マイレージ貯蓄に特化した法人クレジットカード

マイルが貯まる法人カード
個人用のクレジットカードよりも圧倒的に多くのお金を取り扱う法人カード。 そんな法人カードで、決済のたびにマイルが貯まるとなると数カ月で相当な額のマイルに。

しかし、法人カードは扱うお金が多いからこそ、少しのマイルの貯まりやすさの差が大きな違いを生み出します

マイルを損すること無く貯めたいあなたのために、このページで全50種類以上の法人カードの中から、特にマイルの貯まりやすい法人カードを紹介します!

マイルの貯まりやすいカードを
今すぐ知りたい方はこちら




    法人カードでマイルを貯めてお得に飛行機を使おう

    マイルという言葉。なんとなく飛行機に関連していることはわかるけど、それが何かまではわからないという人が多いようです。

    実はそのマイル、知っていて法人カードを使うのと知らずに使うのでは、法人カードをお得に使えているかどうかに大きく差がついてしまうのです。

    ここではまず、そもそもマイルとは何か、どうやって貯めるのかについて一緒に見ていきましょう!


    マイルって何?貯めるとなにがいいの?

    マイルというのは航空会社毎にあるマイレージというサービスの中で管理されるポイントのこと。

    マイルが貯まると、無料で飛行機の航空券と交換できたり、マイルを使ってビジネスクラス、ファーストクラスなどの豪華座席にグレードアップできます。

    日本でマイルが貯まる航空会社はANA(全日本空輸)JAL(日本航空)の2社。 海外の航空会社のマイレージを入れるとマイルの種類はもっと多くあるのですが、最初はこの2社のどちらかのマイルに決めて貯めるのがよいでしょう。


    マイルを貯める3つの方法

    マイルを法人カードで貯めるには、3種類の方法があります。

    1.法人カードのショッピング利用でマイレージを貯める
    法人カードを使ってショッピング利用をする度に自動でマイルが貯まっていくようになっています。

    日頃、オフィスで使う消耗品の購入や、公共料金の月額料金などが多い方はこの機能に重点を置いて法人カードを選ぶと良いですね。

    2.ショッピングで獲得したポイントをマイレージに移行する
    これは1つ目の方法と少し似ていますが、ショッピングによって自動で貯まったポイントをマイルに変換できます。

    こちらはポイントをそのままポイントとして使うこともできるので、飛行機に乗るかわからないという方におすすめ。 ただし、こちらは一度変換という行程を挟む面倒さと、法人カードによっては移行手数料として追加の年会費がかかることもあるので注意が必要です。

    3.飛行機を利用してボーナスマイルを貯める

    こちらは単純です。法人カードを使って飛行機に乗ればマイルが貯まります。

    法人カードでマイルを貯める方法



    マイルの貯まる3つの方法をお伝えしました。

    そして次に紹介する、マイルの貯まる法人カードを選ぶ際の4つのポイントは必ず確認しておきましょう!



    カードを選ぶ際の4つのポイント

    今あなたが検討しているカードは、本当にお得にマイレージが貯まる法人カードなのでしょうか?

    マイレージ系のカードは、法人カードの中でも特にカードによる性能差が顕著に現れます。 正しい知識を持って比較しなければ、マイレージ法人カードの落とし穴にはまってしまうかもしれません。

    ここから、マイレージ系法人カードを比較する際に、多くの方が混乱しやすい4つのポイントをご紹介します。


    1.航空会社の一般法人カードに注意

    マイレージのメリットを少しでも多く得たいと思い、ANAJALの法人カードを希望される経営者の方は少なくありません。

    JALカードやANAカードは、個人用と法人用ではマイルの貯まる仕組みが違います。

    個人カードの場合、ショッピングでの利用でANA/JALそれぞれマイルが貯まる仕組み。 しかし、一般法人カードの場合、ショッピングでマイルが貯まることはありません

    法人のANA/JALの法人カードで貯めることができるのは「フライトマイル」のみ。つまり、飛行機を利用しないとマイルを獲得できないのです。

    個人向けカードと法人向けカードのマイルの貯まり方の違い


    法人カードは、航空料金の他にも備品購入や公共料金の支払いなど様々な経費の精算に利用することが多いので、いかにショッピング利用でマイルを貯めるかがポイントになります。

    フライトの利用のみであればANA/JALカードでもマイルを貯めることができますが、そうでなければこれらの法人カードはおすすめとは言えません。


    2.マイルの価値は一定ではない

    マイルの価値は一定ではないということを知っていましたか?

    航空会社ごとにマイルの価値は変わりますが、同じ航空会社のマイルだとしても使い方次第でマイルの価値は変わるのです。

    マイルを航空券に交換する時、その航空券の行き先次第で1マイルの価値は1円~3円くらいの範囲で変動します。

    マイルがたくさん貯まる法人カードを選んで契約したのに、自分がよく使う航路においてはその法人カードで貯まるマイルの価値が低い、ということもあります。

    自分がよく使う航路の1マイルの価値というものを航空会社毎に調べておきましょう


    3.移行手数料を含めて比較してもホントにお得?

    ショッピングで貯まるポイントをマイルに変換する機能がある場合、手数料として追加で年会費がかかる法人カードがいくつかあります。

    例えば、ANAマイル法人カードだと移行手数料が無料~6,000円ほどとなっています。移行手数料の違いは、券種マイル移行のコースによって変わってきます。

    マイルで法人カードを比較するときは、移行手数料がカードごとにいくらかかるのかも考慮しましょう。


    4.ANAとJALのマイルに互換性はない

    法人カードや、ANAとJALだけに限ったことではないのですが、マイルは他の航空会社のマイルに変換できません。

    つまり、ANAで貯めたマイルはANAで、JALで貯めたマイルはJALでしか使えないのです。

    法人カードを選ぶ時点で間違えると、使いたい航空会社では何の役にも立たないマイルをコツコツ貯めることになってしまいます。

    そうならないように、先にANAかJALのどちらか一方に決めてマイルを貯めるための法人カードを探すようにしましょう。


    ここまで分かれば、次に必要なのはマイルを効率的に貯めることのできる法人カードですね!次の項では、マイルの貯まりやすい法人カードをANA編JAL編に分けて、それぞれ比較していきます!



    マイル還元率の高い法人カードを徹底比較!

    ただでさえ法人カードは何十種類とあるのに、それぞれの複数ある要素をいちいち比較するのは面倒ですよね。

    そこでここからは、マイルの貯まる法人カードを当サイトにある全50種類以上の法人カードから徹底比較して紹介します!

    もちろんANAとJALは分けて比較するので、お好きな航空会社のマイルがたまる方を御覧ください!


    ANAマイルが貯まりやすいおすすめ法人カード

    まずは、ANAマイルが貯まりやすいおすすめの法人カードを紹介します。


    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    ANAマイルを貯めたい経営者様なら、まず検討すべきはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。世界的にステータスの高いアメックスのプロパーゴールド法人カードであり、金属製の希少なビジネスカードとしても人気。ステータスと付帯サービス、還元が全て揃ったハイスペックな法人カードです。

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのANAマイル還元率は最高1%。個人向けのANAカードにも匹敵するほどの高還元率でANAマイルを貯められると評判です。

    またアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、ポイントを1度でも商品と交換すると、その後のポイント有効期限が無期限になる点もおすすめ。
    ANAマイルには有効期限がありますが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードでじっくりとポイントを貯めてから移行すれば実質的には無期限でマイルを貯められるメリットがあります。

    さらにアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードでは、国内主要空港の特別なラウンジを本人に加えて同伴者1名まで無料で利用可能。飛行機での出張が多い経営者様にも最適な法人カードとなっています。

    詳細ページ » 公式サイト »



    ラグジュアリーカード ゴールド

    ラグジュアリーカード ゴールド

    ANAマイルを効率よく貯められ、さらにはVIP向けの豪華な付帯サービスも利用したい経営者様なら、ラグジュアリーカード ゴールドがおすすめです。

    ラグジュアリーカード ゴールドは、Mastercardブランドで最高ランクの「ワールドエリート」の称号を持つVIP向け法人カード。一流のホテルやレストランで客室やコース料理のアップグレード特典があるほか、対象レストランでは1名分のコース代金が無料になる特典もあります。

    用意されているコンシェルジュサービスは自動音声がないためノンストレス。その他にもリムジン送迎をはじめとするハイステータスな特典が盛りだくさんの法人カードです。

    ラグジュアリーカード ゴールドは還元率が高い特徴があり、キャッシュバック還元率は常時1.5%、商品交換の場合の還元率は最高3.3%です。ポイントをANAマイルに移行した場合のマイル還元率は0.9%と高く、柔軟に活用できる点も魅力です。

    詳細ページ » 公式サイト »



    ダイナースクラブ ビジネスカード

    ダイナースクラブ ビジネスカード

    ANAマイルを効率よく貯めたい経営者様なら、ダイナースクラブ ビジネスカードも検討してみてはいかがでしょうか。ダイナースクラブ ビジネスカードは、世界の富裕層から人気の高いDiners Clubが発券する法人クレジットカードです。

    ダイナースクラブ ビジネスカードでは、1%と好レートな還元率でANAマイルが貯まりますポイントには有効期限がないため、じっくりとポイントを貯めてからANAマイルに移行すれば、マイルの有効期限を気にする必要はありません。

    ダイナースクラブ ビジネスカードはステータスが高いだけではなく、グルメやトラベル、ライフスタイルなど豪華な付帯サービスが充実している点も特徴です。

    詳細ページ » 公式サイト »



    JALマイルが貯まりやすいおすすめ法人カード

    次に、JALマイルが貯まりやすいおすすめの法人カードを紹介します。


    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    法人カードでJALマイルを効率よく貯めたいなら、選ぶべきはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。JALマイル還元率が常時1.125%と高く、条件を満たせば最高1.375%まで還元率を上げられます。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのJALマイル還元率を最高の1.375%まで上げる条件は、「セゾンクラッセ」と呼ばれるランク制度で最高ランクの「☆6」を獲得すること。ランク達成の条件は公表されていませんが、ネット上では「セゾンのプラチナカードなら簡単に達成できる」という口コミもあります。

    仮にセゾンクラッセの条件を達成できなくても、1.125%のJALマイル還元率は「SAISION MILE CLUB」で保証されているためご安心ください。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費22,000円(税込)と格安で持てるプラチナ法人カード。さらに年間200万円以上を決済すれば翌年度の年会費が半額の11,000円(税込)に割引優遇される特徴もあります。

    コンシェルジュや空港ラウンジ、プライオリティ・パスといったプラチナサービスはもちろん搭載。リーズナブルで高性能なおすすめ法人カードなので、JALマイルを貯めたい経営者様はぜひこちらをお選びください。

    詳細ページ » 公式サイト »



    三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    JALマイルを貯めたい経営者様であれば、三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを検討するのもよいでしょう。三菱UFJニコスが発券する法人カードであり、JALマイルを貯めやすい特徴があります。

    三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのJALマイル還元率は最高で1.2%。この還元率は、クレジットカード年間100万円を利用してポイントの加算率を1.5倍にし、さらに有料の「マイレージプログラム」に加入することで達成できます。

    年間の決済金額が少ない場合はJALマイル還元率はもう少し低くなるため、どちらかといえば先ほど紹介したセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの方がおすすめです。

    詳細ページ » 公式サイト »




    まとめ:興味のある法人カードは公式サイトをチェック

    この記事では、法人カードでマイルを貯めるための基礎知識や、マイルを貯めやすいおすすめのビジネスカードを紹介しました。気に入った法人クレジットカードが見つかったら、まずは公式サイトをチェックしてみてくださいね。

    なお、他にも多数の法人カードを比較したい経営者様は当サイトのTOPページをご覧いただくのがおすすめです。