TOP PAGE TOP MENU

トップ > 法人カードローンと法人クレジット、あなたに最適なのはどちら?

どちらがいい?法人カードローンと法人カード(キャッシング)

キャッシュフローでお悩みの法人代表者様、個人事業主様必見!

経営者にとって最も頭の痛い問題の一つが資金繰りです。

早急な資金調達が必要だけど銀行融資は審査が厳しく、公的融資は手続きに時間がかかってしまう。

そんな時、あなたはどうしますか?

法人カードローンが最初に思いついたなら、注意が必要です。

では、今すぐ資金が必要な場合にはどうすればいいのか。

対応策として当サイトは、キャッシングができる法人クレジットカードの使用をおすすめします。

ここでは、法人カードローンがおすすめできない理由法人クレジットカードのメリットを説明した上で、キャッシュフローの安定に大きく貢献するキャッシング機能付きの法人カードでおすすめの2枚をご紹介しています。

法人カードと法人カードローンの違い


法人カードと法人カードローンは名前が似ているため、ごちゃまぜになってしまう人も多いかと思います。

法人カードと法人カードローンは全くの別物なので、この先読んでいくうちに分からなくなってしまわないよう、ここで違いを説明しておこうと思います。

まず、法人カードとは法人のクレジットカードのこと。普通のクレジットカードを法人の経費支払に使用できるようにしたものです。

そして法人カードのキャッシングというのは、法人カードを使って限度額まで利子ありの現金を引き出す事ができる機能のことです。

次に、法人カードローンというのは法人のカードローンのこと。こちらも同様に普通のカードローンを法人で使用できるようにしたものです。

法人カードローンの詳しい説明は次の項で見ていきましょう!


資金調達に利用できる「法人カードローン」とは何か?

資金調達

法人カードローンとは、法人経営者や個人事業主が無担保・無保証人で金融機関から融資を受けられるサービスのことです。

最短即日での融資も可能なので、急な取引や契約で今すぐにまとまったお金がほしい時などに短期的な資金調達方法として利用される事が多いサービス。

この法人カードローンには以下の様な特徴があります。

・無担保・無保証人で借り入れできる
法人カードローンは無担保で事業性資金を利用できます。また、ローンを組む際、法人経営者・個人事業者ともに保証人は不要です。
・最短即日で事業性資金が借り入れ可能
法人カードローンを提供している金融機関の中には、最短60分でローン審査が完了するものもあります。
・総量規制がない
総量規制とは、資金業法で規定されている「個人が借りられる上限は年収の3分の1まで」という規制のことですが、法人カードローンの場合、個人事業主であってもこの規制の対象外となります。

ここまで述べてきた法人カードローンの特徴を見ると、短期的な資金調達の手段としてはメリットが多いように見えます。

しかし、この法人カードローンには次で紹介するようなデメリットも多く存在するため結論としては、法人カードローンはあまりおすすめできません。



法人カードローンがおすすめできない理由

法人カードローンおすすめできない理由

ビジネスの中では、明日までに大金が必要という事態もあるでしょう。

そんな時の一つの手段として「法人カードローン」がありますが、調べてみると多くのローン関連商品があることがわかります。

また、多くのサイトでは法人カードローンについてのメリットはたくさん書かれていますが、デメリットについて書かれているサイトは少ないようです。

そこで、ここでは法人カードローンのデメリット4つ挙げて、法人カードローンがなぜおすすめできないのかその理由をご紹介していきます。


1つ目:法人カードローンは借り入れの際の金利が非常に高くなっている

法人カードローンは金利が高い

無担保でかつ無保証人であるということは、ローンを提供する金融機関側にとっては非常にリスクが高いです。

そのため、不動産担保ローンなどの有担保ローンなどと比べて、貸し倒れのリスクを取る分、ローン金利が高めに設定されています。

このことから法人カードローンは長期的な借り入れには適していません。


2つ目:限度額が低く、審査結果次第で利用可能額が大きく異なる。

限度額は審査結果次第

銀行融資や公的融資と比べて、法人カードローンの限度額は低めに設定されています。金額の大きい法人カードローンであっても、最大で1000万円としているところが多く、さらに希望額の融資を得るためにはそれ相応の業績や信用が必要。


3つ目:ローン返済期間が短いので余裕のある返済ができない

返済期間が短い

こちらも金利が高い理由と同様で、無担保・無保証での融資であるため、金融機関側の貸し倒れのリスクが高くなる分、ローン返済期間が短く設定されています。

金利が高い上に返済期間も短いとなると、余裕のある返済ができずキャッシュフローが悪くなる可能性もあります。


4つ目:提出する決済書の内容が良くないと瞬時に融資が不可能になる

決済書の内容次第で融資可否決定

ビジネス審査が早い理由は、決済書の内容をデータベースに入力するだけで自動的に審査が完了するため。

決済書の内容が悪いと交渉の余地なく瞬時に融資が不可能となり、翌年まで融資の申込ができなくなります。

以上に述べてきたように、法人カードローンはデメリットにより被るリスクが高いので、安易に利用することは避けるべきです。

では他に短期的な借り入れにも対応できる手段はないのでしょうか?

このニーズに答えられる手段はあります!それは法人クレジットカード(キャッシング)です!

ここからは、キャッシングを含め、資金繰りにおけるメリットの多い法人カードについて見ていこうと思います。



3つのメリットで会社の資金繰りに貢献する法人カード

資金繰りに貢献する法人カード

当然のことですが、お金がうまく回らないとビジネスは停滞します。そして最悪の場合、倒産してしまうことにつながりかねません。

こういった最悪のシナリオを避けるためにも、効率的かつ効果的にキャッシュフローの安定化を図っていく必要があります。

そこで活躍するのが法人クレジットカード。ここでは法人クレジットカードのメリットを紹介します!

メリット1:キャッシュフローが改善し、支払いに余裕ができる

口座引き落としの猶予最大90日間

法人クレジットカード利用分の口座引き落としの猶予は最大で90日間あるため法人の口座に残るお金は多く、キャッシュフローはよくなります。

また、利用限度額も高く設定されているので、ビジネスにおけるスムーズな決済の助けとなります。


メリット2:ポイントサービスでお得に利用できる

ポイントサービスでお得に

法人クレジットカードには、カード会社によって内容は異なりますが、必ずと言っていいほどポイントサービスがついています。

ショッピングや接待・交際費、各種公共料金の支払い等を法人クレジットカードで決済することによりポイントが加算され、貯まったポイントはキャッシュバックしたり、各種料金の割引に利用したり、マイレージに移行したりと大変お得に利用することができます。


メリット3:経費の管理を一本化し、経理業務の労働コストを削減

経費管理を一本化業務コスト削減

法人クレジットカードは限度額が大きく設定されているので、ビジネス決済を1枚のカードにまとめることができるため、支払先が分散せずに済み、また仮払いや精算、立替などの手続きが不要になるので経費管理の手間が省けます。

更に、カードの利用明細で支払い記録が正確に残るので、精算書をまとめる作業も大変楽になります。

このように、法人クレジットカードを利用することで煩雑な経理業務の削減できるメリットがあります。

ここまで法人クレジットカードのメリットについて書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

会社の資金繰りを良くするためには、目の前の短期的な資金調達だけにとらわれず、長期的な視点で考えることが大切。

ただ、スタートアップなど設立間もない法人や個人事業主の場合は、緊急で明日にも資金を用意する必要があるという事態が起こりえます。

そこで、ここからはそのような緊急事態にも対応できる、キャッシング付きのおすすめ法人クレジットカードをご紹介します。



キャッシング機能が付いているおすすめの法人カードはこれ!

キャッシング機能付きおすすめ法人カード ここで紹介する2枚は、低コストで最高級のパフォーマンスを発揮する非常に優れた法人カードです。

会社の資金繰りを安定させつつ、急な支払いにも対応できる2枚なので、この機会に是非参考にしてみてください。


個人事業主におすすめ!オリコEX Gold for Biz iD×QUICPay

オリコEX Gold for Biz iD×QUICPay

オリコEX Gold for Biz iD×QUICPayは2,000円と安い年会費ながら、カードの機能やサービスはゴールドカードに匹敵するほどのスペックを備えています。

以下において、オリコEX Gold for Biz iD×QUICPayのメリットをご紹介します!

新着法人カード:EX Gold for Biz iD×QUICPayの画像

コスパが高いゴールド法人カード


ゴールドカードを格安の年会費で利用できる!高い限度額と充実の付帯サービスであなたのビジネスをサポートします。
おすすめポイント1:初年度年会費無料で追加カードの年会費は無料!
通常の年会費が2,000円と安いにもかかわらず、初年度年会費無料で更に追加カードの年会費も無料。
おすすめポイント2:限度額は300万円!キャッシングも最高100万円まで利用可能。
これだけコストのかからない法人カードなのに、限度額は300万円とかなりの高水準。 さらに、いざという時に使えるキャッシングも最高で100万円まで利用できます。
おすすめポイント3:利用額に応じてポイント還元率が最大1.1%
オリコEX Gold for Biz iD×QUICPayのポイント還元率は最低でも0.6%。利用額に応じて還元率は上がり、年間200万円以上の利用がある場合、ポイント還元率はなんと1.1%と非常に高水準!
おすすめポイント4 :リボ払い・分割払いにも対応
オリコEX Gold for Biz iD×QUICPayもリボ払い分割払いに対応しています。支払い方法が複数選択できると、余裕を持った返済が可能となりキャッシュフローを圧迫せずに済みます。

リボ払い・分割払いに対応している法人カードは非常に少ないですが、オリコEX Gold for Biz iD×QUICPayは安い年会費で驚愕のコストパフォーマンスを発揮する、とてもスペックが高い1枚なので、この機会に是非とも検討してみてはいかがでしょうか!

矢印


新着法人カード:EX Gold for Biz iD×QUICPayの画像 オリコEx Gold for Biz
詳細はこちら


法人でもキャッシング利用可!三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード for Owners

「三井住友ビジネスカード for Owners」2017年発行開始の新登場法人クレジットカードです。

年会費1,250円という安さにもかかわらず、代表者向けのサービスが他とは比べ物にならない程たくさん準備されており、かなりの自由度を誇る法人カードとなっております。

それではその驚きのサービスの一部をご紹介します!

新着法人カード:三井住友ビジネスカード for Ownersの画像

オーナーに使いやすい機能が盛り沢山!


低年会費ながら他の法人カードに無い機能を多数備えた非常に高スペックな1枚です。
おすすめポイント1:キャッシングは国内外問わず50万円まで!
なんと三井住友ビジネスカード for Ownersは海外でのキャッシングにも対応。 海外で急に現金が必要になっても、日本円から両替された現地通貨がすぐに引き出せるので安心です!
おすすめポイント2:支払い方法は5つから、支払日は2日から選択可能!
支払い方法は「1回払い」「2回払い」「リボ払い」「分割払い」「ボーナス払い」の5種類から、支払日は「15日締め翌月10日払い」「月末締め翌月26日払い」の二日間から選ぶことができるので柔軟な支払いを行うことができます。
おすすめポイント3:6種類の追加カードと電子マネーが利用可能!
Apple Pay、iD、PiTaPa、WAON、プラスEX、ETCの6種類もの追加カードと電子マネーを利用することができます。オーナーが普段の生活で使っているものに合わせて法人カードも使うことができるので大変便利です。
おすすめポイント4:ポイントはマイルにもキャッシュバックにも!
貯まったポイントは法人カードには珍しく、マイルに交換することも、次の支払いに当てて実質キャッシュバックとして使うこともできます。

矢印


新着法人カード:三井住友ビジネスカード for Ownersの画像 三井住友ビジネスカード for Owners
詳細はこちら


まとめ:会社の資金繰りに困っているあなたへのおすすめ情報



ここまで読んでいただきありがとうございます。

短期的な資金調達を考えるのであれば、下手に法人カードローンなどに手を出すよりも、法人カードのキャッシング機能を利用する方が安全でかつ、キャッシュフローの改善にも繋がるので、是非とも法人クレジットカードを活用してください!

資金調達の前に知っておきたい法人カードローンのデメリット

資金調達の前に知っておきたい法人カードローンのデメリット

これまでお話してきたように、法人カードローンには4つのデメリットがあります。

  • 1.法人カードローンは借り入れの際の金利が非常に高い。
  • 2.銀行融資に比べると限度額が低く、審査結果次第で利用可能額は大幅に下がることもある。
  • 3.金利が高い上にローン返済期間も短いので返済コストが高い
  • 4.提出する決済書にミスがあると自動的に融資不可能になる

以上のように、法人カードローンは、短期的な資金として使うならメリットもありますが、上記のデメリットによりキャッシュフローを悪くしてしまうことが大いにあり得ます。

これを避けるためにも、法人クレジットカードを利用し、短期的にどうしても必要な資金としてはキャッシングを使いながら、長期的な視点で資金繰りを良くして行きましょう!

2枚のおすすめ法人クレジットカード

2枚のおすすめ法人カード

キャッシング機能付きの法人クレジットカードでおすすめなのは、「P-one Business MasterCard」「オリコEX Gold for Biz iD×QUICPay」の2枚です。

○個人事業主におすすめのオリコEX Gold for Biz iD×QUICPay
  • おすすめポイント1:初年度年会費無料、翌年度以降も2,000円と格安な年会費
  • おすすめポイント2:限度額は最高300万円
  • おすすめポイント3:個人事業主に限り、キャッシングも最高で100万円まで利用可
  • おすすめポイント4:ポイント還元率は最大1.1%
  • おすすめポイント5:リボ払い・分割払いにも対応

○中小法人におすすめの三井住友ビジネスカード for Owners
  • おすすめポイント1:キャッシングは国内外問わず使用することが可能!
  • おすすめポイント2:支払日、支払い方法を自由に選択することができ、柔軟な資金繰りが可能。
  • おすすめポイント3:多種類の追加カードと電子マネーでオーナーの私生活に合わせた使い方が可能!
  • おすすめポイント4:ポイントはマイルに変換することもキャッシュバックとして使うことも!

以上、法人カードローン(ビジネスローン)と法人クレジットカード(キャッシング)についてご紹介してきました。

法人カードローンにはここで挙げているデメリット以外にも、悪徳業者にあたってしまうことなどもあるので、資金繰りに窮した際、その場しのぎとして安易に手を出さないほうが無難。

安定したキャッシュフローを実現するためにも、是非法人クレジットカードを活用してください!

今回ご紹介した「オリコEX Gold for Biz iD×QUICPay」と「三井住友ビジネスカード for Owners」は、キャッシング機能も付いた低コスト・ハイスペックな2枚で大変おすすめです。

この2枚の詳細を知りたい方は是非、こちらからチェックしてみてください!

ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。
おすすめ法人カードを比較
法人カードの基礎知識
審査と年会費について
法人カードお役立ち情報
各ビジネスカード特集
法人カードニュース・法改正
ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。

目次