ビジネスカードの税金・勘定科目について

法人向けクレジットカードマスターTくん
法人カードの年会費の扱いは、皆さん非常にわかりにくいところですよね。

特に下記のような疑問を良く目にします。

  • 「経費として会計してしまって良いのか?」
  • 「年会費の勘定科目ってどれ?」
  • 「年会費に消費税ってかかっているの?」

そういった方々にお応えできるよう、このページでは年会費についての基礎知識についてご説明していきたいと思います。

    会社用クレジットカードの年会費は会計上の経費になるのかどうか?

    カードの年会費は経費なのか?そうでないのか?

    それではまず法人カードの年会費は経費になるのか、といったことからご説明しましょう。

    単刀直入に言えば、法人カードを事業用として使用している限り、 年会費は経費として計算されます。 経費とは、かなり大雑把にいえば、仕事をするのにかかったお金のこと。

    これは法人カードの使用も、業務の一部に入っているためだと考えられます。ただ、個人事業主の場合など、法人カードをプライベートでも使用している場合は要注意。

    法人カードをプライベートとも兼用している場合は、 法人カードの利用割合に応じて経費として計上する必要があり、このことを按分計算と呼びます。 例えば、その法人カードを仕事に6割程使用しているなら、年会費の6割のみ経費として計上するのです。

    法人カードの年会費は経費であるとわかって頂けましたか?続いては、法人カードの年会費は勘定科目に入るのかを解説いたします。



    法人カード年会費の勘定科目は何なのか



    続いて、法人カードにかかる年会費の勘定科目について解説していきます。

    年会費を勘定する際に、どの科目に入れるべきなのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

    一般的には、法人カードの年会費は支払い手数料として勘定されています。 クレジットカードは経費の支払いに使用されることから、支払いにかかるお金として考えるというものです。

    また、諸会費として計上することもあり、その場合は法人カード会員になるための会費として考えます。

    ただ、どちらの勘定科目でつけるにしても、その勘定科目は継続して使わなければなりません。「去年は諸会費でつけたけど、今年は支払手数料で」といったことはできないので注意しましょう。



    消費税ってかかっているの?

    「法人カードの年会費に消費税はかかるのか。」

    この点に戸惑ってしまう法人経営者様や個人事業主様も多くいらっしゃいます。 消費税はかかるのか、かかるとしたらなにを消費しているのか。

    結論から言うと、法人カードの年会費は課税対象のため消費税が掛かります。年会費は、クレジットカード会社が提供しているクレジットカードサービスを受けるための費用です。

    サービスを受けるのにも消費税はかかりますから、当然年会費にも消費税が必要になります。 たとえ、付帯サービスとして保険などが提供されていた場合も同様で、課税対象となるため注意しましょう。



    年会費は高くても経費計上出来るので安心!

    ここまで法人クレジットカード年会費の扱い方について説明してきましたが、内容をまとめると重要なポイントは以下の3点。

    • 法人カード年会費は経費として計上可能
    • 勘定科目は「支払い手数料」または「諸会費
    • 年会費は課税対象のため消費税がかかる

    ここで注目したいのが、年会費を経費として計上することが出来るということ。

    年会費を経費として計上出来るということはつまり、法人カードを選ぶ際に、年会費をあまり気にする必要はないということです。

    そのため、もしあなたが法人カードの申し込みを検討しているのであれば、 年会費よりも機能やステータスで比較することをおすすめします。

    当サイトは、50以上の法人カードから厳選した、おすすめの法人カードを徹底比較しており、法人カードのことを熟知しています。

    どの法人カードが自分に合っているのかわからない
    おすすめの法人カードがどれか知りたい

    このようにお思いの方は、下記リンクより、あなたにピッタリの法人カードを見つけていただけると幸いです。





    逆に、ここからは手っ取り早くおすすめの法人カードが知りたいという方に向けて、 年会費別に4枚ピックアップしてご紹介いたします。 ではどのカードを選べば良いかわからない方は、一緒に見ていきましょう!

    ちょっと年会費は高いですが、機能性抜群・サービス満載・ハイステータスのワンランク上の法人クレジットカードはこちら!


    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    おすすめ法人クレジットカード:アメックスビジネスゴールドカード アメックスビジネスゴールドカード特徴


    個人用クレジットカードでもおなじみの「アメックス」のゴールド法人カード。それがアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードです。

    アメックスといえば、高機能・ハイステータスカードとして有名ですが、年会費も高いイメージがありますよね。 たしかにアメックス・ビジネス・ゴールドの年会費は31,000円と、ゴールド法人カードの中でも高め。

    あなたも「年会費が高いから」と選択肢から外してしまっているかもしれません。しかし、それだけで敬遠するのはもったいないです。

    なぜなら、アメックス・ビジネス・ゴールドには31,000円払ってもお釣りが来るほど、価値あるメリットが満載なのです。

    その主なメリットは以下の4つ。

    • 高ステータスで世界に通用
    • 限度額・付帯保険などの基本スペックが高い
    • 様々なビジネスシーンで「使える」サービス
    • 国内外の主要空港ラウンジが使える


    ビジネスで使うクレジットカードだからこそ、ステータスと機能性は、法人・個人事業主関わらず非常に重要。

    その点、アメックスであれば世界に通用するステータスがあります。審査によって決められる限度額に関しても、融通が効きやすく、月に何百万円という限度額を確保することも可能。

    また、海外旅行時に使えるサービスが多いのもおすすめポイントの1つと言えるでしょう。海外でのホテル予約、国内外空港ラウンジ、旅行先での日本語サポート、海外旅行保険など、役立つサービスが目白押しです。

    驚くべきことに、これだけのメリットがありながら審査がそれほど厳しくないということ。審査には個人や法人格でのステータスが重要になってきますが、設立1年未満の会社でも審査に通過したという声が上がっています。

    このように経営者・個人事業主にとって嬉しいメリットが満載の「アメックス・ビジネス・ゴールド」。当サイトでご紹介している法人カードの中でも、非常におすすめの1枚。

    さらに、今なら当サイトから「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」に申し込むと、年会費31,000円が初年度無料になります。

    クレジットカードにステータスを求めるのであれば、「アメックス・ビジネス・ゴールド」を検討してみてはいかがでしょうか。

    新着法人カード:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの画像 アメックス・ビジネス・ゴールドの詳細はこちら »



    年会費が抑えられるおすすめ法人カード

    年会費が経費計上可能ということで、年会費の高い「アメックス・ビジネス・ゴールド」をご紹介しました。

    しかし、「やっぱり年会費は安く抑えたい」と思われている方も多いはず。そこで、最後に年会費が安い法人カードを3つご紹介したいと思います。

    今回ご紹介するクレジットカードはこちら
    • Ex Gold for Biz M
    • JCB一般法人カード
    • 楽天ビジネスカード


    それでは順番に見ていきましょう。


    オリコEx Gold for Biz

    EX-Gold-for-Biz オリコEx Gold for Bizカード特徴


    こちらはオリコが発行する法人カード「エグゼクティブゴールドフォービズ エム」。

    ETCカードを無料で発行できたりと圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。

    年会費は2,000円ですが、なんと初年度は無料で使用することができます。少しでも経費削減したい方には嬉しい特典ですね。

    さらに、追加カードが3枚まで無料で作れるため、カード利用者が4人以下の比較的小規模な企業であれば、追加費用が発生しません。

    また、キャッシング機能が付いているので、いざというときに資金調達することも可能。

    その他、貯まったポイントをマイレージに移行することができたり、オリコが提供する福利厚生サービスであるライフ倶楽部サポートを優待価格で利用できるなど、特典は多岐にわたります。

    「年会費は抑えめでも、しっかりとしたサービスを受けたい」、そんな要望にも応えてくれるのはオリコ「Ex Gold for Biz」です。


    EX-Gold-for-Biz Ex Gold for Bizの詳細はこちら »



    JCB一般法人カード

    おすすめ法人クレジットカード:JCB法人カード JCB法人カード特徴


    こちらは日本のカード会社であるJCBが発行している法人カード。

    日本のカード会社なので、国内で使う分には加盟店の心配はほとんど必要ありません

    また、年会費は1,250円とかなり安いのに、ETCカードも無料で複数枚発行できるところが魅力です。

    普段車を頻繁に使用するような企業であれば、この「ETCカードが無料で複数発行できる」という特典は非常に魅力的なのではないでしょうか。

    加えて、JCB法人カードのメリットといえば、カード付帯サービスが非常に充実している点。JCB一般法人カードはその名の通り一般券面で、充分すぎるほど付帯サービスが受けられます。

    飛行機や新幹線のチケット手配、オフィス備品の調達といった便利なビジネスサポートサービスが、年会費たったの1,250円でついてくるのはとても大きなメリット。

    年会費やコストパフォーマンスの面で言えば、 まさに最高クラスの1枚と言えるでしょう。

    新着法人カード:JCB法人カードの画像 JCB法人カードの詳細はこちら »



    楽天ビジネスカード

    おすすめ法人クレジットカード:楽天カード 楽天カード特徴


    みなさんご存知の楽天の法人・個人事業主向けのクレジットカード、それがこの「楽天ビジネスカード」です。

    こちらも年会費が安いカードとしてご紹介させていただきますが、ご覧のとおり楽天ビジネスカードの券面はゴールド。

    「ゴールドなのに本当に年会費が安いの?」と思っている方もいらっしゃるでしょう。ここでは楽天ビジネスカードがゴールドカードでも安いと言える理由をご紹介をさせていただきます。

    実はこの楽天ビジネスカード、先にご紹介した他2枚のカードとは全く異なった特徴を持っています。そもそも楽天ビジネスカードは個人用の「楽天プレミアムカード」の付帯カード

    つまり、楽天プレミアムカードに付帯する、年会費2,000円の法人向け追加カードという扱いになります。

    そのため、厳密には楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードの年会費を合わせた金額がかかる、ということ。合計で年間12,000円の年会費を支払うことになります。

    金額だけ見ると、他の2枚のカードよりもかなり高く見えますが、そんなことはありません!

    何度もお伝えしているように12,000円は個人用と法人用の2枚のカードを合わせた金額です。しかも楽天ビジネスカード自体の年会費は2,000円と安く、既に楽天プレミアムカードをお使いの方にとっては、年会費2,000円で法人カードを手に入れることが出来るようなもの

    個人利用と業務利用を使い分けられる、貯まったポイントを共有できるなど、個人カードに付帯する楽天ビジネスカードならではのメリットもあります。

    またカード自体の性能も高く、非常にコストパフォーマンスに優れた1枚であることは間違いありません。

    中でもわたくし管理人がおすすめしたいのが、通常なら年間$399もの年会費がかかるプライオリティ・パスが無料で使える点。 プライオリティパスがあれば、世界中にある空港のVIPラウンジにて上質な時間を過ごすことができます。

    プライオリティパスが無料で使える法人カードは他にもありますが、それは年会費が30,000円以上するプラチナランクでの話。楽天ビジネスカードのコストパフォーマンスがいいと上述した理由はご理解頂けたかと思います。

    年会費が安い、コスパに優れた法人カードをお探しの方は、是非楽天ビジネスカードも候補に加えてみてはいかがでしょうか?


    法人カード:楽天ビジネスカードの画像 楽天ビジネスカードの詳細はこちら »


    その他の法人クレジットカードの比較情報や、法人カードの人気総合ランキングなども気になる方は以下のページをチェックしてみてください。

    以下では、「ゴールド」や「プラチナ」などのランク別比較や、マイルが貯まりやすい、車での移動が多い方におすすめのクレジットカードもご紹介しているので、あなたが求める1枚が見つかるはずです。





    ご紹介したおすすめ法人カードはこちら

    ゴールドカードの中でも最高のステータスを持つアメックス・ビジネスのメリットと審査情報

    年会費2,000円で持てるコスパ最強ゴールド!オリコEx Gold for Bizの「7つ」のメリットはこちら

    JCBのプロパー法人カードが年会費1,250円で持てる!安心感・コスパを備えたJCB法人カード

    年会費10,000円とは思えないコストパフォーマンス!楽天ビジネスカードに申し込むべき5つの理由

    アメックスゴールド
    ナビゲータープロフィール
    法人カードマニアのたけし

    たけし(35)

    大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
    クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。