ビジネスカードの税金・勘定科目について

法人カード年会費の税金と勘定科目
法人カードの年会費の扱いは、皆さん非常にわかりにくいところですよね。
特に

  • 経費として会計してしまって良いのか?
  • 年会費の勘定科目ってどれ?
  • 年会費に消費税ってかかっているの?

こういった疑問を良く目にします。
そういった方々にお応えできるよう、このページでは年会費についての基礎知識についてご説明していきたいと思います。

    会社用クレジットカードの年会費は会計上の経費になるのかどうか?

    カードの年会費は経費なのか?そうでないのか?

    それではまずは法人カードの年会費は経費になるのか、といったことからご説明しましょう。

    単刀直入に言えば、法人カードを事業用として使用している限り、年会費は経費として計算されます。 経費は、かなり大雑把にいえば、仕事をするのにかかったお金です。

    これは法人カードの使用も業務の一部に入っているためだと考えられます。
    しかし、個人事業主の場合など、法人カードをプライベートでも使用している場合は注意が必要です。

    主に事業用としてカードを使用して、ごくたまに私用で使ってしまったというのならば、経費で計算してもそれほど問題にはならないでしょう。

    しかし、プライベート中心に使っているカードを、たまに仕事でも使うからと言って年会費を経費としてしまうことにはいささか問題があるようです。


    法人カード年会費の勘定科目は何なのか

    つづいて勘定科目について。

    年会費を勘定する際に、どの科目に入れるべきなのか迷ってしまうことがありますよね?

    一般的に多くの場合は、支払い手数料と勘定しているようです。 クレジットカードは、経費の支払いに使用されることから、支払いにかかるお金として考えるというものです。

    また、諸会費として計上することもあります。 法人カード会員になるための会費として考えます。

    クレジット機能のほかにも、さまざまなサービスが利用できますから、諸会費のほうが腑に落ちるという人もいるかもしれませんね。 また、気をつけなければならないのはカード利用によって貯まったポイントやマイルの事です。

    法人クレジットカードの利用によって貯まったポイントやマイルは収入として考えなければなりません


    消費税ってかかっているの?

    法人カードの年会費に消費税はかかるのか。 この事に戸惑ってしまう、法人経営者様や個人事業主様も少なくないようです。 消費税はかかるのか、かかるとしたらなにを消費しているのか。

    このように消費税が発生する仕組みが一見分かりづらいのが原因でしょう。 結論から言えば、消費税はかかります。 年会費は、クレジットカード会社が提供しているクレジットカードサービスを受けるための費用です。

    サービスを受けるのにも消費税はかかりますから、当然年会費にも消費税が必要となります。 たとえ、付属のサービスとして保険などが提供されていたとしても、課税の対象となるため注意しましょう。

    年会費には消費税が加算されます


    年会費が高くても経費計上出来るので安心!

    さてここまでは、法人クレジットカード年会費の扱い方について説明してきました。ここまでの内容をまとめると、重用なポイントは以下の3点。

    • 法人カード年会費は経費として計上可能
    • 勘定科目は「支払い手数料」または「諸経費」
    • 年会費にも消費税がかかる


    ここで注目したいのが、年会費が経費として計上することが出来るということ。

    年会費を経費として計上出来るということは、法人カードを選ぶ際に、年会費をそれほど気にする必要はないということ。

    法人カードの申し込みを検討しているあなたには、是非年会費よりも機能やステータスで比較することをおすすめします。

    ではどのカードを選べば良いか?
    ここからはその疑問にお答えしていきます。

    ちょっと年会費は高いですが、機能性抜群・サービス満載・ハイステータスのワンランク上の法人クレジットカードはこちら!


    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    おすすめ法人クレジットカード:アメックスビジネスゴールドカード アメックスビジネスゴールドカード特徴


    個人用クレジットカードでもおなじみの「アメックス」のゴールド法人カード。それがアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。

    アメックスといえば、高機能・ハイステータスカードとして有名ですが、年会費も高いイメージがありますよね。

    たしかにアメックス・ビジネス・ゴールドの年会費は31,000円と、ゴールド法人カードの中でもお高め。

    あなたも「年会費が高いから」と選択肢から外してしまっているかもしれません。

    しかし、それだけで敬遠してしまうのは、あまりにももったいない!

    アメックス・ビジネス・ゴールドには31,000円払ってもお釣りが来るほどの価値あるメリットが満載なのです。

    その主なメリットは以下の4つ!

    • 高ステータスでどの場面でも安心
    • 限度額・付帯保険などの基本スペックが高い
    • 様々なビジネスシーンで「使える」サービス
    • 申し込み審査に通りやすい


    ビジネスで使うクレジットカードだからこそ、ステータスと機能性は、法人・個人事業主関わらず非常に重用。

    アメックスなら、どこで出しても恥ずかしくないステータスがあるので、1枚持っておくと便利です。

    限度額は審査によって決められますが、融通が効きやすく、月に何百万円という限度額を確保することもできます。

    また、海外旅行時に使えるサービスが多いのもおすすめポイント。

    海外でのホテル予約、国内外空港ラウンジ、旅行先での日本語サポート、海外旅行保険など、役立つサービスが目白押しです。

    驚くべきは、これだけのメリットがありながら、審査に通りやすいという特徴があること!
    設立1年未満の会社でも審査に通過したという声が上がっています。


    このように、経営者・個人事業主にとって嬉しいメリット満載のアメックス・ビジネス・ゴールド。当サイトで掲載している法人カードの中でも、かなりおすすめの一枚です。

    人気のカードですので、アメックス・ビジネス・ゴールドの申し込みを検討している方は多いかと思いますが、そんなあなたに朗報です。

    当サイトからアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード申し込むと・・・
    31,000円の年会費が初年度無料に!

    もしアメックス・ビジネス・ゴールドの導入を検討しているなら、当サイトからの申し込みがお得です!

    新着法人カード:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの画像 アメックス・ビジネス・ゴールド
    詳細はこちら



    年会費が安いおすすめ法人カード

    年会費が経費計上可能ということで、会費が高いアメックス・ビジネス・ゴールドをご紹介しました。

    ですが、
    「やっぱり年会費は安く抑えたいなぁ」
    と思われているかもしれません。

    ですので最後に、年会費が安い法人カードをご紹介したいと思います。

    今回ご紹介するのはこちらの3枚!

    • Ex Gold for Biz M iD×QUICPay
    • JCB一般法人カード
    • 楽天ビジネスカード


    それでは順番に見ていきましょう。


    オリコEx Gold for Biz iD×QUICPay

    年会費が安いおすすめクレジットカード:オリコEx Gold for Biz iD×QUICPay オリコEx Gold for Biz S iD×QUICPayカード特徴


    こちらはオリコが発行する法人カード「エグゼクティブゴールドフォービズ エム」。こちらもETCカードを無料で発行することができる優れものです。

    年会費は2,000円ですが、なんと初年度は無料で使用することができます。少しでも経費削減したい方には嬉しい特典ですね。

    追加カードが3枚まで無料で作れるため、カード利用者が4人以下の比較的小規模な企業であれば、追加費用が発生しません。

    またキャッシング機能が付いているので、いざというときに資金調達することが可能。

    その他、貯まったポイントをマイレージに移行することができたり、オリコが提供する福利厚生サービスであるライフ倶楽部サポートを優待価格で利用できるなど、特典は多岐にわたります。

    新着法人カード:EX Gold for Biz iD×QUICPayの画像 Ex Gold for Biz
    詳細はこちら



    JCB一般法人カード

    おすすめ法人クレジットカード:JCB法人カード JCB法人カード特徴


    こちらは日本のカード会社であるJCBが発行している法人カード。日本のカード会社なので、国内で使う分には加盟店の心配はほとんど必要ありません

    年会費は1,250円とかなりお安いのに、ETCカードも無料で複数枚発行できるところが魅力です。

    普段車を頻繁に使用するような企業であれば、この「ETCカードが無料で複数発行できる」という特典は目からうろこではないでしょうか。

    そしてJCB法人カードのメリットといえば、カード付帯サービスが非常に充実している点。JCB一般法人カードはその名の通り一般券面で、ゴールドカードでもなんでもありませんが、付帯サービスに関しては充分すぎるほどです。

    飛行機や新幹線のチケット手配、オフィス備品の調達といった便利なビジネスサポートサービスが、年会費たったの1,250円でついてくるのはとても大きなメリット。

    年会費やコストパフォーマンスの面で言えば、まさに最高クラスの一枚と言えるでしょう。

    新着法人カード:JCB法人カードの画像 JCB法人カード
    詳細はこちら



    楽天ビジネスカード

    おすすめ法人クレジットカード:楽天カード 楽天カード特徴


    ご存知楽天カードの法人・個人事業主向けのサービス
    それがこの「楽天ビジネスカード」です。

    こちらも年会費が安いカードとしてご紹介させていただきます。ですがご覧のとおり楽天ビジネスカードの券面はゴールドです。

    本当に年会費が安いの?
    と疑っている方もいらっしゃるでしょう。その辺りのお話を含めて、楽天ビジネスカードのご紹介をさせていただきたいと思います。

    実はこの楽天ビジネスカード、先にご紹介した他2枚のカードとは全く異なった特徴を持っています。そもそも楽天ビジネスカードは個人用の「楽天プレミアムカード」の付帯カードなのです。

    つまり楽天プレミアムカードに付帯する、年会費2,000円の法人向け追加カードという扱いになるわけです。

    ですから、厳密には楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードの年会費を合わせた金額がかかる、ということ。合計で年間12,000円の年会費を支払うことになります。

    金額だけ見ると、他の2枚のカードよりもかなり高く見えますが、そんなことはありませんよ!

    何度もお伝えしているように12,000円は個人用と法人用の2枚のカードを合わせた金額です。しかも楽天ビジネスカード自体の年会費は2,000円と安く、既に楽天プレミアムカードをお使いの方にとっては、年会費2,000円で法人カードを手に入れることが出来るようなもの

    個人利用と業務利用を使い分けられる、貯まったポイントを共有できるなど、個人カードに付帯する楽天ビジネスカードならではのメリットもあります。

    またカード自体の性能も高く、非常にコストパフォマンスに優れた一枚であることは間違いありません!

    中でもわたくし管理人がおすすめしたいのが、プライオリティ・パスがタダで使える点。特典無しでプライオリティ・パスを使おうとすると、通常なら年間$399もの年会費がかかります

    それだけ価値のあるサービスをこの値段で体験できるカードは他にありませんよ!しかもこれだけでも年会費分の元はじゅうぶん取れていますよね。

    年会費が安い、コスパに優れた法人カードをお探しの方は、是非楽天ビジネスカードも候補に加えてみてはいかがでしょうか?

    法人カード:楽天ビジネスカードの画像 楽天ビジネス
    詳細はこちら


    その他の法人クレジットカードの比較情報や、法人カード申し込み数ランキングなども気になる方、以下のページをチェックしてみてください。

    当サイトの「法人カード一括検索」機能で50種類の法人カードの中から目的にあった法人カードをピンポイントで見つけることができますよ!

    法人クレジットカードの申し込み数ランキングと比較情報はこちら




    ご紹介したおすすめ法人カードはこちら

    ゴールドカードの中でも最高のステータスを持つアメックス・ビジネスのメリットと審査情報

    年会費2,000円で持てるコスパ最強ゴールド!オリコEx Gold for Bizの「7つ」のメリットはこちら

    JCBのプロパー法人カードが年会費1,250円で持てる!安心感・コスパを備えたJCB法人カード

    年会費10,000円とは思えないコストパフォーマンス!楽天ビジネスカードに申し込むべき5つの理由

    アメックスゴールド
    ナビゲータープロフィール
    法人カードマニアのたけし

    たけし(35)

    大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
    クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。