TOP PAGE TOP MENU

トップ > キャッシングを使うことのできる法人カード

急に現金が必要になってもビジネスカードで解決

「キャッシングが使える法人カードってあるの?」

急に現金が必要になったのに手元にはクレジットカードしか無い、こんなことありますよね?

それが個人的な用事で必要な場合は自分のクレジットカードのキャッシング機能で現金を取り出せば良いのですが、事業に関係している場合、法人カードでキャッシングを使うことはできるのでしょうか。

このページではキャッシングと法人カードの少し特殊な関係や、数少ないキャッシングを使うことのできる法人カードをご紹介します。




法人カードのキャッシングについて

冒頭で法人カードでキャッシング機能を使うことはできるのか、ということを書きました。

しかし、実は法人そのものに対してキャッシングを許している法人カードは存在しません。

その理由は、個人向けのクレジットカードと違い、法人は消滅してしまうことがあるためです。

キャッシングは実質お金の融資と同じことですので、キャッシングをした状態で法人が倒産などしてしまった場合、貸し出したお金を回収することができなくなってしまいます。

それを避けるため、クレジットカード会社は法人そのものを対象にした法人カードにはキャッシング機能を付けていません。

ただ、非常に少ないながらもキャッシングを使うことのできる法人カードがあるのです。

それは法人代表者向け法人カード・個人事業主向け法人カードと呼ばれる法人カード群の中にあります。

法人代表者向けの法人カードや個人事業主向け法人カードの場合は、対象となるのが法人のような法律上の人格ではなく1人の人間となるので貸し倒れのリスクが非常に少なくなるためです。

法人代表者向け法人カード・個人事業主向け法人カードといっても、対象が代表者個人になるだけで事業の経費支払には普通の法人カード同様になんの問題もなく使うことができるので法人カードでキャッシング機能を使いたいと考えている方はご検討してみてはいかがでしょうか。

次の項では法人カードでキャッシングを使うことによって得られるメリットをご紹介致します。

借り入れをすることによるメリット

キャッシング機能を搭載した法人カードが特に役に立つ場面2つをご紹介します。

1つは急に現金が必要になったというようなお金にまつわる緊急時に、もう1つは海外出張時に。

急に現金が必要になる場合と言うのは、出先でまとまったお金が必要になったが会社まで取りに帰る余裕のないときなど、近くにATMさえあれば5分もかからずに現金の準備を整えることができます

また、取引先への支払いが間に合わないという時に最後の策としてキャッシングを利用することも。

海外出張時には、現地でキャッシングを使うことで両替の手間なしに現地のお金を即座に受け取ることが可能

キャッシングを使った場合のほうが両替所を利用するよりお得になることが多く、実際に海外出張にキャッシングのできるクレジットカードを持っていく人は増えています。

また、行く場所によってはクレジットカードによる決済が出来ないことも少なくはないので、キャッシングの存在は手持ちのお金がなくなってしまったときの保険にもなりますね。

予め多めに両替をしていく必要が無いので、海外に行く度に無駄に取られていた両替手数料をキャッシングで節約できるのは大きなメリットです。

キャッシングを利用することのできる法人カード

最後に、キャッシング機能を使うことのできる法人カードをご紹介しようと思います。

ご紹介する法人カードは、こちらの2枚。

・三井住友ビジネスカードforOwners
(法人代表者・個人事業主向け)

・オリコEX Gold for Biz S iD×QUICPay
(個人事業主向け)

それではそれぞれの法人カードについて詳しく見ていきましょう。

三井住友ビジネスカードforOwners(法人代表者・個人事業主向け)

おすすめ法人クレジットカード:三井住友ビジネスカードforOwners 三井住友ビジネスカードforOwners特徴


三井住友ビジネスカードforOwnersシリーズは三井住友カード会社より比較的新しめに発行が開始されたオーナー向けの法人カードです。

このシリーズにはクラシック・ゴールド・プラチナの3種があり、どの券面にもキャッシング機能が付帯。

なんと国内外問わず50万円までキャッシングを利用可能(プラチナ券面は国内100万円、海外50万円)。

キャッシングの他にも、法人カードではかなり珍しいことに、支払い方法を「1回払い」、「2回払い」、「リボ払い」、「分割払い」、「ボーナス払い」の5種類から、支払日を「15日締め翌月10日払い」、「月末締め翌月26日払い」の2日間から選ぶことができます。

さらにポイントはマイルに交換することや実質キャッシュバックとして次の支払いに充てることも。

そして電子マネーや追加カードはApplePayを始めとした6種類。

自由度の高さでは右に出る法人カードが無いイチオシの法人カードです。

新着法人カード:三井住友ビジネスカードforOwnersの画像 三井住友ビジネスカードforOwners
詳細はこちら

新着法人カード:三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersの画像 三井住友ビジネスゴールドカード for Owners
詳細はこちら
»

新着法人カード:三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの画像 三井住友ビジネスプラチナカード for Owners
詳細はこちら

オリコEX Gold for Biz S iD×QUICPay(個人事業主向け)

おすすめ法人クレジットカード:オリコEX Gold for Biz S iD×QUICPay オリコEX Gold for Biz S iD×QUICPayカード特徴


こちらの法人カードは、法人向けと個人事業主向けで二種類発行されているオリコEX Gold for Bizシリーズの内の個人事業主向け、オリコEX Gold for Biz S iD×QUICPay。

年会費は2,000円とかなり安いにもかかわらず、限度額は300万円でキャッシング枠は最大100万円まで利用可能。

さらにこちらのカードもリボ払い・分割払いに対応し、自由度の高い支払いを行うことができます。

そしてこのカード1番の利点はポイント還元率の高さ。

なんとその還元率最大で脅威の1.1%

利用額によって変動はあるものの最低でも0.6%と平均を上回る還元率トップクラスの部類。

コストパフォーマンス面で圧倒的ナンバーワンと言えるおすすめ法人カードです。

新着法人カード:EX Gold for Biz iD×QUICPayの画像 Ex Gold for Biz
詳細はこちら


ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。
おすすめ法人カードを比較
法人カードの基礎知識
審査と年会費について
法人カードお役立ち情報
各ビジネスカード特集
法人カードニュース・法改正
ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。

目次