TOP PAGE TOP MENU

トップ > 好調の会社は知っている法人カードを利用する11のメリット

法人クレジットカードのメリット

法人カード

それは、あなたのビジネスにおいて欠かせない多くの機能を1枚に凝縮したもの。もし、今あなたが経営や事業の業績が上手く行かず悩んでいたり、同業他社に利益で差を付けられているのであれば、それは法人カードのメリットを十分に活かしきれていないからかもしれません。

今が見直すチャンスです!

このページでは、「法人カードについてあまり詳しく知らない。」「法人カードを上手く使いこなしたい!」という方に、カードのメリットを11個のポイントにまとめ紹介いたします。

法人カードのポイント11つのメリット




①個人利用と法人利用で明細を分割管理

まず、法人カードを利用することで、個人経費と法人経費の区別がはっきりします。業務上必要な支払いは法人カードを利用し、個人的な支払いは自分で支払うといった形にすることで、出費の出所が明確になるだけでなく、社員の方々も立替の心配がなくなるので安心です。



②法人カードだけのビジネスサービス特典

法人カードを契約すれば、普通の個人クレジットカードでは受けられない数々の恩恵を得ることができます。

アメックスのカードが特にビジネスに特化した、他ではなかなか受けられないサービスを提供しているので、いくつか見てみましょう。



1.年会費無料でビジネス情報が手に入る「ジー・サーチ」

アメックスのビジネスカードを利用していれば、膨大なデータベースの情報を年会費無料で利用することが可能。「帝国データバンク企業情報」といった信頼できるデータをオンラインで入手できます。企業情報、人物情報、特許情報など、日本最大級のデータベースを、法人カードで自由に使用可能です。


2.ビジネス情報を代行で調べてくれるレポートサービス

国内・海外問わず、あらゆる企業の信用情報調査やスクリーニングを情報調査のプロフェッショナルがおこなってくれます。忙しくてなかなか自分で情報を調べる時間がないという法人の方が多いので、この代行サービスはレポート形式で報告してくれるのでとても便利。通常なら年間登録料50,000円のサービスを年会費無料で受けられるのでかなりお得です。


3.経営コンサルティングを受けられる窓口サービス

普通に依頼すればかなりの料金がかかるコンサルティングサービスですが、アメックスの法人カードを使っていれば、自分に合った経営コンサルタントを紹介してもらい、窓口にて経営相談をすることができます。業績に伸び悩んでいる、個人事業主や中小企業経営者の方々には、とても頼りになります。




また、VISAビジネスカードを見てみると、「ビジネスグルメオファー」というサービスもあります。これは、大切な取引先の接待や会食、社内の親睦などといった、大事なビジネスの飲食場面を支える特典。予約が優遇されたり、特別割引価格で受けられたりとたいへんメリットです。

その他にも、様々な法人カードに共通している機能として、タクシーチケットサービスや、国内・海外出張の保険金の額が大きいなど、ビジネスパーソンにとって、あったら嬉しいメリットがたくさんあります。



③社員の利用経費も会社一括管理で楽々メリット

法人カードを使っていない会社と、使っている会社を比べてみましょう。

まず、法人カードを使っていない会社で、社員の方が出張へ行った際に、出先で何か業務に必要な物を買ったとします。その時、現金で支払って領収書をもらうか、その人自身のクレジットカードで支払って、後に利用明細から仕事で使った部分を提出するといったことが起こります。

一方、法人カードを社員にもたせている場合はどうでしょうか。

法人カードの利用記録は、会社全体で一括管理されているので、出張に行っている社員が何人いても、ひとつの明細で管理できるのでとても便利

会社だけでなく、社員の側から見ても、いちいち現金で支払ったり、領収書を保管する必要がないので大きなメリットです。





④追加法人カードで出張社員に保険が付けられるメリット

社員の海外出張が多いという会社には、法人カードが必須といえるでしょう。というのも、海外出張にはトラブルが付きもの。慣れない土地での生活で、事件に巻き込まれたり、大きな怪我をしてしまうなんてことがあります。

万が一のことも考えて、社員の身のことを考えるのは会社の義務。法人カードの傷害保険金の額は5,000万円や1億円といったように、とても大きいです。出張に行く社員一人一人に追加法人カードを発行することで、それぞれに保険が適用されます。

追加法人カードの年会費は安いのでそこまで費用もかかりません。



⑤プライベートでも法人カード利用で福利厚生になる

法人カードは、安い年会費で追加のカードを発行できるのはみなさんもご存知のとおりのメリットですが、その法人カードというのは社員がプライベートでも使うことができます。

例えばプライベートで、海外旅行へ行く際に空港の優待ラウンジが使えたり、旅行傷害保険が適用されたりと、社員にとって大きな福利厚生になります。

ただし、大企業のコーポレートカードや、中小企業向けの法人カードなどは、利用額が会社の費用に一括で計上されてしまうので、社員の乱用などに注意する必要があります。上手くサービスなどが使えるように、徹底した指導が必要です。



⑥年会費を経費として扱える税金対策メリット

法人カードの年会費は、会社の費用として計上することができます。個人クレジットカードと違って、ゴールドやプラチナといったサービスがとても魅力的だけど、年会費が高くてなかなか手が出せないと入った場合でも、費用計上されることを考えるとお得です。



⑦法人カードで経費の計上漏れをなくせる

出張先での支払いだけでなく、日々のオフィス用品の発注や携帯電話料金、保険料、サーバー料金などといった、経営上必要な費用をすべて法人カードで支払うことで、会社の運用費用を漏れなく、一括で明細で管理することが可能。

会計処理の手間も少し解消されるので、個人事業主の方などにも大きなメリットです。



⑧法人カード利用で経費のチェックがしやすくなる

法人カードは、会社全体の利用額を一気にまとめて管理することができるので、いつ、誰が、どのくらい使ったのかを明細で見ることができます。したがって、お金の無駄遣いをチェックすることが簡単になり、余計な出費を抑えることが可能です。



⑨キャッシュ・フローがよくなるというメリットも

法人カードで支払いをすれば、料金の引き落としに大体3ヶ月程度の猶予期間があります。この間に、使えるお金が手元にあるというのがポイント

もし、何かの業務で100万円を利用したとしても、引き落とされるのは、まだ先の話なので、手元にキャッシュとしてある100万円を他の事業などに有効活用することができます。

これは普通の個人クレジットカードにも言えることですが、特に資金繰りに厳しいビジネスの場面においてはとても重要なこと。特に、起業して間もない会社や個人事業主の方は法人カードを上手く利用することで、ビジネスを円滑に進めることができるでしょう。





⑩出張でもポイントとマイルを貯められるメリット

法人カードも普通の個人クレジットカードと同様に、使えばお得なマイルやポイントが貯まります。特に、国内・海外出張などで飛行機を使う機会が多い場合、利用する額も必然的に多くなるため、マイルが貯まるスピードも速いです。

法人の方こそ、クレジットカードを持つべきであると言えるでしょう。



⑪振込手数料がなくなるので手間がかからずお得!

クレジットカードの一般的なメリットといえば、振込手数料がかからなくなることですよね。一般的にネットでショッピングした場合や習い事などで月額料金を振り込む際に、一回一回支払いを行うと、その都度、振込手数料を支払うハメになり、費用がかさみます。

そこをクレジットカードで支払えば、月終わりに一括で利用額が引き落とされるので、振込手数料もかからず節約になります。


以上、法人カードのメリットについてご紹介させていただきました。法人カードによって経理などの事務作業が効率化するだけでなく、カードごとに様々なサービスが付帯しているため、福利厚生として利用することも可能です。

法人の方、特に個人事業主や中小企業の方で、法人カードのお申込みをまだされていない方がいらっしゃいましたら、是非この機会にご検討下さい。




法人・個人事業主向けのおすすめクレジットカード

横にスクロールできます!


ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

クレジットカード総合代理店「株式会社CARDS」の社長を務める経営者。
クレカマニアで、法人カードに関する知識も相当深い。
Amazonギフト券キャッシュバックキャンペーン 法人クレジットカード申し込み時の実質的支配者申告について
法人カードの基礎知識
年会費について
付加メリット
法人カードニュース・法改正
各ビジネスカードの特集
ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

クレジットカード総合代理店「株式会社CARDS」の社長を務める経営者。
クレカマニアで、法人カードに関する知識も相当深い。

目次