メリットと詳細情報:首都高ビジネスカードゴールド

  • side
  • side
高速利用が多いならお得!

キャッシュバックにロードサービスとありがたいメリットが多数


首都高ビジネスゴールドカードはJCBカードと首都高速道路サービス株式会社が提携した法人カード。法人カードの導入を検討されている経営者様・個人事業主様必見の首都高ビジネスゴールドカードのメリットを比較してみましょう。

JCBカードと首都高速道路サービス株式会社が提携した法人カード

首都高ビジネスゴールドカードで比較しておきたい最大のメリット。それは法人カードの利用合計金額に応じて、翌月の交通費・出張旅費の最大3%(上限15,000円/月)がキャッシュバックされるサービスでしょう。

交通費・出張旅費にはガソリン代、ETCカード利用代金、航空機や新幹線・特急列車はもちろん、タクシー代やバス代など法人カード決済した費用がすべて含まれます。

毎月の利用金額が5万円以上であればキャッシュバックの対象。キャッシュバックされる条件が比較的ゆるめになっているのも比較しておきたいメリットです。

出張や外回りの営業などが比較的多いという企業にとって、メリットが大きなキャッシュバック。現金による交通費・出張旅費の清算と比較すると、直接的なコスト削減に繋がります

さらに首都高ビジネスゴールドカードには、もしもの時も安心な「JCBロードアシスタンスサービス」が利用可能。必要であればオプションとして法人カードに付帯させることができます。

JCBロードアシスタンスサービス」の年会費は法人カード利用者1名につき980円(税別)。レッカーサービスは10キロまで無料、路上サービスは30分以内無料となっています。

これらのサービスは営業車を多く運行している企業に人気。首都高ビジネスゴールドカードと同時申し込みをおすすめしていますが、もちろん法人カードとは別に後から契約することも可能です。

最後に、法人カード最大のメリット経費の削減についてお話します。使うだけでメリットのあるキャッシュバックはもちろん、カードの利用状況が明細書で把握できることで、経費の明確化というメリットを得ることができます。

また首都高ビジネスゴールドカードに経費をまとめることで事務処理の軽減、そして現金と比較して銀行への振込手数料などを節約できるメリットもあります。

特に外回りの従業員が多く、経費の精算に時間がかかっていたという企業経営者様や経理の担当様にとって、経費に関わる事務手続きが効率化できるのはとても大きなメリットでしょう。

首都高ビジネスゴールドカードを比較してみると、キャッシュバックという直接的なメリット、ロードサービスの安心というメリット、そして経費削減や経費管理の効率化というメリットがあることが分かりました。

他社の法人カードと比較すると、備品や設備の購入よりも、外回りをしている従業員の業務効率化のために選ばれることの多い法人カードとなっています。


他のJCBカード同様、比較的甘い審査が特徴


首都高ビジネスゴールドカードの審査情報を比較します。

JCBカードでは法人向けの提携カードが多数発行されています。JCBの法人カードに共通する審査情報。それは「他社の法人カードと比較すると柔軟な審査が行われている」ということです。

JCBが発行する法人カードについては、起業して間もない企業代表者様や個人事業主も比較的審査に通りやすいと言われています。

首都高ビジネスゴールドカードの申し込み資格を比較してみると、営業年数は特に限定されておらず、法人または個人事業主であれば申し込み可能と、他社と比較しても申し込みの基準は低めに設定されているメリットがあります。

首都高ビジネスゴールドカードの審査については、ここ最近の決算が黒字でありなおかつ、クレジットヒストリー(返済履歴) にマイナスの影響を与える履歴が無い限り、審査落ちしてしまう可能性はほぼないと判断できるでしょう。

もちろん必ず審査に通るとお約束することはできませんが、首都高ビジネスゴールドカードは今回初めて法人カードの契約を考える方にとっても、他社と比較して審査の敷居が低いのは確かでしょう。

審査難易度が低い為初めて法人カードを検討の方に最適

具体的な審査基準は公開されていないため、今後もリサーチを継続し有効な審査情報をお伝えさせていただきます。


首都高ビジネスゴールドカードのスペックの特徴を解説!


ビジネスゴールドカードの年会費は10,000円(税別)。追加法人カードは1枚ごとに3,000円(税別)が必要です。JCBのゴールド法人カードはサービス内容で比較すると、年会費がお得なメリットがあると評価されています。

首都高ビジネスゴールドカードの限度額は50万円~250万円。限度額はすべての総枠となり、基本的にはどのJCBの法人向けゴールドカードを選んでも同じ限度額が設定されているのが特徴です。

一般法人カードと比較すると限度額が大きいというメリットがあるため、複数の従業員が首都高ビジネスゴールドカードを利用したいという時に最適です。

JCBではETCカードは発行手数料・年会費共に無料となっているのが特徴です。首都高ビジネスゴールドカードについてはETCの利用分もキャッシュバックの対象となり、高速道路を利用する機会の多い企業がメリットを感じることができるでしょう。

限度額、年会費などのスペック

もちろん利用代金は首都高ビジネスゴールドカードに一括請求されます。

首都高ビジネスゴールドカードの付帯保険は海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5,000万円。この他にも国内・海外航空機遅延保険が付帯しています。

一般法人カードにはこのような充実した保険は付帯しておらず、海外・国内の出張が多い企業にとって見逃せないメリットとなっています。

首都高ビジネスゴールドカードはショッピングガード保険の対象となり、海外・国内共に最高500万円の補償を受けることが可能。法人カードについては手元に資金を残すため、備品・設備類の購入に利用されることも多くなっています。

90日以内の破損・盗難に備えられるショッピングガード保険があれば安心というメリットを得ることができるでしょう。

JCBカードから発行される法人カードには、この他にもゴルフコンペなどに利用される「ゴルフエントリーサービス」や出張・社員旅行などに便利な「JCBトラベル」、「手荷物無料宅配券(片道)サービス」、「海外ホテルオンライン予約」、「空港ラウンジサービス」などが特典として提供されています。

さらに法人カードとして便利な、「WEB明細」、「チケットレス国内出張」、「福利厚生クラブ」や「健康サービス」、「ビジネスサポート」などのメリットあるサービスが利用可能。

首都高ビジネスゴールドカードがあるだけで、これまでと比較し業務の効率化はもちろん社員の皆様の福利厚生にも役立てることができるようになります。


社有車での高速道路利用が多い法人におすすめ!


首都高ビジネスゴールドカードは キャッシュバック、オプションのロードアシストサービス、無料のETCカード、ゴールドカードならではの付帯保険、充実したJCBの優待特典がメリット。

JCBのポイントプログラム「OkiDokiポイント」には対応していないため、比較してみるとポイントを貯めることや、使うことが煩わしいと感じる経営者様や個人事業主様に選ばれることが多いです。

特にガソリン代や高速料金を含む交通費の支払いに、法人カードはとても使い勝手がいいと高評価。営業車やトラック等を運行している企業では、従業員が領収証を無くしてしまうことがよくあるので困るという意見がありました。

その点首都高ビジネスゴールドカードを利用すれば、レシートや領収証を保存しておく必要はなくなり、これまでと比較して社員の負担や経費の処理にかかる手間を軽減することができるでしょう。

外回りをすることが多い中小企業にとってこのようなメリットは、業務を円滑に進めるために見逃せません。

また個人事業主様の場合、ビジネスとプライベートが混同してしまうことがありますが、首都高ビジネスゴールドカードを利用すれば使い分けも簡単です。

月に5万円以上の利用があればキャッシュバックの対象となり、事業主様や代表者様が一人で使う場合もクリアしやすい条件となっているのが選ばれる理由です。

比較してみると首都高ビジネスゴールドカードについては、ポイントサービスよりも直接的なメリットを感じたいという個人事業主様、ガソリンの給油時や高速道路利用時の支払いをスムーズに済ませることにより、従業員の負担を軽減したいという中小企業経営者様におすすめできます。

また比較的柔軟な審査が行われているため、できるだけ審査に通りやすいゴールド法人カードを求める個人事業主様や、付帯保険や優待特典を重視したい経営者様がメリットを感じられる法人カードになっています。

できるだけ審査に通りやすいゴールドカードを求める個人事業主や付帯保険や優待特典を重視したい経営者におすすめ

ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。