TOP PAGE TOP MENU

トップ > 法人カードを利用する5つのメリット

好調の会社は知っている、ビジネスカードのいいところ

法人カード

それは、あなたのビジネスを手助けする多くのメリットを持っています。

もしあなたが経営や事業のことで手一杯だとしても、だからこそ今、法人カードのメリットを再確認することで仕事の負担を大きく軽減できるかもしれません。

このページを見ている今がちょうど見直すチャンスです!

このページでは、「法人カードのメリットをあまり知らない。」「法人カードを上手く使いこなしたい!」という方に、カードのメリットを6個のポイントにまとめ紹介いたします。






法人カードのポイント5つのメリット


法人カードで経費の管理が圧倒的に楽に!


法人カードを利用することで得られる大きなメリットのうちの1つがこれ。経費支払いに法人カードを使うだけで今まで手作業でやっていた経費管理が自動化されるという非常に強力なメリットです。



法人カードで経費の計上漏れをなくす


法人カードでは、出張先での支払いだけでなく、日々のオフィス用品の発注や携帯電話料金、保険料、サーバー料金、さらには法人カードの年会費などといった、経営上必要なすべての費用を支払うことができます。

それらを全て法人カードで支払うことで、会社の運用経費を一括で明細にすることが可能。

お金の無駄遣いをチェックすることも簡単になり、余計な出費を抑えることができるというメリットもあります。

また、会計処理の手間も解消されるので、個人事業主の方などにも大きなメリットです。



社員の利用経費も会社で一括管理できる


もし法人カードを使っていない場合、従業員がそれぞれ支払ってきた経費は領収書として会社に知らされます。そして、経費管理の担当の方がその領収書を一枚一枚確認しながら日付順にデータ化していくという作業が必要ですよね。

しかし、法人カードを使っていたらどうでしょう。

法人カードは追加カードと呼ばれる、社員に渡すことのできる子カードをいくつも作ることができるのです。

そしてその追加法人カードがいつ、どこで、何に使用されたかはインターネットを通して常に明細票にまとめられていきます

これを使えば誰かが手作業で入力していくことなく、表として出力された明細票をコピーしてくるだけでまとめ終わります。

これだけでも、経費管理で人を一人雇ったのと同じくらいのメリットかもしれません。

また、社員の側から見ても、いちいち現金で支払ったり、経費立替をしたり、領収書を保管する必要がないので大きなメリットです。





個人利用と法人利用を簡単に分けられる


法人カードを利用することで、個人経費と法人経費の区別をはっきりつけることができるというメリットがあります。

業務上必要な支払いは法人カードを利用し、個人的な支払いは自分で支払うといった形にすることで、出費の出所が明確になり、経理の透明化に繋がります。



キャッシュ・フローがよくなるというメリット


2つめの大きなメリットはキャッシュ・フロー(お金の流入出量)がよくなるという点です。

法人カードで支払いをすれば、料金の引き落としまでに大体3ヶ月程度の猶予期間があります。この間に、使えるお金が手元にあるというのが大きなメリット

もし、何かの事業で法人カードを使い100万円決済したとしても、引き落とされるのは先の話なので、手元にキャッシュとしてある100万円を他の事業に有効活用することができます。

基本的に支払いはできるだけ遅らせたほうがキャッシュフローは増大し、資金運用の幅も広がると言われており、そういった意味では事業を最短時間で拡大したい方には法人カードは必須アイテムかもしれません。

これは普通の個人クレジットカードにも言えることですが、特に資金繰りに厳しいビジネスの場面においてはさらに重要なこと。

起業して間もない会社や個人事業主の方はこのメリットを上手く利用することで、ビジネスを円滑に進めることができるでしょう。





他社と差がつくビジネスサービス特典


3つ目のメリットは、法人カードなら普通の個人クレジットカードではありえない、ビジネスに特化した様々なサービスを利用することができるというメリットです。

アメリカン・エクスプレス・ゴールド・ビジネス・カードを例に、いくつか見てみましょう。



年会費無料でビジネス情報が手に入る「ジー・サーチ」


アメックスのビジネスカードを利用していれば、膨大なデータベースの情報を年会費無料で利用することが可能。

「帝国データバンク企業情報」といった信頼できるデータをオンラインで入手できます。

企業情報、人物情報、特許情報など、日本最大級のデータベースを、法人カードを持っているだけで自由に使用可能です。


ビジネス情報を代行で調べてくれるレポートサービス


国内・海外問わず、あらゆる企業の信用情報調査やスクリーニングを情報調査のプロフェッショナルがおこなってくれます。

忙しくてなかなか自分で情報を調べる時間がないという法人の方には、この代行サービスはレポート形式で報告してくれるのでとても便利。

通常なら年間登録料50,000円のサービスを年会費無料で受けられるのでかなりお得です。


経営コンサルティングを受けられる窓口サービス


普通に依頼すればかなりの料金がかかるコンサルティングサービスですが、アメックスの法人カードを使っていれば、自分に合った経営コンサルタントを紹介してもらい、窓口にて経営相談をすることができます。

業績に伸び悩んでいる、個人事業主や中小企業経営者の方々には、とても頼りになるメリットですね。





また、国際ブランドがVISAのビジネスカードは、「ビジネスグルメオファー」というサービスを受けられます。

これは、大切な取引先の接待や会食、社内の親睦などといった、大事なビジネスの飲食場面を支えるメリット。

予約が優遇されたり、特別割引価格で受けられたりとたいへん便利です。

その他にも、様々な法人カードに共通している機能として、タクシーチケットサービスや、国内・海外出張の保険金の額が大きいなど、ビジネスパーソンにとって、あったら嬉しいメリットがたくさんあります。



個人カードよりも断然ポイントとマイルが貯めやすい


4つ目のメリットは、経費の支払いで貯まったポイントやマイルを、次の経費削減のために使うことができるというメリットです。

法人カードも普通の個人クレジットカードと同様に、使えば使うほどポイントやマイルが貯まります。

しかし、法人カードで毎月扱う金額は、個人カードのそれとは比較にならないほど大きなものになるので、個人カードよりもかなり短いスパンで還元を受けることができます

経費の支払いで貯まったポイントやマイルを、次の経費支払いに当てることができるというのはビジネス面で大きなメリットとなりますね。



追加カードで出張社員に保険が付けられるというメリット


5つ目のメリットは、法人カードを持っているだけで様々なことに保険がつくというメリットです。

法人カードには、旅行傷害保険、疾病治療保険、ショッピング保険などの保険が付帯しているものがあります。

さらに、それらの保険は追加カードに対しても適用されるので、出張に行く社員がいるときなど持って行ってもらうだけで新しく保険に加入する必要が無くなるのです。

保険金の額も5000万円1億円など充分すぎるほど。

追加カード自体の年会費は安いことが多いので、コスパよくハイスペックな保険を社員につけることができるかなりお得なメリットです。





メリット総まとめ&おすすめ法人カード比較

最後に、ここまで読んできた法人カードのメリットについておさらいしましょう!

  • ■メリット①:法人カードで経費の管理が圧倒的に楽に!

  • ■メリット②:キャッシュ・フローがよくなるというメリット

  • ■メリット③:他社と差がつくビジネスサービス特典

  • ■メリット④:個人カードよりも断然ポイントとマイルが溜めやすい

  • ■メリット⑤:追加カードで出張社員に保険が付けられるというメリット


ビジネスを進める上で法人カードというものがどれだけの差を生み出すのか、これを見るだけで一目瞭然ですね。

法人カードを使うことによるメリットを知ったあなたはこれから先、法人カードを人よりも有効活用できるはずです!

しかし法人カードのメリットを知ったところで、自分に合った法人カードを見つけることができなければ最大限に活用することはできませんね

そこで、当サイトの誇る50枚もの法人カード詳細情報を徹底比較し、用途別におすすめの法人カードを厳選しているページをご紹介します!

こちらのページでメリットを知ったついでに事業にあった法人カードを割り出してみてはいかがですか?

おすすめ法人カード
~50枚の中から用途別に厳選~
ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。
おすすめ法人カード特集
法人カードの基礎知識
審査と年会費について
法人カードお役立ち情報
各ビジネスカード特集
法人カードニュース・法改正
ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。

目次