個人事業主がクレジットカードを使い分けるメリットと、おすすめのビジネスカード

個人事業主がクレジットカードを使い分けるメリットとおすすめカードを紹介
個人事業主が個人のカードとビジネス用のカードを使い分けることには、様々なメリットがあります。例えば経理業務の効率化になるほか、多彩なビジネス特典を使える点などです。この記事では、個人事業主がクレジットカードを使い分けるメリットを徹底的に解説しているので、ぜひ参考にしてください。

さらに、クレジットカードを使い分けないとどのようなデメリットが生じるのか解説しているほか、法人カードの作り方についても解説。記事の後半では、個人事業主が使い分けるのにおすすめのクレジットカードも紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。




    必ずチェックしておきたい個人事業主がクレジットカードを分けるメリット

    個人事業主がクレジットカードを分けるメリット

    個人事業主がプライベートと業務でクレジットカードを分けるメリットは、次のとおりです。

    • 経理業務を効率化できる
    • 対応している会計ソフトに自動仕訳できる
    • 屋号付き口座からクレジットカードの引き落としができる
    • キャッシュフローを改善できる
    • 個人カードより高額な限度額を獲得できる可能性がある
    • ビジネス関連特典を使える
    • 事業用に分けるクレジットカードの年会費は経費になる

    個人事業主がクレジットカードを使い分けるそれぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。


    経理業務を効率化できる

    個人事業主がプライベートと経費でクレジットカードを使い分ける最大のメリットは、経理業務を効率化できる点です。経費の支払いを事業用のクレジットカードに分けると、利用明細にプライベートの支払いが混在しないため、非常に確認しやすくなります。

    クレジットカードの利用明細は、インターネットの会員サイトからPDFやCSVでダウンロードできる場合が多いです。ダウンロードした利用明細をもとに経費の仕訳をすれば、スムーズに作業が進み、より短時間で経理業務が完了するでしょう。


    対応している会計ソフトにデータ連携できる

    経理業務を効率化するために、会計ソフトを利用中の個人事業主の方も多いでしょう。個人事業主がクレジットカードを使い分けると、会計ソフトにデータ連携できるメリットがあります。

    会計ソフトとデータ連携をすれば、事前に設定したルールに従って自動仕訳をすることも可能。経理業務にかける時間が短くなれば、本業に集中できる時間が増えるため、収入アップにつながるかもしれません。

    ただし注意点として、会計ソフトによってデータ連携に対応しているクレジットカードは違う点が挙げられます。すでに会計ソフトを利用中の個人事業主の方は、事前に対応しているカードを確認してから、業務用に分けるクレジットカードを選びましょう。


    屋号付き口座からクレジットカードの引き落としができる

    個人事業主がクレジットカードを分けるメリットの1つが、カード利用代金の引き落とし口座に、屋号付き口座も選択できる点です。経費支払いに使用するクレジットカードの代金が、屋号付き口座から引き落とされれば、資金管理も経理業務も簡単になります。

    ただし引き落とし口座に屋号付き口座を指定するには、業務用に分けるクレジットカードとして、ビジネスカードを選ぶ必要があります。個人用のクレジットカードでは屋号付き口座は原則指定できないため、必ずビジネス専用のカードを選びましょう。


    キャッシュフロー改善や資金繰りに役立つ

    プライベートと業務用のクレジットカードを分けると、キャッシュフローの改善にも役立ちます。クレジットカードで後払いをすればキャッシュフロー改善に役立つのはもちろん、個人事業主向けのビジネスカードには、事業費に使えるキャッシングサービスが付帯しているケースもあります。

    個人用のクレジットカードにもキャッシング機能はありますが、利用規約に「事業費への使用は禁止」といったルールが定められている場合もあります。業務用のクレジットカードに分けると、カードに付帯するキャッシングサービスも利用でき、急な資金需要にも応えてくれるでしょう。

    また一部のビジネスカードには、事業費に使えるカードローンの金利優遇サービスが付いているものもあります。個人事業主は銀行からの融資を受けにくい側面もありますが、事業費用のクレジットカードを使い分けることで、資金繰りに役立つことは覚えておくとよいでしょう。


    ビジネス関連特典を使える

    個人事業主がクレジットカードを分けるメリットの1つに、カードに付帯しているビジネス関連特典を使える点があります。事業費決済専用のクレジットカードには、個人事業主が利用するビジネスサービスに関する、様々な特典や優待が付帯しています。

    ビジネス関連特典の例を紹介すると、次のようなものがあります。

    • 会計ソフトの割引優待
    • コワーキングスペースの割引優待
    • クラウドソーシングサイトの割引優待
    • ビジネス用品通販サイトの割引優待
    • 補助金や助成金の検索サービス
    • 税理士や弁護士などの紹介サービス

    このように、クレジットカードを使い分けることで、個人事業主の業務拡大に役立つ様々なサービスを、お得に利用できるようになります。クレジットカードを分けることには、業務効率化以外にもメリットがあるのです。


    個人カードより高額な限度額を獲得できる可能性がある

    個人事業主の中には、「プライベートの出費と経費の支払いでクレジットカードの限度額が足りない」と感じる人もいるでしょう。そんな個人事業主の方は、事業用のクレジットカードを分けることで、悩みを解決できる可能性があります。

    なぜならビジネスカードは、高額な経費の支払いにも決済できるよう、個人用のクレジットカードより高額な限度額が用意されているケースも多いためです。また事業用のクレジットカードを分けると、そのカードの限度額はフルに経費支払いに使えるので、より使いやすくなるでしょう。

    ただし一部のビジネスカードは、個人用のクレジットカードと限度額が共有される点にのみ注意が必要です。この注意点について詳しくは、事業用のクレジットカードを分ける際は限度額に注意の項目で解説しています。


    事業用に分けるクレジットカードの年会費は経費になる

    個人事業主が事業用に分けるクレジットカードを作った場合、そのカードにかかる年会費は全額を経費に計上可能です。例えばステータスの高いプラチナカードを作った場合、年会費の相場は5万円程度であり、その金額を丸ごと経費に計上できます。

    年会費を全額経費にできるからこそ、事業用に分けるクレジットカードなら、ほしくても諦めていたプラチナカードも入手しやすくなるでしょう。「プラチナカードを使いたいけど、年会費が少し気になる…」と感じている個人事業主の方なら、ぜひ事業用に分けるクレジットカードで使ってみてください。



    個人用クレカと分けない場合はどのようなデメリットがある?必要性は?

    個人用クレカと分けない場合に生じるデメリット

    「事業用のクレジットカードを分けない個人事業主の意見も聞いてみたい」と感じる方もいますよね。

    こちらでは、事業用のクレジットカードを分けないことでどのようなデメリットが生じるのか、解説します。そのデメリットを踏まえてもなお、「事業費用のクレジットカードは分けない方がいい」と感じる個人事業主の方であれば、無理にビジネスカードを発行する必要はないかもしれません。


    利用明細にプライベートの支払いが混在して確認しづらい

    個人事業主が事業費用のクレジットカードを分けない最大のデメリットは、利用明細にプライベートと経費の支払いが混在する点です。クレジットカードを使う機会が多い人ほど、利用明細に表示される項目も増えるため、経費とプライベートの支払いを判断する作業が煩雑になります。

    もしフリーランスのエンジニアなど、仕入れ機会がなく経費支払いがほとんどない個人事業主の方であれば、このデメリットはそれほど気にならないかもしれません。このデメリットがそれほど気にならない場合、無理に事業費用のクレジットカードを分ける必要はないでしょう。


    会計ソフトのデータ連携機能が使えない

    会計ソフトを導入している個人事業主の場合、経費支払いを別のクレジットカードに分けないと、データ連携機能を使えないデメリットがあります。会計ソフトの機能としては利用できても、プライベートの支払いが帳簿に反映される恐れがあるため、あまり効率的な方法ではありません。

    会計ソフトを使っている個人事業主の方であれば、事業費に使用するクレジットカードは分ける方がメリットが大きいでしょう。反対に、会計ソフトを使っていない個人事業主の場合、このデメリットは関係ないので、無理にカードを分ける必要はないかもしれません。


    「事業主借」を使った仕訳が必要となる

    個人事業主が事業用のクレジットカードを分けないデメリットの1つに、「事業主借」を使った仕訳が必要となる点があります。事業主借とは、事業用資金を個人事業主のプライベートなお金から借りた場合の仕訳方法です。

    個人事業主の個人用のクレジットカードで、事業費を支払った場合、その費用はプライベートなお金から借りているとみなされます。採用している仕訳方法によっても変わりますが、事業主借の勘定科目をできるだけ使いたくない個人事業主であれば、事業費の支払いは専用のクレジットカードに分けるべきでしょう。



    個人事業主がクレジットカードを分ける場合、ポイントはどうなる?

    使い分ける事業用クレジットカードのポイントの取り扱い

    個人事業主がプライベートと経費の支払いでクレジットカードを分ける場合、ポイントの取り扱いがどうなるのか、疑問に感じる人も多いでしょう。こちらでは、個人事業主が事業用のクレジットカードを分ける場合の、ポイントの取り扱いについて解説していきます。


    一部のビジネスカードは個人カードとポイントが合算される

    事業費の支払いを別のクレジットカードに分ける場合、多くの個人事業主の方はビジネスカードを選ぶことになるでしょう。ビジネスカードの多くは個人カードと同様にポイントプログラムが用意されていて、クレジットカードの支払い金額に応じてポイントが貯まります。

    ビジネスカードのポイントについて覚えておきたい、重要な点があります。それは、一部のビジネスカードは、ポイントが個人用のクレジットカードと合算される点です。

    例えば「楽天ビジネスカード」という事業費用のクレジットカードは、貯まるポイントが個人用のものと自動的に合算される仕組みとなっています。ビジネスカードのポイントを個人用のものと分けたい人の場合、自動的に合算されるのはデメリットとなるでしょう。

    ただしポイント合算が自動ではなく、手動のビジネスカードも存在します。例えば「JCB CARD Biz」は、個人用のクレジットカードとのポイント合算が可能なものの、商品交換時に手動で合算して申し込む形となります。

    つまり自動合算ではないため、ビジネスカードのポイントを分ける処理をしたい個人事業主でも、使いやすくなっています。個人事業主が事業用のクレジットカードを分ける場合は、ポイントの貯まり方にも注意して選びましょう。


    事業用に分けるクレジットカードのポイントの仕訳方法

    個人事業主が事業用に分けるクレジットカードで獲得したポイントの、明確な仕訳方法は定められていません。ポイントの使用を次のどちらと捉えるかにより、仕訳方法が異なります。

    • ポイントを値引きと捉える
    • ポイントを収入と捉える

    ポイントを値引きと捉える場合、値引き後の金額を仕訳するだけで問題ありません。例えば1,000円の商品に対して200円分のポイント値引きを受けた場合、800円を経費計上して記帳します。

    一方、ポイントを収入と捉える場合、「雑収入」の勘定科目で仕訳をおこないます。仕訳をするタイミングは「ポイントを使用したとき」であり、獲得したときではないため注意しましょう。



    事業用のクレジットカードを分ける際は限度額に注意

    ビジネスカード作成時は限度額に注意

    個人事業主が事業用のクレジットカードを分ける場合、新たに発行するビジネスカードのショッピング限度額(利用可能枠)に注意する必要があります。一部のビジネスカードでは、個人用のクレジットカードと限度額が共有される場合があるためです。

    例えば先に紹介した「楽天ビジネスカード」は、個人用のクレジットカードである「楽天プレミアムカード」と限度額が共有されます。仮に限度額が200万円の場合、楽天プレミアムカードで50万円を決済すると、楽天ビジネスカードは150万円までしか使えない計算です。



    ビジネスカードの作り方を解説!屋号付き口座があれば便利

    個人事業主向けビジネスカードの作り方を解説

    こちらでは、個人事業主が事業用に分けるクレジットカードの作り方や、覚えておきたいポイントを解説します。

    なお事業用に分けるクレジットカードを作る際は、あらかじめ屋号付き口座を作成しておくのがおすすめです。せっかく事業用のクレジットカードを分けるのであれば、引き落とし先の口座も分ける方が、より経理業務の効率化になるでしょう。


    個人事業主でも“法人用”クレジットカードを作れる

    個人事業主が事業用に分けるクレジットカードを作る際、“法人用”とされているクレカであっても、問題なく作れるケースが多いです。法人用と記載があっても、個人事業主も発行対象とされているビジネスカードは多く、「自分は個人事業主だから」と諦める必要はありません。

    ただし、ごく一部のみ法人専用のクレジットカードも存在します。そういったカードには、発行対象の項目に法人専用の旨が記載されています。事業用に分けるクレジットカードとして気になるものがみつかったら、まずは発行対象を確認してみるのがおすすめです。


    事業用に分けるクレジットカードを作る際の必要書類

    個人事業主が事業用に分けるクレジットカードを作る際は、基本的に本人確認書類のみで申し込みができます。法人の場合は登記簿謄本などが必要になる場合もありますが、個人事業主の場合は開業届などを提出することはありません。

    ただしキャッシング枠を申し込んだ場合などは、カード会社から確定申告書など収入証明書の提出を求められることがあります。


    申し込みからカード発行の流れ

    個人事業主が事業用に分けるクレジットカードを発行する一般的な流れは、次のとおりです。

    1. WEB申し込み
    2. オンラインで引き落とし口座を設定
    3. 入会審査
    4. 郵送でカードを受け取り

    このように、事業用に分けるクレジットカードであっても、個人カードと同様にオンラインで手続きが完結するパターンが多いです。早ければ2〜3営業日でカードが発行され、1週間程度でクレジットカードが手元に到着するものもあります。



    経費決済用におすすめのビジネス向けクレカ

    個人事業主が使い分けるのにおすすめのクレジットカード

    こちらでは、個人事業主が事業用に分けるのにおすすめのクレジットカードを紹介します。使い分ける際のおすすめポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてください。


    アメックスビジネスゴールド

    アメックスビジネスゴールド


    個人事業主が仕事用にクレジットカードを使い分けるのであれば、アメックスビジネスゴールドがおすすめです。世界的にステータスの高いアメリカン・エキスプレスのプロパーゴールドカードであり、法人代表者はもちろん個人事業主でも入手できます。

    アメックスビジネスゴールドの特徴は、豪華なトラベル特典にあります。空港ラウンジサービスは同伴者も1名まで無料で利用でき、他にも空港で使える付帯サービスが多彩です。

    またアメックスビジネスゴールドには、対象レストランのコース料理を2名以上で利用すると1名分が無料になる、VIPなグルメ特典も付帯しています。一般的にはプラチナランクのクレジットカードに付帯しているランクの特典のため、コストパフォーマンスにも優れています。

    またアメックスビジネスゴールドは、希望すれば個人用のクレジットカードとポイント合算できる点も特徴です。アメリカン・エキスプレスのクレジットカードをプライベートで使用している個人事業主の方なら、ポイント合算の選択肢があるのは嬉しいですね。カード詳細は、下記リンク先でご確認ください。

    アメックスビジネスゴールドの特典や口コミ情報 »


    セゾンプラチナビジネスアメックス

    セゾンプラチナビジネスアメックス


    セゾンプラチナビジネスアメックスは、22,000円(税込)という格安の年会費で発行できる法人向けプラチナクレジットカードです。通常時の年会費もプラチナカードとしては安いのに、クレジットカードで年間200万円以上を決済すると、翌年度の年会費が半額の11,000円(税込)に優遇される特典もあります。

    年会費が安いからといって、一般的なクレジットカードに特典内容が大幅に劣る心配はありません。世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスや、旅行・出張の手配を電話一本で任せられるコンシェルジュサービスなど、豪華な特典が豊富です。

    またセゾンプラチナビジネスアメックスの特徴は、年会費無料でSAISON MILE CLUBに登録すると、1.125%の還元率でJALマイルが貯まる点です。経費決済用のクレジットカードでJALマイルを貯めたい個人事業主の人なら、セゾンプラチナビジネスアメックスを選んで間違いはないでしょう。次のボタンから、クレジットカードの詳細をチェックできます。

    セゾンプラチナビジネスアメックスの特典や口コミ情報 »


    三井住友カード ビジネスオーナーズ

    三井住友カード ビジネスオーナーズ


    三井住友カード ビジネスオーナーズは、銀行系クレジットカードとして有名な三井住友カードが発行する法人カードです。年会費が永年無料のため、カード発行に費用をかけたくない個人事業主の方にも適しています。

    また、三井住友カードの個人用クレジットカードをお持ちの個人事業主の方には非常におすすめ。なぜなら、三井住友カード ビジネスオーナーズと対象の個人カードを2枚持ちすると、対象サービスの利用時のポイント還元率が最大1.5%にアップするためです。

    また三井住友カード ビジネスオーナーズと個人用のクレジットカードは、ポイントを合算して蓄積可能です。経費決済用のクレジットカードのポイントも合算し、より豪華な商品と交換したい個人事業主の方にもおすすめの1枚となっています。このカードについて詳しく知りたい個人事業主の方は、下記ボタンのリンク先でご確認ください。

    三井住友カード ビジネスオーナーズの特典や口コミ情報 »


    NTTファイナンスBizカード

    NTTファイナンスBizカード


    NTTファイナンスBizカードは、年会費無料でポイント還元率が高い、個人事業主におすすめのクレジットカードです。ポイント還元率は1.0%と業界最高水準であり、使い分けるクレジットカードの還元率を重視する個人事業主の方には非常におすすめです。

    またNTTファイナンスBizカードは、年会費無料でありながら海外旅行保険と国内旅行保険がダブル付帯している特徴があります。どちらも補償金額は最高2,000万円であり、特に海外旅行保険は自動付帯のため、クレジットカードを持っているだけで補償を受けられます。

    引き落とし先の銀行口座には、もちろん屋号付き口座を登録可能です。個人事業主が仕事用に使い分けるクレジットカードとして、気軽に使用できるおすすめの1枚となっています。カードの詳細は、下記リンク先でご確認いただけます。

    NTTファイナンスBizカードの特典や口コミ情報 »


    楽天ビジネスカード

    楽天ビジネスカード


    楽天ビジネスカードは、知名度の高い楽天カードが発行する経費決済用のクレジットカードです。個人向けの「楽天プレミアムカード」の会員が、付帯カードとして発行できるクレジットカードです。

    引き落とし口座には屋号付き口座を指定でき、業務効率化のために使い分けるにも最適。楽天市場で使用するとポイント還元率が最大5倍になるため、ネットショッピングで備品を購入する機会が多い個人事業主の方にもおすすめです。

    また楽天ビジネスカードを発行すると、事業用のETCカードも作成可能。事業用に使い分けるETCカードを発行したい個人事業主の方にもご活用いただけます。楽天ビジネスカードの詳細をチェックしたい人は、下記ボタンのリンク先でご確認ください。

    楽天ビジネスカードの特典や口コミ情報 »



    まとめ:クレカを使い分けてビジネスを加速

    この記事では、個人事業主がクレジットカードを使い分けるメリットや、反対に使い分けないデメリットなどを解説しました。

    クレジットカードを使い分けることには、個人事業主の屋号付き口座を引き落とし口座に設定できたり、会計ソフトと連動して利用明細をデータ連携できたり、様々なメリットがあります。ぜひこの記事で紹介したおすすめカードを参考にして、使い分けるクレジットカードを選んでみてくださいね。

    なお、個人事業主におすすめのクレジットカードは、次のページでもご覧いただけます。

    個人事業主におすすめのクレジットカードはこちら »