法人カードの審査落ち・通らない原因と対策

法人カードに何度も申し込んでいるけど審査に通らないという方は、何が原因で審査落ちしてしまっているのか心当たりはありますか?

まずそこを明確にしなければ、いつまでたっても審査落ちしてしまうことに・・・。闇雲に法人カードの申し込みをするのではなくて、原因を見つけることが先です。

こちらでは、当サイトに寄せられた口コミをもとに法人カードの審査落ちの原因をご紹介しています。また、その口コミを頂いた方の状況から、審査を通過するためのポイントを考察し、解説しています。

何度も審査落ちすると、余計にカードの審査に通りづらくなるため、まずはこちらの記事を読んでから申し込むことをおすすめします。


    審査に通らない・・・何が原因?

    審査に通らない人の共通点

    最初に見て頂きたいのが、審査に通らない人の特徴リスト。以下の項目から1つでも当てはまるものがあると、法人カードの審査に通るのが非常に困難になります。

    • 会社を設立してまだ3年未満である。
    • 設立して3年経つが、赤字決算になっている。
    • 過去に支払遅延などでブラックリストに載っている。
    • いきなりゴールドカードなどの高ステータスカードを作ろうとしている。

    このような場合は、一概に審査に通らないとは言えませんが、通過するのが非常に難しいと言われています。一般的に、法人カードは「設立3年以上で黒字決済の企業」というのが審査基準。

    というのも、法人カードは複数の社員が使用するため、その分使用金額が高くなります。さらに、企業は常に倒産という可能性があるので、カード会社はお金を回収できないかもしれないといったリスクを背負うわけです。

    ここから考えて頂くとわかる通り、法人カードの審査基準というのは個人向けのカードに比べて高く設定されています。そのため、審査に通らないという人が多数いるということです。

    また、会社代表者の個人信用も非常に重要なポイント。法人カードの申し込みの際には、その会社の代表者に関する情報も審査の対象となります。 カードによっては、年齢に制限がかけられているものも。

    たとえば、20歳から65歳までの間などのように、未成年や退職する年齢の方は申し込みができないことも少なくありません。 また、申し込みではなくカードの使用に年齢制限があるものもあります。こういった年齢制限も、審査に通らない1つの原因でしょう。

    また、年収も審査項目の1つであることが多いようです。 申し込み書類と一緒に年収の証明書を提出する場合もあります。特に、個人事業者の場合は収入と利益が密接であるので、重要視されることも珍しくありません。

    いつも審査落ちしていて、なかなか審査に通らないという方は、以上の項目の何かに当てはまってはいませんか?

    では、一体どうすれば審査落ちせずに済むのでしょうか?



    もう審査落ちはしない!通過するためのアドバイス

    もし法人カードの審査落ちでお悩みであれば、下記のポイントを実践してみるのがおすすめです。

    • オフィスに固定電話を導入する
    • 個人のクレジットカードでクレヒスを積む
    • 空港などのプロモーション経由で申し込む
    • 審査に通りやすい法人カードを選ぶ

    上記のポイントは、法人カードの審査を通過するために有効な対策となります。特に、法人カードには審査基準が厳しいものとそうでないものがあるため、どのカードを選ぶのかも重要なポイントです。

    法人カードの審査に通りやすくするためのポイントや、比較的入手ハードルが低い法人カードは、下記ボタンのリンク先でご覧いただけます。

    審査に通りやすい法人カードはこちら »