TOP PAGE TOP MENU

トップ > プラチナ > 三井住友ビジネスプラチナカード

メリットと詳細情報:三井住友ビジネスプラチナカード


0.0| 口コミ数:1| アクセス数:5302
  • side
  • side
  • side
最上ステータスの極上プラチナ!

三井住友ビジネスプラチナカードの豪華な2つのメリット

三井住友カードの中でも最高のスペックとステータスを持つ法人カード。それが今回ご紹介する三井住友ビジネスプラチナカードです。

最高ランクのプラチナカードですから、その性能は折り紙つき。三井住友ビジネスプラチナカードは、確実にあなたに多くのメリットをもたらします。

じゃあ具体的にどんなメリットがあるの?

法人カードを比較する上で、カードにどのようなメリットがあるか、という点は非常に重要なポイント。あなたも三井住友ビジネスプラチナカードのメリットが気になりませんか?

そこで今回は、三井住友ビジネスプラチナカードがもたらすメリットについて徹底解説していきます。

三井住友ビジネスプラチナカードには様々なメリットが有りますが、特筆すべきは次の2つ。

  • ■充実の付帯サービス
  • ■安心のカード付帯保険


ではこの2つのメリットについてそれぞれ詳しくご紹介していきます。

三井住友ビジネスプラチナカード2つのメリット

メリットその1:プラチナカードならではのスペシャルサービス


まずは付帯サービスのメリットについてのご紹介です。

やはりプラチナカードだけあって、豪華な付帯サービスが目白押し。三井住友ビジネスクラシックカードでもおなじみのサービスから、プラチナカードだけの特別なサービスまでを網羅しています。

プラチナカード限定のコンシェルジュサービスを始め、旅行・グルメ・レジャー・ビジネスなど様々なサービスが用意されているのがこのカードのメリットです。

特にご紹介したいメリットは、プラチナ限定のビジネスサポートサービス。プラチナカードから使えるサービスは、「Visaビジネスオファー」「Visaビジネスオファー」の2つ。

Visaビジネスオファーではオフィス用品の発注やミーティング、出張などのあらゆるビジネスシーンで使える優待特典を用意。Visaビジネスグルメオファーでは、法人特典付きで、全国各地の人気レストランの予約ができるので、会食や接待時などに活躍します。

2つのサービスはあなたのビジネスを確実に助けます。ですがこれらはVisa限定のサービス。MasterCardではご利用いただけませんのでご注意ください

プラチナ限定のコンシェルジュサービスやビジネスサポートサービス

メリットその2:ハイスペックな付帯保険


2つ目のメリットは、カード付帯保険が充実している点。まずは補償内容を表にまとめてみましたのでそちらを御覧ください。

■海外旅行傷害保険
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
500万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
500万円
賠償責任
(1事故の限度額)
1億円
携行品損害
(自己負担額3,000円)
100万円
救援者費用
(1年間の限度額)
1,000万円



■国内旅行傷害保険
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
入院保険金日額 500万円
通院保険金日額 2,000万円
手術保険金 最高20万円



■航空便遅延保険
乗継遅延費用
(宿泊料・食事代)
2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用
(食事代のみ)
2万円
手荷物遅延費用 2万円
手荷物紛失費用 4万円



■お買物安心保険

補償限度額 年間500万円(事故負担3,000円/1事故)
期間 購入日翌日から90日間



補償内容は以上のようになっています。

海外・国内問わず死亡・後遺障害保険は最高1億円まで対応。その他の項目も、他カードと比較して非常に優秀です。特に海外旅行保険が充実しているのは、海外への出張が多い法人経営者の方には非常にありがたいサービス

また、航空便の遅延時にも保険が適用されるのもメリットの一つ。補償額こそ少ないですが、こういう細かい対応は嬉しいメリットですよね。

ショッピング保険も500万円までと高額補償。これだけの付帯保険が揃っていれば、もしものときにも安心です。備えあれば憂いなし。法人カードを比較する際には、付帯保険にも注目してみましょう。

死亡・後遺障害保険最高1億円。ショッピング保険最高500万円

直近2期の決算が審査で重視される可能性がある

続きまして、三井住友ビジネスプラチナカードの審査情報をご紹介していきます。

公式サイトの情報を見ると、申込資格は「法人のみ」としか記載されておらず、詳細な条件は明示されていません。

しかし、プラチナカードの申し込みの際には、本人確認書類に加えて直近2期分の決算書の提出が求められます

つまり、三井住友ビジネスプラチナカードの審査では、会社の業績が重視されている可能性が高い、ということ。

他カードでも、2期以上連続の黒字決算を入会条件としているケースは珍しくありません。直近2期連続で黒字決算が出せている場合は心配ありませんが、そうでない場合は別のカード、もしくはゴールドカードかクラシックカードを検討することをおすすめします。

直近2期分の決算書が必要

ちなみに申し込みは書類の郵送が必須。インターネット上で申込手続きは完了できませんのでご注意ください。

以上、三井住友ビジネスプラチナカードの審査情報をご紹介しました。同カードは口コミ情報が少なく、具体的にどのような人が審査に通過出来るのかを調べることはできませんでした。

当サイトでも三井住友ビジネスプラチナカードの口コミ情報を集めていますので、審査に関する情報が集まり次第、随時更新していきます。


他の法人カードと徹底比較!あなたはどれを選ぶ?

さて、ここまで三井住友ビジネスプラチナカードのメリット・審査情報についてご紹介してきました。

ここに来て気になるのは他の法人カードとの比較。他の法人カードと比較してみなければ、本当に自分にベストなカードかわかりませんよね。

そこで今回は、三井住友ビジネスプラチナカードとよく比較される、スペックが似ている法人カードをご紹介
わかりやすく表にまとめて、それぞれのカードの性能を比較しています。

三井住友ビジネスカード3枚を比較


まず最初にご紹介するのは「三井住友ビジネスクラシックカード」と「三井住友ビジネスゴールドカード」との比較。同系列の三井住友ビジネスカード3枚には、どのような違いがあるのでしょうか。

三井住友ビジネスクラシックカード VS 三井住友ビジネスゴールドカード VS 三井住友ビジネスプラチナカード
カード名 三井住友ビジネスクラシックカード 三井住友ビジネスゴールドカード 三井住友ビジネスプラチナカード
券面 法人カード:三井住友ビジネスクラシックカードカードの画像 法人カード:三井住友ビジネスゴールドカードの画像 法人カード三井住友ビジネスプラチナカードの画像
年会費で比較
(税別)
1,250円10,000円50,000
~
55,000円
追加カード年会費で比較
(税別)
400円2,000円5,000
~
6,000円
利用可能額で比較原則20万~100万円原則20万~300万円500万円
ショッピング保険で比較年間100万円(海外のみ)年間300万円年間500万円
海外旅行傷害保険で比較最高2,000万円最高5,000万円最高1億円
国内旅行傷害保険で比較-最高5,000万円最高1億円


3つ並べて比較してみると、やはりかなりスペックに開きがあるのがわかります。
まず年会費の高さは、プラチナカードが圧倒的。三井住友ビジネスプラチナカードは、当サイトでご紹介している法人カードの中でもトップクラスの年会費を誇っています。

しかしその分、法人カードとしてのスペックもプラチナカードが他を圧倒しています。特に利用可能額や付帯保険の補償額などは、非常に優秀。
プラチナ限定のサービスも多いので、年会費の差額分のメリットは充分に感じられるでしょう。

一般カード、三井住友ビジネスクラシックカードの詳細情報

ゴールドカード三井住友ビジネスゴールドカードの詳細情報



JCBプラチナ法人カードと比較


同じ三井住友の一般法人カード・ゴールド法人カードと比較しましたが、今度は同ランクの他のプラチナカードと比較してみましょう

今回、比較対象として選んだ法人カードは「JCBプラチナ法人カード」。
プラチナ法人カードの中でも人気が高く、スペックも三井住友ビジネスプラチナカードと似ています。

同じプラチナ法人カードの2枚にはどのような違いがあるのでしょうか。わかりやすく比較するために表にまとめていますので、是非御覧ください。

JCBプラチナ法人カード VS 三井住友ビジネスプラチナカード
法人カード名称 三井住友ビジネスプラチナカード JCBプラチナ法人カード
券面 三井住友ビジネスプラチナカード比較 JCBプラチナ法人カード比較
年会費で比較
(税別)
50,000~
55,000円
30,000円
追加カード年会費で比較
(税別)
5,000
~6,000円
6,000円
ショッピング保険で比較 年間最高500万円 年間最高500万円
海外旅行傷害保険で比較 最高1億円 最高1億円
国内旅行傷害保険で比較 最高1億円 最高1億円


2枚を比較してみると、やはりよく似たスペックを持っている事がわかります。単純にクレジットカードとしてのスペックで比較するならば、大きく異なるのは年会費のみ。

その他はほとんど同じような性能となっているので、この2枚のカードで迷っているという方は、年会費とショッピング利用可能額を見比べて、自分に合っている方を選ぶとよいでしょう

三井住友ビジネスプラチナカードのショッピング利用可能額は500万円と、JCBプラチナ法人カードの実に2倍。毎月多額の経費を法人カードで精算する予定の方は、三井住友ビジネスプラチナカードがおすすめです。

少しでも年会費を抑えたいという方には、JCBプラチナ法人カードがおすすめ。主要スペックはショッピング利用枠以外ほとんど同じですので、こちらでもじゅうぶん満足いただけるでしょう。

JCBプラチナ法人カードは付帯サービスの面でも三井住友ビジネスプラチナカードに負けていません。同サイトではどちらのカードもおすすめしていますので、気になる方は一度詳しい情報をご覧になってみてくださいね。

>>人気のJCBプラチナ法人カードの詳細はこちら


最高ランクの法人カードをお探しのあなたにおすすめ



さて、ここまで三井住友ビジネスプラチナカードの様々な情報をご紹介してきました。
では、このカードはどんな人に最適な法人カードなのでしょうか

三井住友ビジネスプラチナカードのメリットは、豪華な付帯サービスと、グレードの高い付帯保険。単なる経費精算のクレジットカードとしてではなく、法人カードならではの特典が大いに得られるメリットがこのカードの特徴。

法人向けのサービスをしっかり利用したいという方には非常におすすめのカードになっています。

また、高ステータスな法人カードをお探しの法人経営者の方にも三井住友ビジネスプラチナカードは最適。一般カードよりもゴールドカードよりも格上のプラチナカードは、高ステータスの象徴です。

三井住友ビジネスプラチナカードは、カードを見られる機会の多い経営者の方におすすめ。ただし、入会審査では、カードに見合ったステータスを要求される可能性もあるので、ステータスに自信の無い方は別のカードを検討したほうが良いかもしれません

最高の機能とステータスを備えた三井住友ビジネスプラチナカードは、間違いなく最高ランクのカード。法人カードの比較で悩んでいる方は、ぜひ一度チェックしておくべきカードです。

矢印


お申し込みはこちら
ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

クレジットカード総合代理店「株式会社CARDS」の社長を務める経営者。
クレカマニアで、法人カードに関する知識も相当深い。
Amazonギフト券キャッシュバックキャンペーン 法人クレジットカード申し込み時の実質的支配者申告について
法人カードの基礎知識
年会費について
付加メリット
法人カードニュース・法改正
各ビジネスカードの特集
ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

クレジットカード総合代理店「株式会社CARDS」の社長を務める経営者。
クレカマニアで、法人カードに関する知識も相当深い。

目次