次の項目で紹介しているメリットをご確認ください。



    個人用カードも法人用カードもOK

    個人事業主がクレジットカードを使い分ける場合、個人カードでも法人カードでもOKなことをご存知でしょうか?

    これは、企業では決して得られない個人事業主ならではのメリットです。では、実際に個人事業主が事業用に支払いを分ける場合、個人用クレジットカードと法人用クレジットカードのどちらの方が適しているのでしょうか。

    それぞれのメリット・デメリットを見ていきます。


    ポイントを貯めやすいことが個人用カードを使い分けるメリット

    個人事業主が事業用に個人用クレジットカードを使い分けるメリットは、何よりもポイントを貯めやすい点にあります。

    法人用クレジットカードの中にもポイント還元率が高いものはありますが、平均的には個人用クレジットカードの方が還元率は高めです。

    「経費精算でポイントを効率よく貯めたい!」という個人事業主の方は、個人用カードを使い分けるか、還元率の高い法人カードを探すことがお得です。


    個人用クレジットカードならキャッシングもできるが…

    キャッシングができることや、年会費無料のカードも多いことは、個人事業主が個人用カードを使い分けるには嬉しいポイント。また、リボや分割など支払い回数を分けることが可能なクレジットカードが多いことも個人事業主にとってはメリットです。

    ただし、クレジットカード自体にキャッシングの機能が備わっていても、利用規定として「事業目的の利用は不可」となっているケースが多いです。

    そう考えると、個人事業主が個人用カードを事業目的で使い分けることには、それほどメリットがないことを理解できます。


    法人用クレジットカードは利用限度額が大きい

    次に、事業用に法人用クレジットカードを使い、プライベートと分けるメリットをお伝えします。

    個人事業主が法人用クレジットカードを使うメリットは、ズバリ利用限度額が個人用よりも高めに設定されている点です。個人用のクレジットカードだと毎月の利用限度額は100〜200万円程度ですが、法人用だと300〜500万円程度の枠を確保できるケースも多いです。

    これは、経費の支払い金額が多い個人事業主にとってはカードを使い分ける大きなメリットです。


    法人用クレジットカードならではの特典

    個人事業主が使い分ける事業用クレジットカードに法人用のものを選ぶと、個人用にはない充実した特典を利用できます。

    法人用クレジットカードの代表的な特典として、「空港ラウンジサービス」があります。フライト前後の時間を、ゆったりとした空間で優雅に過ごすことができるので、飛行機で国内外を飛び回る個人事業主にはおすすめです。

    こういった特典は個人用カードを使い分ける場合には得られません。付帯サービスに強い魅力を感じる個人事業主の方は、事業用に法人カードを使い分けるのが良いでしょう。


    年会費がかかる点は法人カードを使い分けるデメリット

    一方、個人事業主の経費精算を法人用クレジットカードに分けるデメリットとしては、年会費のかかるカードが多い点が挙げられます。金額はカードの種類によって様々ですが、ハイスペックなクレジットカードだと数万円の年会費がかかることも。

    しかし実は個人事業主にとって、年会費はそれほど重大なデメリットという訳ではありません。なぜなら、年会費が高額になればなるほどクレジットカードのスペックは高くなるからです。

    例えば、ポイント還元率が高めに設定されていたり、付帯サービスが充実していたりなど、十分に年会費を払って使い分けるリターンを期待できるのです。

    さらに、取引先への接待でゴールド券面の法人用クレジットカードをスッと懐から出した時のことを想像してみてください。スマートにカードを使い分ける姿に、取引先は個人事業主であるあなたを一目置いた存在として認めてくれるはずです。

    個人事業主にとって、取引先の信用は最重要ポイント。そこから新たなビジネスへと発展させることができれば、法人カードを使い分ける数万円の年会費は安いものかもしれません。



    クレカ作成時に個人事業主が注意したいポイント

    個人事業主がクレジットカードを使い分ける場合、注意しておかなければならないポイントがあります。

    もし脱サラして個人事業主へ転身しようと考えている場合、ぜひこちらの項目を参考にしてみてください。


    使い分けるカードの審査に通りにくい

    ある程度年収があって信用情報にも問題がないサラリーマンにとって、クレジットカードや各種ローンの審査はそれほど難しくはないかもしれません。しかし、個人事業主にとって使い分けるカードの審査は鬼門です。

    仮に1年目で数千万円という売上があったとしても、ただ「個人事業主だから」という理由で作ると、クレジットカードの審査に落とされてしまう可能性があります。


    個人カードは脱サラ前に作成しておこう

    それでは、個人事業主がクレジットカードを使い分けることを検討している場合はどのように対処すればいいのでしょうか。

    方法の一つとして、現在サラリーマンの方は脱サラして個人事業主になる前に、使い分けるためのクレジットカードを作成することです。副業が盛んになってきた現代では、サラリーマンであっても使い分けるクレジットカードを作成できる場合があります。

    ちなみに、審査に通りやすいクレジットカードは後述しているので、そちらも参考にしてみてください。


    個人事業1年目の方は我慢が必要かも

    「そんなこと言われても、もう個人事業主としてビジネスを始めてるんだけど…」というあなた。もし個人事業主1年目である場合、クレジットカードを使い分けるには少しだけ我慢が必要かもしれません。

    個人事業主がクレジットカードの審査に通りやすくするには、主に2種類の方法しかありません。

    1つ目は2年、3年と着実に個人事業主としての実績を積んでいくことです。確定申告の控えがあれば、クレジットカードの審査には通りやすくなります。

    そして、個人事業主が使い分けるクレジットカードの審査に通りやすくするもう1つの方法はとにかく所得を増やすこと。重要なのは、収入ではなく所得を増やすという点です。

    確定申告の控えを審査書類として提出する際、収入よりも所得をチェックされるケースが多いとされています。

    もしあなたが使い分けるクレジットカードの審査に通りやすくしたいのであれば、無事審査に通るまでは無理に経費を増やすのではなく、ある程度の所得で確定申告をしてみるといいかもしれません。



    使い分けるのにおすすめのクレジットカード3選

    最後に、個人事業主が使い分けるのにおすすめのクレジットカードを紹介します。

    個人用クレジットカードと法人用クレジットカードの両方を紹介していますが、使い分けるにはどちらかといえば法人用の方がおすすめです。


    Orico Card THE POINTは高還元率な個人用カード

    個人事業主が使い分けるのにおすすめの個人用クレジットカードは、「Orico Card THE POINT」です。

    これは、常に1.0%以上という高還元率な個人用クレジットカード。さらに、入会してから6ヶ月間は還元率が2.0%になる特典付きなので、高額な支払いが必要になる創業期で使い分ける個人事業主の方には特におすすめ。

    また、オリコのカードは「オリコモール」というモールサイトを通せば、通販での還元率が跳ね上がります。通販で物品を仕入れる機会の多い個人事業主が使い分けるにも最適な個人用クレジットカードとなっています。


    アメックス・ビジネス・ゴールド・カードはハイスペックな法人カード

    次に紹介する個人事業主におすすめのクレジットカードは、ハイスペックなアメックス・ビジネス・ゴールド・カードです。

    個人事業主が使い分けるのに法人用クレジットカードがおすすめな理由は先述した通り。とにかくスペックの高さを求める個人事業主の方にはダントツでおすすめなのがこのカード。

    法人用クレジットカードの中で、アメックス・ビジネス・ゴールド・カードの還元率の高さはピカイチ。使い分けるカードにポイントの貯めやすさを求める個人事業主の方にもおすすめです。

    アメックスといえばステータスの象徴のような存在ですが、実は個人事業主にも人気の審査に通りやすい法人用クレジットカードなのです。

    年会費は¥31,000(税別)と少し高めですが、それ以上のリターンがあるので使い分けるにはおすすめです。


    オリコEX Gold for Biz Mは年会費が安いコスパ最強カード

    「法人用のクレジットカードを使い分けるのが理想だけど、年会費¥31,000は高いなぁ…」と感じる個人事業主の方が使い分けるカードには、「オリコEX Gold for Biz M」がおすすめ。

    このクレジットカードは年会費¥2,000(税別)とかなり安いのに、ポイント還元率は1.1%と非常に高いです。

    この法人用クレジットカードなら先ほど紹介したオリコモールを利用できるので、通販での仕入れが多い個人事業主が使い分けるにも適しています。もちろん空港ラウンジ無料などの特典が備わっており、コスパのいいゴールド券面クレジットカードです。



    まとめ

    ここまで、個人事業主がプライベートと事業用で法人カードを分ける理由や、分けるときに個人用と法人用どちらのクレジットカードが良いのか、お伝えしてきました。

    ビジネス専用のクレジットカードを作る最大のメリットは、何といっても経費精算業務の効率化です。これまで割いてきた経費精算の時間を削減し、本来の事業に専念することでよりビジネスを加速させることが出来るはずです。

    審査の点で言えば、先ほどご紹介したカードは比較的審査に通りやすいと言われているため、既に個人事業主として独立されている方や、これから独立をする予定があればぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。