似たような名前の法人クレジットカード・・・違いは何?

コーポレートカードとは
法人カード?コーポレートカード?ビジネスカード??

『全然違いが分からない!』と混乱されていませんか?

法人・個人事業主向けのクレジットカードを探していると、「法人カード」「ビジネスカード」「コーポレートカード」など、カードの呼び方が微妙に違う事がわかります。

会社決済用のクレジットカードであることは間違いありませんが、なぜこのように呼び方が異なるのでしょうか?
また、これらは何が違うのでしょうか?

ここでは、そんな疑問にわかりやすくお答えしています!

    「法人カード」「ビジネスカード」「コーポレートカード」違いは何?

    法人カード・コーポレートカード・ビジネスカードの違いは何?

    会社企業や個人事業主向けのクレジットカードについて調べているとき、「法人カード」「コーポレートカード」「ビジネスカード」という名前の違いが気になったことはありませんか?

    もしかすると、「法人カード、コーポレートカード、ビジネスカードって何が違うの?」 と疑問に思っている方も少なくないでしょう。 他のサイトを見ると、間違った知識で適当にこれにお答えしていることも多く、混乱してしまうのも無理はありません。

    しかし、当サイト「法人カード比較ナビ」の運営メンバーの過半数がクレジットカード会社での職務経験があるので、正確にこれにお答えできます。

    結論から言うと、法人カード、コーポレートカード、ビジネスカード、これらの用語に明確な違いはございません

    そのため、『クレジットカード会社によって異なる』というのが、最もしっくりくる答えになるでしょうか。

    いくつか法人クレジットカードを発行する、実際のカード会社の事例をもとに見ていってみましょう。


    例えば、日本最大のクレジットカード会社であるJCBカードの場合

    JCBカードの場合

    JCBでは、法人向けのクレジットカードは以下のように分類されています。

    • JCBコーポレートカード:大企業向けのクレジットカード
    • JCBビジネスカード:中小企業法人・個人事業主のクレジットカード

    そして、ビジネスカードとコーポレートカードを総称して、法人カードと呼んでいます。

    JCBビジネスカードとコーポレートカードの大きな違いは、引き落とし口座が法人か、個人かという点。以下の表をご覧ください。

    区分 券面 対象 支払い者/ 引き落とし口座
    ビジネス
    カード
    JCB法人カードの券面
    JCB一般法人カード
    中小企業法人・個人事業主 法人/法人口座
    コーポレート
    カード
    JCBビジネスカードの券面
    JCBビジネスカード
    大企業向け 役員・社員/個人口座
    区分 コーポレートカード ビジネスカード
    券面 JCB法人カードの券面
    JCB一般法人カード
    JCBビジネスカードの券面
    JCBビジネスカード
    対象 中小企業法人・個人事業主 大企業向け
    支払い者/
    引き落とし口座
    法人/法人口座 役員・社員/個人口座

    なぜ役員・社員といった個人の口座を支払い口座にする一見不思議な法人カードが存在するのかと言うと、そうするメリットは2つあります。

    これについてお話すると少し話がそれてしまうので、もっと詳しく知りたい方は後述の関連コラムを御覧ください。


    では三井住友ビジネスカードの場合はどうなのか?

    楽天ビジネスカードの場合

    三井住友カードの場合、法人向けのクレジットカードには「三井住友ビジネスカード」、「三井住友コーポレートカード」という2枚のクレジットカードがあります。

    二枚の大まかな区別は以下のようになります。

    • 三井住友コーポレートカード:大企業向けのクレジットカード
    • 三井住友ビジネスカード:中小企業法人・個人事業主のクレジットカード

    おおよそJCBの区分と同じです。ただ、一つ違うのは三井住友の場合はコーポレートカードとビジネスカードの両方とも引き落とし口座が法人口座という点。 以下の表をご覧ください。

    区分 券面 対象 支払い者/ 引き落とし口座
    ビジネス
    カード
    法人カード:三井住友ビジネスカードの画像
    三井住友ビジネスカード
    中小企業法人・個人事業主 法人/法人口座
    コーポレート
    カード
    法人カード:三井住友コーポレートカードの画像
    三井住友コーポレートカード
    大企業向け 法人/法人口座
    区分 ビジネスカード コーポレートカード
    券面 三井住友ビジネスカードの券面
    三井住友ビジネスカード
    三井住友コーポレートカードの券面
    三井住友コーポレートカード
    対象 中小企業法人・個人事業主 大企業向け
    支払い者/
    引き落とし口座
    法人/法人口座 法人/法人口座

    JCBと三井住友の法人カードを比較してわかったように、一般的にはコーポレートカードが大企業向けのクレジットカード、ビジネスカードが中小企業・個人事業主向けのクレジットカードとされています。

    ただ、これは業界で決まっているわけではなく、カード会社によって異なってくるもの。その点のみ、抑えていただければ良いでしょう。


    つまり、呼び方には特に意味は無い!

    コーポレートカード・ビジネスカード・法人カード、という呼び方に意味は無い

    ここまでご紹介したように、法人向けのクレジットカードには、 カード会社によって呼び名が異なる、という少し変わった特徴があります。

    ということは「コーポレートカード」や「ビジネスカード」などの呼び方自体に特に意味はなく、それによってカードの機能が大きく変わるということもありません。

    「法人カード」や「法人クレジットカード」と同じように、会社・個人事業主向けのクレジットカードの通称として「コーポレートカード」や「ビジネスカード」が使われているという認識を持っていればOK!

    さて、ここまででコーポレートカードやビジネスカードの意味や違いは何?という疑問は解消されたかと思います。

    ここからは、上記で説明したコーポレートカードとビジネスカードの前提知識をもとに、どのように法人カードを選べばいいかを解説していきます。


    トップページから来られた方▽ トップページに戻る 続きが読みたい方▽ 法人カードの選び方を知る




    結局、何を基準に法人カードを比較したらよいのか?

    法人カードを選ぶ基準は?

    「法人カード」や「コーポレートカード」「ビジネスカード」といった呼び方の違いに特に意味は無い、という内容をここまで解説してきました。

    ですが、これでは振り出しです。 呼び方で判断出来ないなら、何を基準に法人カードを選べば良いのでしょうか?

    その答えはずばり 会社の規模や業態を基準に法人カードを選ぶ ということ。

    しかし、そうは言っても自分に最適な法人カード・コーポレートカードを選ぶ、というのはなかなか難しいでしょう。

    そこでここからは、大企業向け・中小企業&個人事業主向けという区分にわけて、あなたにおすすめの法人クレジットカードをランキング形式でご紹介していきます!



    規模・業態別の法人クレジットカード比較・ランキング

    大企業向けカードランキング

    大企業イメージ

    順位 カード名称
    券面
    年会費
    (税別)で比較
    限度額で比較 ポイント還元率で比較 マイル還元率で比較 国際ブランドで比較
    ランキング1位 法人クレジットカード比較:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード
    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード
    31,000円 一律の取り決めはなし 0.50% 0.50% amexロゴ
    ランキング2位 オリコビジネスカードGold オリコビジネスカードGold 2,000円 10万円~1,000万円 mcロゴ
    ランキング3位 法人クレジットカード比較:JCBプラチナ法人カード
    JCBプラチナ法人カード
    30,000円 一定の制限なし 0.48% JCBロゴ
    カード名称/券面

    ランキング1位

    法人クレジットカード比較:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

    年会費(税別)で比較 31,000円 限度額で比較 一律の取り決めはなし ポイント還元率で比較 0.50% マイル還元率で比較 0.50% 国際ブランドで比較 amexロゴ
    カード名称/券面

    ランキング2位

    オリコビジネスカードGold
    オリコビジネスカードGold

    年会費(税別)で比較 2,000円
    限度額で比較 10万円~1,000万円
    ポイント還元率で比較
    マイル還元率
    国際ブランドで比較 mcロゴ
    カード名称/券面

    ランキング3位

    法人クレジットカード比較:JCBプラチナ法人カード

    JCBプラチナ法人カード

    年会費(税別)で比較 30,000円 限度額で比較 一定の制限なし ポイント還元率で比較 0.48% マイルで比較 国際ブランドで比較 JCBロゴ


    中小企業・個人事業主向けカードランキング

    中小企業イメージ

    順位 カード名称
    券面
    年会費
    (税別)で比較
    限度額で比較 ポイント還元率で比較 マイル還元率で比較 国際ブランドで比較
    ランキング1位 EX-Gold-for-Biz
    オリコEX Gold for Biz
    2,000円 10万円~300万円 0.60%
    ~1.10%
    0.30% visaロゴ
             mcロゴ
    ランキング2位
    JCB法人カード
    1,250円 公式サイト参照 0.50%

    JCBロゴ

    ランキング3位 法人クレジットカード比較:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード
    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード
    31,000円 一律の取り決めはなし 0.50% 0.50% amexロゴ
    カード名称/券面

    ランキング1位

    EX-Gold-for-Biz

    オリコEX Gold for Biz

    年会費(税別)で比較 2,000円
    限度額で比較 10万円~300万円
    ポイント還元率で比較 0.60%
    ~1.10%
    マイル還元率で比較 0.30%
    国際ブランドで比較 visaロゴ mcロゴ
    カード名称/券面

    ランキング2位

    JCB法人カード

    年会費(税別)で比較 1,250円 限度額で比較 公式サイト参照 ポイント還元率で比較 0.50% マイル還元率で比較 国際ブランドで比較

    JCBロゴ

    カード名称/券面

    ランキング3位

    法人クレジットカード比較:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

    年会費(税別)で比較 31,000円 限度額で比較 一律の取り決めはなし ポイント還元率で比較 0.50% マイル還元率で比較 0.50% 国際ブランドで比較 amexロゴ




    関連コラム:呼び方の違いについてもっと詳しく知りたい方のためのTips

    ポイント①:福利厚生によるカード発行と審査

    JCBビジネスカードの場合、年会費を法人が支払うことで、ゴールドカード等の高スペックカードをその会社の役員・社員全員が申し込みすることができます。このように、会社の福利厚生で割安もしくは年会費無料でクレジットカードに申し込むことが出来る場合があります。

    この場合は、年会費の一部または全部を会社が負担しているのですが、あくまで個人利用目的のクレジットカードですので、支払いはとうぜん個人で行うことになります

    ※この場合は個人の与信となりますのでクレヒス等が審査に影響することもあります。


    ポイント②:業務用カードによる無断経費利用などのリスクヘッジ

    このタイプの法人カードの場合、社員が誤ってビジネスカードを使ってしまった場合や、勝手に経費を使って色んなものを買ってしまったとしても請求は個人なので会社側にリスクはありません。

    もちろん、経費精算の業務負荷はありますが、カード明細の形式が全社員一つに統一されるので運用はしやすくなります。

    ※大企業向け法人カードを発行するクレジットカード会社はこの個人支払いタイプの法人カード用経費精算システムや支払データを提供するなどのソリューションサービスを行っているケースが多いので、大規模な企業の場合はクレジットカード会社に一度はお話を聞いてみることをおすすめします。

    なお、中小企業・個人事業主向けの法人カードのことはJCBでは、コーポレートカードやビジネスカードとは呼ばず、単に「法人カード」と呼んだり、「中小企業・個人事業主向けの法人カード」と呼びます。


    会社決済型、個人決済型法人カードのメリットとデメリット

    会社支払い型法人カードのメリット
    会社側・カードを使用する個人共に、何と言っても、経費精算が楽!これに尽きるでしょう。会社がすべての支払をすることで、クレジットの利用データが一括管理できますし、経費精算の事務処理もかなり簡単になります。

    会社支払い型法人カードのデメリット
    会社側としては、社員の方が誤って法人カードを使ってしまったり、悪意のある利用などは避けることが出来ない問題です。こればかりは社員の方の倫理観が求められます。カードを使用する個人としては、経費以外の支払いで利用することはできません。

    また、誤って使ってしまった場合は、業務上横領ということになってしまう可能性があるので、その場合はきちんと会社に報告することをお忘れなく。

    個人支払い型法人カードのメリット
    まず、カード使用者側のメリットになりますが、個人の口座を指定するタイプの法人カードの利点は、役員や社員の方が自由に使用ができるという点です。いくら使っても、自分の口座から引き落とされるだけですからね。

    また付与されるポイントやマイルも自分のものとして使える場合がほとんどです。企業側のメリットとしては、役員、社員が誤ってカードを使用することがない点ですね。

    個人支払い型法人カードのデメリット
    何と言っても会社側・カードを使用する個人共に、経費精算が面倒です。それから、この形態の場合、法人カードを発行する個人の審査が行われるので、クレジットカードが発行ができないというケースも起こり得ます。




    サービスが豊富なおすすめビジネス・コーポレートカードを探す





    アメックスゴールド
    ナビゲータープロフィール
    法人カードマニアのたけし

    たけし(35)

    大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
    クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。