法人カード年会費の勘定科目と消費税について | 法人カード比較ナビ

ビジネスカードの税金・勘定科目について

法人カード年会費の消費税について
法人カードの年会費や消費税の扱いは、経営者や経理担当者にとって非常にわかりにくいところ。

特に、以下のような疑問を良く目にします。

  • 経費として会計して良いのか?」
  • 「年会費の勘定科目ってどれ?」
  • 「年会費に消費税はかかるのか?」

このように思われている経営者様に向け、こちらでは法人カードの年会費の勘定項目や消費税についてを解説。
消費税はかかるのか、消費税がかかるとしたら何を消費していることになるのか。

このような法人カードの消費税に関する事から、法人カードをを選ぶときに年会費をそこまで気にしなくて良い理由もご紹介します。

さらに、ページの最後で当サイトおすすめの法人カード総合ランキングをご紹介するので、申し込みを検討中の方はそちらから申し込むこともできます。

冨田建【記事監修】
冨田 建(とみた たける)
不動産鑑定士・公認会計士・税理士。43都道府県で不動産鑑定業務を経験。著書執筆や雑誌・会報等への寄稿のほか、士業向け研修講師の実績も多数。





    会社用クレジットカードの年会費は会計上の経費になるのかどうか?

    まず、法人カードの年会費は経費になるのか?単刀直入に言えば、法人カードを事業用として使用している限り、年会費は経費として計算できます

    これは法人カードの使用も、業務の一部に入っているためだと考えられます。

    また、個人事業主の個人カードであっても事業に必要なものであれば経費計上できます。

    法人カードをプライベートでも利用している場合は、法人カードの利用割合に応じて経費として計上する必要があります。これを「按分(あんぶん)計算」と呼びます。

    例えば、その法人カードを仕事に6割程使用しているなら、年会費の6割のみ経費として計上するのです。

    法人カードの年会費は経費として扱えることを説明しました。続いては、法人カードの年会費はどの勘定科目に入るのかを解説いたします。



    法人カード年会費の勘定科目は何なのか

    続いて、法人カードにかかる年会費の勘定科目について解説していきます。

    カードの年会費を計上する際に、どの勘定科目に入れるべきなのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

    一般的には、法人カードの年会費は支払手数料として計上されています。

    クレジットカードは経費の支払いに使用されることから、決済の手続きにかかるお金として考えるというものです。

    また、諸会費として計上することもあり、その場合は法人カード会員になるための会費として考えます。

    勘定科目概要と例
    支払手数料企業の取引によって生じる、手数料や手間賃、報酬の支払いのこと。

    【例】
    • クレジットカードの年会費
    • ・銀行の振込手数料
    • ・弁護士や税理士への報酬
    • ・為替手数料
    など
    諸会費企業が業務上で加入している商工会議所や自治会など、様々な団体に支払うべき会費(年会費)のこと。

    【例】
    • クレジットカードの年会費
    • ・同業者団体や商工会議所の会費
    • ・加入団体へ支払った協賛金
    • ・組合費や割賦金
    など

    ただ、どちらの勘定科目で計上するにしても、何らかの正当な変更理由がない限り、一度決めた勘定科目は継続して使わなければなりません。

    例えば、「去年は諸会費でつけたけど、今年は支払手数料で」といったことはできないので注意しましょう。



    ずばり、法人カード年会費に消費税はかかる!

    法人カード年会費の消費税画像 税金のうち、こちらも非常に多く方が迷われるであろう「法人カードの年会費に消費税はかかるのか」という点をご説明していきます。

    実際に聞いてみると、この点に戸惑う経営者様や個人事業主様、経理ご担当者様は多いです。
    消費税はかかるのか、かかるとしたら何を消費していることになるのか?

    結論から言うと、法人カードの年会費は課税対象のため消費税がかかります。

    消費税に対して、「事業者が事業として行う取引は、消費税の課税対象」と国税庁が定めています。

    そして、「何を消費しているのか?」の答えは、クレジットカード会社が提供しているサービスを享受するという消費と言えます。

    皆さんも街で様々なサービスを受けるかと思いますが、もちろん消費税がかかります。
    同様にカード会社のサービスを享受するための年会費にも消費税が必要になります。



    カード年会費にかかる消費税の基礎知識

    法人カードの年会費は消費税の軽減税率の対象外なので10%。カード会社による消費税率の違いはありません。

    カードの年会費にかかる消費税の仕分け方法は、一番のおすすめはカード年会費の消費税だけ特別に考えず、他の経費と同じようにすること

    法人カード年会費には消費税がかかるため、年間売上1000万円を超える課税事業者は課税仕入れとして仕入税額控除を忘れないように注意しましょう。



    年会費は高くても経費計上出来るので安心!

    ここまで法人クレジットカードの年会費の扱い方や消費税について説明してきましたが、内容をまとめると重要なポイントは以下の3点。

    • 法人カードの年会費は原則として経費計上可能
    • 勘定科目は「支払手数料」、または「諸会費
    • カード年会費は課税対象のため消費税がかかる

    法人カード年会費の基礎知識として上記の3つは抑えておきましょう。

    そして、年会費を経費計上できるということはつまり、法人カードを選ぶ際に年会費をあまり気にする必要はないということ。

    そのため、もしあなたが法人カードを年会費の高い安いで決めようとしているのであれば、年会費よりも機能やステータスで重視して、比較検討する方法をおすすめします。

    当サイトは、50種類以上もの法人カードから厳選したおすすめのカードを徹底比較しており、年会費はもちろん、法人カードを選ぶ際に重要とされる項目ごとにランキングにしています。

    どの法人カードが自分に合っているのかわからない
    おすすめの法人カードがどれか知りたい

    このようにお思いの方は、次でご紹介する法人カード総合ランキングの中から選んでみてはいかがでしょうか。

    最終更新日:

    法人カード総合ランキング
    \ 2020年最新の人気法人カード /

    ※集計期間:2020年5月~2020年9月
    おすすめ度
    アメリカン・エキスプレス・
    ビジネス・ゴールド・カード

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    個人事業主や設立1年目の法人でも申込可能

    世界的ステータスのアメックス。初年度無料で保有できる。利用額に応じて最大30,000ポイントを獲得可能。もちろん、サービスはハイクオリティー。

    おすすめ度
    JCB法人カード

    JCB法人カード

    王道法人カード!入会キャンペーン中

    年会費は1,250円+税と最安クラス。JCBが提供する付帯サービスの種類も多く、様々なビジネスシーンであなたを助けます。まさに王道法人カード。

    おすすめ度
    NTTファイナンスBizカード

    人気法人クレジットカード:NTTファイナンスBizカード

    初めてでも安心!年会費無料なのに高性能!

    ポイント還元率は常時1%。貯めたポイントはカード支払い料金に充てることも可能。初めての方にもおすすめできる安くて高性能なレギュラーカード。

    おすすめ度
    オリコEX Gold for Biz
    オリコEX Gold for Biz

    オリコEX Gold for Biz

    使いやすさNo.1の人気ゴールドカード!

    旅行傷害保険、ショッピングガード保険等、充実した保障を実現しながら、2,000円+税という割安な年会費を実現した法人クレジットカードです。

    おすすめ度
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    セゾンプラチナ

    JALマイルが最も貯まるプラチナカード

    プラチナランクにも関わらず年会費なんと20,000円+税。JALマイル還元率は驚異の1.125%、空港サービスも充実!