法人カードでETCカードを発行するならどこが一番おすすめ?? | 法人カード比較ナビ

ETCを法人クレジットカードで取得

ETCカードの発行といえば、法人カードの大きなサービスの一つ!

特に業務で高速道路をよく使うのであれば、車を使う社員1人1人に法人ETCカードを渡したいところ。料金所をノンストップで通り抜けできるのは便利ですし、会社にとっても、料金決済がまとめてできることは最大のメリットでしょう。

また、誰がいくら使ったのかも明細が出るので、経費管理の上でとても役に立ちます。さらに、年会費無料の法人ETCカードやETC割引を享受できるETCカードもお伝えします。

それでは、法人カードのETCカードについて、どんな特徴があるのか、どんなETCカードがおすすめなのかを見ていきたいと思います。

    ビジネスを円滑にする法人向けETCカード

    仕事において、車での移動が伴う方にとって欠かせないのがこのETCカード。既にご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、まずETCカードの基本を説明します。

    ETCは、「Electric Toll Collection System」の略で、高速道路を利用する際の料金を自動で決済してくれるシステムのことです。現在では、高速道路を利用する9割以上の方がETCカードを利用していると、国土交通省が発表しています。

    ETCカードを車に搭載することで、高速道路の料金ゲートを通過した際に自動的に料金決済をすることができるので、料金所で現金を支払う必要が無く、無駄な時間を減らすことができます。

    では、法人がETCカードを利用する最大のメリットは何でしょうか。次で法人がETCカードを利用することのメリット詳しく解説していきます。



    最大のメリットは経費管理の簡易化

    法人向けETCカードを利用する最大のメリットは、「経費管理の簡易化」です。

    法人の場合、経費精算業務などの間接業務に時間を取られると本業に集中できず、売上を加速させることに支障をきたします。

    また、設立間もない企業であれば、経費精算業務などをご自身で行う法人代表者・個人事業主様も多くいるかと思います。

    そこで法人向けのETCカードを利用することで、仕事で使った経費を一括管理することができるため、どこにあるかわからない紙のETC利用明細を探す手間などが省けます。そのため、経費精算業務の負担を軽減することができます。

    1か月で20時間経費精算作業に費やしているとしたら、1年で240時間、5年もすれば1,200時間もかかることになります。

    この作業が少しでも減らせれば、経営者として本当にやらないといけない業務に集中することができますし、経理を雇うといった経費も削減することにも繋がるはずです。

    このように、経費管理の簡易化に繋がるので、車を利用をしている、あるいは利用する可能性があれば、ETCカードの利用は必須となるでしょう。

    ETCの利用によって得られるメリットは経費管理の簡易化だけではございません。続いて、ETCを利用による料金的なメリットについて言及していきます。


    時間帯割引を有効活用する

    ETCカードには利用する時間帯によって最大で50%の割引率となっており、個人・法人問わず享受できる割引サービスとなっています。ETCを利用することで主に3つの割引があるのでご紹介します。


    平日朝夕割引

    平日朝6-9時と夕方17-20時に利用することで、最大で50%割引が適用されます。ただし、割引率は利用回数によって以下のように変わってきます。

    利用回数と割引率
    利用回数(回)割引(%)
    0~40%
    5~930%
    10回以上50%

    ただし、指定の高速道路区間であったり、走行が指定区間最大100Km相当までの指定がある点には注意が必要です。


    休日割引

    こちらは普通車・軽自動車に限りますが、土日・祝日に高速道路利用することで30%割引が適用されます。また、東京や大阪といったエリアは対象外となっています。

    ビジネス向けというより、地方都市への流通を促すための施策と言えるでしょう。とはいえ、休日関係なく働く方にとっては、嬉しい割引となっています。


    深夜割引

    全ての車種を対象に、深夜0~4時の利用であればETC利用料金の30%が割引となります。仕事で遠方っへ行く方にとって、深夜に出発しないと間に合わなかったりするときには重宝する割引です。

    これまで紹介した2つと違い、全車種対象、平日・休日関係ないところは嬉しいポイントです。


    3つのETC割引サービスをご紹介しましたが、注意して頂きたい点があります。それは、これらのETC割引サービスで、「休日割引×深夜割引」、「深夜割引×平日朝夕割引」と組み合わせることができないとうこと。

    この場合には、割引率の大きい方が適用されるので覚えておきましょう。


    ETC2.0サービスとは

    ETCのことを調べていると出てくるのが「ETC2.0」

    これは、ETCがバージョンアップされたもので、高速道路利用者の不満を解消すべく、渋滞時の迂回ルートを提示してくれたり、災害時の誘導をおこなってくれるといった機能が追加されました。

    高速道路に設置されたITSスポットと呼ばれる通信アンテナを利用することで、高速道路と走行する車の情報を取得することで、渋滞情報を取得しています。

    ETC2.0に対応した車載器を取り付けることで、より快適に高速道路を利用することができるので、これを機に車載器も買い替えも検討してみてはいかがでしょうか。


    ETCマイレージとは?

    ETCマイレージとは、ETC利用金額によってポイントが還元され、そのポイントを有料道路で利用できるといったサービスとなっています。法人ETCカードの利用で貯まったマイレージは、高速利用料金のみに利用できます。

    登録方法はいたって簡単で、ETCマイレージサービス(外部リンク)のWEBサイトから申し込みができます。申し込みから1週間ほどでマイレージIDとパスワードが発行されるので、利用できるようになります。

    肝心のETCマイレージ還元率ですが、各道路事業者によって若干の違いがあるため、ここではNEXCOを例にご紹介していきます。


    NEXCO東/中/西日本のETCマイレージ還元率
    NEXCO東/中/西日本
    高速道路株式会社
    ・1回のご利用ごとに10円につき1ポイント(還元率10%)
    ・1,000ポイント→500円分に還元
    ・3,000ポイント→2,500円分に還元
    ・5,000ポイント→5,000円分に還元
    ・自動交換サービス利用時
     5,000ポイント→5,000円分に自動交換

    ETCマイレージで、10,000円分利用すると1,000ポイント、1,000円は500円分のETCマイレージへ還元することができます。

    ETCカードを利用するメリットを解説してきましたが、では法人がETCカードを利用するにあたってどのような基準で選べば良いのでしょうか。次で法人がETCカードを選ぶ基準を解説していきます。



    得するETCカードの選び方

    会社で利用するETCカードを法人で発行しようとしたとき、チェックして欲しい法人ETCカードの性能は2つあります。それは、ETCカードの「発行可能枚数」「年会費」です。

    どちらかでもあなたの事業に合わない法人ETCカードを選んでしまうと年会費で損をしてしまったり、法人カードを作り直すという手間にも繋がります。こうならないためにも、ETCカードの失敗しないための選び方を見ていきましょう。


    発行可能枚数が多いもの

    ETCカードを発行できる枚数は法人カードごとに違います。その差は、なんと1枚~複数枚と幅広くなっています。

    会社でETCカードを使うのは1~2人、あるいは決まった車両のみと決まっているのであれば、発行可能枚数は少ないものでも大丈夫です。

    しかし、今後事業の拡大で社員が増える可能性や、事業のやり方が少しでも変わる可能性があるなら、なるべく多くのETCカード発行枠を抑えておきたいところ。

    なぜなら、後になって法人カードの発行可能枚数を超えたETCカードが必要となれば、法人カード選びからやり直す必要がでてきます。

    その際、審査に落ちてしまい法人カードの申し込みができなかった、という事態を避けるためにも、最初の段階で多くのETCカード発行可能枚数を持つ法人カードを選ぶことをおすすめします。


    年会費無料かどうか

    法人がETCカードを発行する場合、法人カード年会費とは別にETCカードの年会費が必要になることがあります。

    発行1枚あたりの年会費は、無料のものから500円程度。500円くらいならあまり気にする程でもないと思われる方も多いのですが、枚数が重なってくると馬鹿にならない金額になってきます。

    例えば、年会費2,000円の法人カードで、500円のETCカードを4枚発行するだけで2,000円となり、年会費が倍になることになります。せっかく発行可能枚数の多い法人カードを選んでも1枚1枚に年会費がかかっていては金額面で損をしてしまいます。

    もう一つ、年会費で選ぼうと思ったときに注意して頂きたいのが、一定金額以上のカード利用でETCの年会費が無料になるというもの。ETC年会費無料の条件をクリアしておらず、ETCの年会費が発生しているといったことにも繋がるので気をつけましょう。

    これらのことから、年会費無料のETCカードを選びましょう。


    ここまで、ETCカードを選ぶ基準を見てきました。次の項ではこの2つの条件に完全にマッチした、ETC付帯サービス付き法人カードをご紹介しようと思います。



    高速道路を使うならこれ!おすすめ法人カード

    ETC発行可能な法人おすすめクレジットカード徹底比較

    ここでは、当サイトの誇る全50枚の法人カードデータベースより見つけた、発行可能枚数「複数枚」、かつETCカード年会費「無料」の最強法人カードを2枚ご紹介します。

    法人向けETCカード選びに迷われているであれば、ぜひ検討して頂きたい2枚となっています。まず一覧表で厳選した2枚を基本概要をご覧ください。

    法人向けおすすめETCカードの比較表
    カード名称JCB法人カードライフカードビジネス
    券面 法人クレジットカード比較:JCB法人カード 法人クレジットカード比較:ライフカードビジネス


    法人カード1,250+税無料
    ETCカード無料無料
    複数発行上限枚数複数枚複数枚
    利用限度額10万~100万円10万~500万円
    ポイント還元率0.48%~0%


    それでは、それぞれの特徴やメリットをご紹介していきます。


    JCB法人カード

    言わずと知れた王道法人カードの「JCB法人カード」。発行可能枚数「複数枚」、ETCカード年会費「無料」の条件をクリアした上で、さらなるメリットを持っています。

    まず、信頼性。日本が誇る国際ブランド「JCB」のプロパーカードですので、世界に通用するステータス性を持っています。また、出張サポート・オフィスサプライ・会計管理ソフトなどのビジネスサービスが充実していることもポイント。

    高速道路の利用に限らず、ビジネスのありとあらゆるシーンで活躍してくれるのがこのJCB法人カードです。ですので、ETCカードの発行はもちろん、法人カードとしての役割もしっかり果たすカードが欲しい方には、JCB法人カードが非常におすすめと言えます。

    さらに嬉しいことに、今なら期間限定の入会特典があります。
    JCBの新規入会特典
    1. インターネット新規入会で3,000円のJCBギフトカード
    2. 追加カードの発行で最大4,000円分のJCBギフトカード
    3. (1,2は2018年4月1日~2019年9月30日)
    4. 弥生会計オンライン初年度年会費無料(通常26,000円)
    5. (2019年1月7日~2019年12月31日)
    6. 公共料金の支払いで1,000円のキャッシュバック
    7. (2019年3月16日~2019年11月15日)
    詳しくは公式サイトを参照下さい。

    ETCカードの作り方はいたって簡単で、JCB法人カードを作成したのち、JCBの会員サイト「MyJCB」から申し込むことができます。その他、郵送や電話でも手続き可能です。

    こちらではご紹介しきれない、JCB法人カードのメリットや申込者の口コミを以下でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。


    新着法人カード:JCB法人カードの画像 JCB法人カードの
    詳細はこちら »



    ライフカードビジネス

    2枚目は、ライフカードがビジネス向けに発行する「ライフカードビジネス」です。この法人カードの最大の特徴は、必要最低限の機能だけを搭載してコスパを極限まで高めているところです。

    発行可能枚数「複数枚」、ETCカード年会費「無料」を満たし、年会費はETCカードだけでなくライフカードビジネス自体も無料、限度額においては驚くことに200万円まで。

    その2点はJCB法人カードと比較したときに勝るポイントです。そして、ETCカードの作り方はいたって簡単で、既にライフカードをお持ちの方は会員専用サイト「LIFE-Web Desk」から申し込めます。お持ちでない方は、ライフカードビジネスの申し込みと同時に申請しましょう。

    最低限の法人カード機能さえあれば充分、という方にはかなりおすすめのETC付帯がある法人カードです。


    新着法人カード:ライフカードビジネスの画像 ライフカードビジネスの
    詳細はこちら »


    以上、ETCカードを選ぶうえで重要な条件が揃った法人カードについてご紹介いたしました。ご自身に合った法人ETCカードは見つかったでしょうか?


    ただ、そうは言っても法人カードに加入するには審査があり、その審査を通らなければカードを所持することができません。さらに言えば、過去に法人カードの審査に落ちており、ETCカードが欲しいけどそもそも法人カードが作れないという方もいるのではないでしょうか。

    そこで、法人カードの審査に落ちてしまった方向けにETCカードの発行方法をお伝えします。



    組合が発行するETCカードを利用する

    法人が利用するETCカードは、何もカード会社が発行するものだけではありません。こちらでは、中小企業の経営活動を促進する「高速情報協同組合」が発行するETCカードをご紹介します。

    まず、クレジットカードでは無いので、細かな審査がありません。ですので、法人カードを比べると簡単にETCカードを作成することができます。怪しい組合では?と思われる方もいるかもしれませんが、組合自体は厚生労働大臣などの各省庁で認可された組合です。

    こちらの組合が発行するETCカードは「ETCコーポレートカード」「法人ETCカード」の2種類があります。どちらも利用時には銀行から引き落としがされるので、厳密な審査がありません。

    ちなみにこちらの組合では、組合費として1万円/社を入会時に支払うことになります。(脱退時に返却あり)

    それでは、それぞれ解説していきます。


    法人ETCカード(ETCマイレージ付)

    こちらの法人向けETCカードの最大の特徴は、利用料金に応じてマイレージが貯まる点です。ETCマイレージは、毎月の支払額によってポイントが貯まる仕組みで、このポイントを無料通行分として利用できるといったものです。

    管轄する道路事業者(高速道路)によって加算されるポイントは変わりますが、10~100円で1ポイントつきます。さらに道路事業者によっては、+αでポイントが加算されるので、利用すればするほどお得になります。

    カード契約に必要となる経費は、以下の通りとなっています。

    ・組合費 10,000円/社
    ・カード発行手数料 540円(税込)/1枚
    ・取扱手数料 540円(税込)/1枚(年1回)



    そして複数枚発行でき、車両も限定していないため、この法人ETCカードでどの車両にも対応できるのはおすすめです。ETCマイレージを貯めてお得に高速道路を利用したいのであれば、法人ETCカードを選ぶと良いでしょう。


    ETCコーポレートカード

    続いてこちらのETCコーポレートカードですが、NEXCO(東/中/西日本)と高速道路情報組合が提携して発行する法人向けのETCカードです。このETCカード最大の特徴として大口・多頻度割引が挙げられます。

    月々のETC利用料金が30,000円を超えれば、30%割引が適用され、最低でも5,000円を超えた分から10%割引対象となっています。

    つまり、利用すればするほどお得になるETCカードです。さらに、ETC2.0の車載器を搭載している車両であれば、最大で37.5%割引になります。

    もちろん、これまでに解説した休日割引や深夜割引も適用されるので、社有車が多く、利用頻度が多い事業であれば非常にお得なETCカードです。

    割引が多いETCカードですが、以下の点には注意が必要です。
    ・車両一台ずつにカードが必要になる
    ・ETCマイレージは利用できない


    多くの車両の有している場合、ETCカード都度抜き差しすることもないと思うので、それほど気にはならないかと思います。

    ETCカード契約に必要となる経費は、以下の通りとなっています。

    ・組合費 10,000円/社
    ・ETCカード発行手数料 617円(税込)/1枚
    ・取扱手数料 617円(税込)/1枚(年1回)



    車両が多く、利用頻度が高いであればこちらのETCコーポレートカードがおすすめです。

    高速情報協同組合が発行する2つのETCカードの紹介をしましたが、法人クレジットカードの審査に落ちてしまった方は、ぜひこちらを申し込んでみてはいかがでしょうか。



    まとめ~ビジネスを円滑に~

    ここまでの解説ををまとめると、法人向けETCカードには以下のことが言えます。

    法人向けETCカードまとめ ・経費管理を効率化できる
    ・「年会費無料」「発行可能枚数」で選ぶ
    ・おすすめETCカードは「JCB法人カード」「ライフカードビジネス」の2枚
    ・審査の緩い組合でETCカードを発行する
    法人向けETCカードは、あなたの間接的な業務を減らし、本当に専念すべきビジネスの時間を創出してくれるはずです。

    ぜひ、この機会にお手持ちの法人カードの見直しや、新規で申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。