TOP PAGE TOP MENU

トップ > 法人カードでマイルを貯める前に

マイレージ貯蓄に特化した法人クレジットカード

カード決済でマイルを貯めることができるのは、言わずもがなクレジットカードの大きなメリットの一つ。

海外出張の多い法人の経営者さまの中には、マイレージを貯めることを第一に法人カードを選んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、このマイレージが貯まるシステム。カードの選択を誤ると思うようにマイレージが貯まらない、という事態になりかねません。特にマイルの還元率はカードの種類によって大きく異なります。


そのカード、本当にマイルが貯まりやすい?

マイレージが貯まりやすい法人クレジットカードの申し込みを検討しているあなた。 あなたが選んだ、または検討しているカードは、本当にお得にマイレージが貯まる法人カードなのでしょうか?

マイレージ系のカードは法人向けクレジットカードの中でも、特にカードごとの性能差が顕著に現れます。正しい知識を持って比較しなければ、マイレージ法人カードの罠にはまってしまうかもしれません。

じゃあどうやってマイレージ系法人カードを比較すればいいの?

こんな不安を抱えているあなた。ご安心ください! そんなあなたのために、このページではマイレージ重視の法人カードの選び方を詳しくご紹介しています。

マイレージが貯まりやすい法人カードをお探しのあなた必見です。
是非、法人カードを選ぶ際の参考にしてみてください。


マイレージの貯め方は3つ

マイレージが貯められる法人カードは珍しくありません。むしろ大抵のカードはマイレージを貯める事ができるようになっているはず。その中にはマイレージが貯まりやすいことを売りにしている法人カードも数多く存在しますので、どのカードがベストなのかという判断は非常に難しいところ

そこで今回ご紹介するのは、法人カードでマイルを貯める方法。まずはあなたにとってどの貯め方がベストなのか見極めましょう。

法人カードでマイレージを貯める方法は3種類あります。

  • ショッピング利用金額に応じて自動的にマイレージを貯める
  • ショッピング利用によって獲得したポイントをマイレージに移行する
  • 飛行機を利用してボーナスマイルを貯める
マイル獲得三つの方法

ほとんどのカードではショッピング利用で得たポイントを引き換えることでマイレージを獲得する事ができるようになっています。 その場合の平均的なマイル還元率は0.50%ほど。

ショッピング利用でそのままマイレージを獲得できるサービスなら、より還元率は高くなります。

またANAカードやJALカードのような、航空会社が発行する法人カードなら飛行機に乗ることでフライトマイルを貯めることができます。

おすすめは自動的にマイレージが貯まっていく法人カード。マイル還元率も高く、ポイント移行の手間もないので、最もマイレージが貯まりやすくなっています。


航空会社の一般法人カードにご注意を

マイルとは航空会社が運営するポイントプログラム。マイレージの恩恵を得たいからと、ANAやJALの法人カードを希望される経営者の方は少なくないのではないでしょうか。

しかし、落とし穴はここにあります。
実は、JALカードやANAカードは個人用と法人用ではマイルのたまり方が大幅に異なるのです。

個人カードの場合、どちらもショッピング利用でマイレージを貯めることが可能。しかし一般法人カードの場合はこれができないようになっています。

法人のJAL/ANA一般法人カードで貯めることが出来るのは「フライトマイル」のみ。つまり飛行機を利用しなければマイレージを獲得する機会がないということです。

個人向けカードと法人向けカードのマイルの貯まり方の違い

法人カードは、航空料金の他にも様々な経費の精算に利用する方が多いでしょうから、ショッピング利用でいかにマイレージを貯めるかがポイントになります。フライトのみの利用でなければ、JAL/ANAカードはあまりおすすめできません。

そこでおすすめしたいのが、ショッピング利用で自動的にマイレージが貯まっていくカード。普段のショッピング利用でコツコツ貯めたマイルを海外出張費に充てることができるため、最も効率的にマイレージを使うことができます。


マイレージが貯まるおすすめのカードはコレだ!

皆さんお待ちかね、おすすめのマイレージ特化型法人カード!今回は最も効率よくマイルを貯められるカード2枚をご紹介します。

ここでご紹介する法人カードはこちらの2枚!

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • ANAダイナースクラブコーポレートカード

どちらもマイル還元率が高く、飛行機に乗る機会の多い法人経営者の方々なら、あっという間にマイルが貯まっていくはず。

ですがこの2枚のカードは、その機能や特徴が全く異なるので、どちらを選んでも良いというわけではありません。この選択を誤ると、「全然マイルがたまらない・・・」という事態にもなりかねません。ではあなたにとって、より大きなメリットがあるのはどちらのカードなのでしょうか?

そんな疑問を解消するために、ここでは「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」と「ANAダイナースクラブコーポレートカード」の2枚を徹底比較しています!

わかりやすい表に特徴の違いをまとめていますので、どちらがあなたに合っているかが一目瞭然。マイレージ法人クレジットカードをお探しの方は必見ですよ。


セゾンプラチナ vs ANAダイナースの徹底比較表

カード名 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード ANAダイナースクラブコーポレートカード
カード券面 法人カード比較:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 法人カード比較:ANAダイナースクラブコーポレートカード
年会費(税別) 20,000円 20,000円
ANA交換 200ポイント=600マイル 1000ポイント=1000マイル
ANA還元率 0.30% 1.0%
JAL交換 1,000円=10マイル
(2,000円の利用で+1永久不滅ポイント、200ポイント=500マイルへ交換可能)
-
JAL還元率 1.125% -
プライオリティ・パス 年会費無料で登録可能 -
フライトボーナス - 入会時:2,000マイル搭乗時:区間基本マイレージ×25%
更新時ボーナス - 2,000マイル


マイレージ貯蓄を重視するならこの2枚の法人カードが非常に優秀。非常に高い性能を発揮し、マイルをどんどん貯めてくれることでしょう。

特にセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのJALマイル還元率1.125%は驚異的。法人カードの中で比較すると断トツで高いマイル還元率を誇っています。プラチナカードとしても非常に高い性能を持っており、当サイトでご紹介している法人カードの中でもイチオシの一枚

プラチナカードということで年会費は2万円と若干お高めですが、マイルのメリットだけでも年会費分の元はじゅうぶんに取れるはず!特にJALの航空便を利用する機会が多いなら絶対に持っておきたい一枚です

このページでご紹介した2枚のカード「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」と「ANAダイナースクラブコーポレートカード」の詳細情報はどちらも当サイトに掲載しています。

それぞれのカードのメリットの詳細や、気になる審査情報口コミなども公開していますので、法人カードの申し込みを検討しているマイラーの方は要チェックですよ!

新着法人カード:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの画像 セゾン・プラチナ
詳細はこちら


矢印


おすすめ法人クレジットカードと関連記事はこちら

マイル還元率ナンバー1!セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカード

おすすめの法人クレジットカードランキングと比較

法人や個人事業主向けの厳選クレジットカード5枚を徹底比較

法人クレジットカード申し込み時の実質的支配者申告について
法人カードの基礎知識
年会費について
付加メリット
法人カードニュース・法改正
各ビジネスカードの特集

目次