年会費無料のおすすめ法人カード | 法人カード比較ナビ

年会費が無料の法人クレジットカード特集

年会費無料の法人カード特集
年会費無料の法人カードをお探しではありませんか。年会費が無料の法人カードは、全くコストをかけずにクレジットカード決済ができる魅力的な選択肢です。さらに、年会費無料のクレジットカードは、高額なカードより審査ハードルが低いメリットもあります。

この記事では、年会費無料のおすすめ法人カードを多数紹介しています。また、年会費無料の法人カードを選ぶ際に覚えておきたい注意点も解説しています。

最後までお読みいただければ、きっとご自身に最適な法人カードが見つけられるでしょう。





    年会費無料の法人カードの注意点

    Attention

    年会費無料の法人カードをお探しの際は、いくつかの注意点があります。後から「失敗した…」と感じないためにも、まずは年会費無料の法人カードの注意点を確認しましょう。


    年会費の「初年度無料」と「永年無料」を混同しない

    インターネット上では様々な法人カードが紹介されていますが、年会費の「初年度無料」と「永年無料」を混同しないことが重要です。年会費の初年度無料と永年無料の意味の違いを解説すると、下記のとおりです。

    年会費の「初年度無料」と「永年無料」
    • 初年度無料…カードを発行した1年目の年会費が無料。2年目以降は通常の年会費が発生する。
    • 永年無料…1年目はもちろん、2年目以降もずっと年会費が無料
    年会費無料の法人カードをお探しなら、「初年度無料」に惑わされることなく、「永年無料」のクレジットカードを選びましょう。


    ポイントが付かない年会費無料カードもある

    年会費無料の法人カードを選ぶ時に気をつけたいのは、ポイントが全く付かないクレジットカードも存在する点です。

    決済額によっては有料の法人カードを利用してポイント還元を受ける方がお得になる場合も多いです。そのため、年会費無料の法人カードを選ぶ際はポイントの有無を必ず確認しましょう。


    ETCカードや紙の利用明細は有料の場合あり

    法人カード自体の年会費が無料であっても、ETCカードの年会費は有料である場合があります。お車で移動する機会の多い経営者様や個人事業主の方であれば、ETCカードの年会費も必ずチェックするようにしましょう。

    また年会費無料の法人カードには、紙の利用明細を発行する場合は有料のものも存在します。こちらはWEB明細を選択すれば料金はかかりませんが、どうしても紙の明細が必要な場合には注意しましょう。


    「自動リボ払いで年会費無料」は正しく利用しよう

    法人カードによっては、「自動リボ払いを選択すると年会費無料」という優遇制度が用意されているものがあります。年会費が無料になるのは嬉しいですが、リボ払いには所定の利率で利子が発生するため、結果的に多くのコストがかかる可能性があります。

    こういった自動リボ払いで年会費が無料になる法人カードは、リボ払いの仕組みをきちんと理解した上で利用するようにしましょう。


    追加カードに国際ブランドが付かない場合がある

    ホームセンターなどで発行されている法人カードやビジネスカードには、年会費無料のクレカも多いです。ただし注意したいのは、ホームセンター系ビジネスカードの多くは、従業員用の追加カードに国際ブランドが付帯しない点です。

    国際ブランドとは、世界各国でクレジットカードの支払いができる加盟店ネットワークを形成するブランドのこと。VISAやMastercard、JCBなどが有名です。国際ブランドが付いていないクレジットカードは、使える店がごく限られてしまうデメリットがあります。

    ホームセンター系のビジネスカードの追加カードは、そのホームセンターの系列店でしか使えない場合が多いです。ホームセンターで年会費無料の法人カードを発行する場合は、この点に気をつけましょう。



    永年無料の法人カード4選

    無料

    こちらでは、年会費が永年無料の法人カードを紹介します。今回紹介するのは、下記の法人カード。いずれも永年無料、すなわち年会費がずっと無料で使える法人カードですので、安心してお選びいただけます。

    年会費が永年無料の法人カード
    • NTTファイナンスBizカード
    • ライフカードビジネスライト スタンダード
    • freee Mastercard
    • カーマ・ビジネスカード

    なお年会費無料の法人カードにはそれぞれ一長一短の特徴がありますので、それぞれのメリット・デメリットも解説しながら比較してまいります。


    NTTファイナンスBizカード


    券面NTTファイナンスBizカード
    年会費永年無料
    追加カード年会費永年無料
    追加カード発行枚数9枚まで
    ETCカード年会費550円
    ETCカード発行枚数※記載なし
    限度額40万円/60万円/80万円
    支払い方法【法人】一括払いのみ
    【個人事業主】一括払い/分割払い/リボ払い/ボーナス一括払い
    ポイント還元率1.0%


    NTTファイナンスBizカードは、年会費無料なのに高性能な最強の法人カード。この法人カードのメリット・デメリットは、下記のとおりです。


    メリットデメリット
    • ポイント還元率が1.0%と高水準
    • キャッシュバックなどポイントの使い道が豊富
    • 追加カードの年会費も無料
    • 最高2,000万円の海外旅行保険と国内旅行保険
    • 年間100万円までのショッピング保険
    • ETCカードは550円(税込)/枚の年会費がかかる
    • 紙の利用明細の発行は110円(税込)/通の手数料がかかる
    • 利用限度額が最高80万円と少なめ


    NTTファイナンスBizカード最大の特徴は、年会費無料なのにポイント還元率が1.0%と高水準な点です。有料の法人カードでもポイント還元率は0.5%程度が一般的なため、年会費無料でこのポイント還元率が実現されているのは驚異です。

    また、年会費が無料なのに最高2,000万円の海外旅行保険と国内旅行保険、そして年間100万円までのショッピング保険が搭載されている点もこの法人カードのおすすめポイントです。


    詳細は
    こちら »
    公式サイトは
    こちら »




    freee Mastercard


    券面freee Mastercard
    年会費永年無料
    追加カード年会費永年無料
    追加カード発行枚数3枚まで
    ETCカード年会費永年無料
    ETCカード発行枚数1枚のみ
    限度額10万円〜300万円
    支払い方法一括払い/分割払い/リボ払い
    ポイント還元率※ポイントプログラムなし


    freee Mastercardは、クラウド会計ソフトで有名なfreeeがライフカードと提携して発行する年会費無料の法人カードです。発行会社がライフカードのため、信頼性も高い法人カードとなっています。

    そんなfreee Mastercardの特徴は、下記のとおりです。


    メリットデメリット
    • ETCカードも年会費無料
    • 最短4営業日のスピード発行(WEB申し込み)
    • 最高300万円とワイドな利用限度額
    • 利用限度額は300万円以上も相談可能
    • freeeカード限定のビジネス特典を多数用意
    • ポイントが付かない


    このようにfreee Mastercardは、ETCカードが無料であることに加え、最高300万円とゴールドカード並みの利用限度額が用意されている点も特徴です。さらに、利用限度額は相談も可能であり、より多くの限度額が確保できる可能性もあります。

    WEB申し込みなら最短4営業日でスピード発行されるほか、freeeカード限定のビジネス特典も多数搭載されている高スペックな法人カード。ポイントが付かない点が唯一のデメリットですが、年会費無料でこれだけ高スペックなら十分に検討価値はあるでしょう。


    詳細は
    こちら »
    公式サイトは
    こちら »




    ライフカードビジネスライト スタンダード


    券面ライフカードビジネスライト スタンダード
    年会費永年無料
    追加カード年会費永年無料
    追加カード発行枚数3枚まで
    ETCカード年会費永年無料
    ETCカード発行枚数1枚のみ
    限度額10万円〜200万円
    支払い方法一括払い/分割払い/リボ払い
    ポイント還元率※ポイントプログラムなし


    ライフカードビジネスライト スタンダードは、クレジットカードの老舗として有名なライフカードが発行する年会費無料の法人カードです。この法人カードの特徴は、下記のとおりです。


    メリットデメリット
    • ETCカードも年会費無料
    • 最短4営業日のスピード発行(WEB申し込み)
    • 最高200万円とワイドな利用限度額
    • ポイントが付かない


    ライフカードビジネスライト スタンダードのメリットは、ETCカードも年会費無料である点や、ショッピング利用可能枠が最高200万円とワイドである点です。またWEBで申し込みが完結し、最短4営業日でスピーディーに発行できる手軽さも魅力。

    ただしライフカードビジネスライト スタンダードは、ポイントプログラムが用意されていない点がデメリット。どんなに高額な支払いをしてもポイントが付かない点は、注意しておく必要があります。


    詳細は
    こちら »
    公式サイトは
    こちら »




    カーマ・ビジネスカード


    券面カーマ・ビジネスカード
    年会費永年無料
    追加カード年会費永年無料
    追加カード発行枚数10枚まで
    ETCカード年会費無料
    ※新規発行/更新時手数料:1,100円(税込)
    ETCカード発行枚数カード1枚に対して1枚のみ
    限度額〜300万円
    支払い方法一括払い/分割払い/リボ払い/あとリボ
    ポイント還元率0.6%


    カーマ・ビジネスカードは、ホームセンターのDCMカーマをよく利用する経営者様におすすめの法人カード。DCMカーマとカード会社のポケットカードが提携して発行される年会費無料の法人カードとなっています。

    そんなカーマ・ビジネスカードの特徴は、下記のとおりです。


    メリットデメリット
    • 従業員カードを年会費無料で10枚まで発行可能
    • 最長3ヶ月と長めの支払いサイト
    • 最高300万円のワイドな利用限度額
    • ETCカードは発行と更新時に1,100円(税込)の手数料がかかる
    • 従業員カードが使えるのはDCMカーマ等の対象店舗のみ


    カーマ・ビジネスカードの最大の特徴は、支払いサイトが最長3ヶ月と他社よりも長めに設定されている(一括払い限定)点です。支払日は翌々々月の1日に設定されており、キャッシュフローの改善が期待できます。

    またカーマ・ビジネスカードでは従業員カードを10枚まで発行できます。ただし従業員カードが使える店舗は「DCMカーマ、DCMカーマ21、カーマプロ、ホダカ」のみとなっている点のみ注意しましょう。





    前年の利用実績に応じて年会費0円になるカード

    クレジットカード決済

    法人カードの中には、年間のカード利用回数や利用金額により、翌年の年会費が無料に優遇されるものが存在しています。しかも、年会費が無料になる条件は意外と簡単に設定されています。

    こちらでは、そういった優遇制度で年会費が無料になる法人カードを紹介します。


    P-one Business Mastercard


    券面P-one Business Mastercard
    年会費初年度無料
    2年目以降:2,200円(税込)
    ※年1回以上の利用で翌年度無料
    追加カード年会費永年無料
    追加カード発行枚数5枚まで
    ETCカード年会費無料
    ※新規発行/更新時手数料:1,100円(税込)
    ETCカード発行枚数カード1枚に対して1枚のみ
    限度額〜300万円
    支払い方法一括払い/分割払い/リボ払い/あとリボ
    ポイント還元率0.6%


    P-one Business Mastercardは、1年間に1回でもカードでの支払いを行うと、翌年の年会費が無料になる法人カードです。入会初年度も無料なので、普通に決済をすれば実質的には年会費無料で使用できます。なお1年間に1度もカードを決済しない場合は、2,200円(税込)の年会費が必要です。

    P-one Business Mastercardでは、国際ブランドのマスターカードが提供する付帯サービス「Mastercard T&E Savings」が使えます。T&E Savingsには多数の特典があり、中でも「ダイニング by 招待日和」と呼ばれる特典がおすすめです。

    ダイニング by 招待日和は、一流レストランのコース料理を2名以上で利用すると、1名分のコース代金が無料になるVIPサービス。一般的には年会費が数万円はするプラチナカードに搭載されているようなラグジュアリー特典なので、年会費が実質無料のこの法人カードで利用できるのは驚きです。


    詳細は
    こちら »
    公式サイトは
    こちら »




    freee VISAカード


    券面freee VISAカード
    年会費初年度無料
    2年目以降:1,375円(税込)
    ※年50万円(税込)以上の利用で翌年度無料
    追加カード年会費440円(税込)
    追加カード発行枚数20枚まで
    ETCカード年会費550円(税込)
    ※年1回以上の利用で翌年度無料
    ETCカード発行枚数カード1枚に対して1枚のみ
    限度額50万円〜150万円
    支払い方法一括払い/分割払い/リボ払い/ボーナス一括払い
    ポイント還元率※ポイントプログラムなし


    freee VISAカードは、前年度に税込で50万円以上のカード決済をすれば、翌年度の年会費が無料になる法人カードです。年間50万円ということは、毎月4万2,000円の支払いをすればカードの年会費が無料になる計算です。

    freee VISAカードの特徴は、追加カードを最大20枚まで発行できる点にあります。「多くの従業員カードを発行したいけど、できれば年会費無料だと嬉しい」と感じる経営者様にはぴったりの法人カードです。


    詳細は
    こちら »
    公式サイトは
    こちら »





    元を取りやすい有料のビジネスカード

    笑顔のビジネスマン

    年会費無料の法人カードには、「ETCカードは年会費がかかる場合がある」「ポイントが付かない場合がある」などのデメリットがありました。そういった点を踏まえると、年会費が有料の法人カードを使う方がお得になる可能性もあります。

    年会費無料の法人カードの代替案として有料カードを検討する場合、「年会費の元を取れるか」が非常に重要です。こちらでは、有料法人カードの中でも年会費の元を取りやすいカードを紹介します。


    JCB法人カード


    券面JCB法人カード
    年会費1,375円(税込)
    追加カード年会費1,375円(税込)
    追加カード発行枚数無制限
    ETCカード年会費永年無料
    ETCカード発行枚数無制限
    限度額10万円〜100万円
    支払い方法一括払い/2回払い
    ポイント還元率0.3%〜0.75%


    「ETCカードを複数枚発行したい」という経営者様におすすめなのがJCB法人カードです。JCB法人カード自体の年会費は1,375円(税込)ですが、ETCカードは年会費無料で何枚でも発行できる特徴があります。

    年会費無料の法人カードにはETCカードが有料のものもあるので、何枚か発行するならJCB法人カードの方がコストが安くなる可能性が高いです。


    詳細は
    こちら »
    公式サイトは
    こちら »




    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード


    券面セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    年会費22,000円税込
    ※年200万円(税込)以上の利用で翌年度11,000円(税込)
    追加カード年会費3,300円
    追加カード発行枚数4枚まで
    ETCカード年会費永年無料
    ETCカード発行枚数カード1枚に対して5枚まで
    限度額※記載なし
    支払い方法一括払い/ボーナス一括払い/あとリボ
    ポイント還元率0.45%〜1.0%


    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年間100万円以上を決済すると年会費の元が取れる法人カードです。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード自体の年会費は22,000円(税込)と高額ですが、JALマイルを駆使すると年会費の元が簡単に取れます。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは、1.125%という脅威の還元率でJALマイルが貯まります。年間100万円を決済すると、11,250JALマイルが貯まる計算です。

    一般的に1JALマイルにはおよそ2円の価値があるとされており、11,250マイルには22,500円相当の価値があることになります。これこそが、年間100万円を決済すれば年会費の元を取れる仕組みです。

    ただしJALマイルは使用方法によって変わるため、どのように使うのかが重要です。おすすめの使用方法はJALの特典航空券最低12,000マイルが貯まれば往復分の航空券と交換でき、飛行機代を一切払わずに旅行へ出かけられます。

    年間100万円以上を支払う予定がある経営者様なら、年会費無料の法人カードよりもセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを検討してはいかがでしょうか。


    詳細は
    こちら »
    公式サイトは
    こちら »




    三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)


    券面三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)
    年会費1,375円(税込)
    ※WEB明細の利用で825円(税込)
    追加カード年会費440円
    追加カード発行枚数無制限
    ETCカード年会費550円(税込)
    ※年1回以上の利用で翌年度無料
    ETCカード発行枚数カード1枚に対して1枚
    限度額〜150万円
    支払い方法一括払い/分割払い/リボ払い/ボーナス一括払い
    ポイント還元率0.5%


    三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)は、WEB明細を利用する経営者様におすすめの法人カードです。通常の年会費は1,375円(税込)ですが、WEB明細を利用するだけで825円(税込)とかなり安い水準まで割引される特典があります。

    三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)のポイント還元率は0.5%なので、年会費の825円(税込)は年間16万5,000円をカードで決済するだけでペイできます。三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)は銀行系カードであるため、今回紹介した年会費無料カードよりもステータスが高い特徴があります。


    詳細は
    こちら »
    公式サイトは
    こちら »




    【2021年7月最新】
    特別キャンペーン中!

    三井住友ビジネスカード for Owners キャンペーン
    今だけ限定、「三井住友ビジネスカードfor Owners」への新規入会で、最大30,000円相当のVポイントがもらえるキャンペーンを実施中!入会月の2ヶ月後末までのカード利用代金の10%(最大30,000円相当)のVポイントが特別ボーナスでもらえます。
    入会特典
    • プラチナ:最大30,000円相当
    • ゴールド:最大23,000円相当
    • クラシック:最大20,000円相当
    Vポイントは1ポイント=1円の価値でキャッシュバックに利用できるほか、ポイント移行やマイル移行も可能!ぜひこの機会に下記ボタンからお申し込みください。

    お申し込みはこちら »




    まとめ:カードの機能と特典をフル活用しよう

    この記事では、年会費が無料のおすすめ法人カードを多数紹介しました。年会費が無料の法人カードは、年会費が高額なクレジットカードと比べて審査ハードルが低い傾向にあるため、気になったカードはお気軽に申し込んでみてくださいね。

    また、法人カードによっては期間限定の新規入会キャンペーンを実施している場合も多いです。お得なキャンペーンを利用すれば数万円分のボーナスポイントがもらえるケースもあります。まずは法人カードの公式サイトをチェックしてキャンペーン情報を確認してはいかがでしょうか。

    最後に、記事内で紹介したおすすめの法人カードをおさらいしましょう。
    利用条件を満たせば無料の法人カード

    なお当サイトでは、50種類以上の法人カードを比較して厳選した珠玉のカードをランキング形式で紹介しています。他にも多数の法人カードを比較したい経営者様は、ぜひそちらもご覧ください。


    おすすめ法人カードランキングはこちら »