TOP PAGE TOP MENU

トップ > ETC > ETC/JCB法人カード

メリットと詳細情報:ETC/JCB法人カード


0.0| 口コミ数:1| アクセス数:5221
  • side
  • side
便利なETC一体型!

矢印


お申し込みはこちら

JCBが発行するETC一体型法人カード!


ETC/JCB法人カードは株式会社ジェーシービーが発行する法人カード。法人カードの導入を検討されている経営者様・個人事業主様必見のETC/JCB法人カードのメリットを比較してみましょう。

ETC/JCB法人カードでチェックしておきたい最大のメリット。それはやはりETC機能が一体化していることでしょう。できるだけカード管理を楽にしたいという方にとって、1枚だけで必要な機能をすべて利用できる利便性は大きなメリット。

クレジットカードとETCカードを別に発行するのは面倒だと感じる方に選ばれています。

ETCとJCBが一体に

ETC/JCB法人カードについてはカードが混同しにくいというメリットがある一方、クレジットカード機能とETC機能を使い分けたい場合、その都度車載器から取り外さなくてはいけないというデメリットがあります。

ETC一体型の法人用クレジットカードと、追加カードとしてETCカードが発行されるタイプの法人用カード、どちらが使いやすいのかはETCを使う頻度や管理方法を比較して検討してみましょう

一般向けのETCカードはJCB以外からも発行されていますが、ETC一体型の法人用カードについては数がかなり限定されています

ETCカードを別に管理することが面倒であれば、ETC/JCB法人カード以外のクレジットカードを選ぶ理由はないでしょう

ETC/JCB法人カードは1枚でクレジットカードとしても、ETCカードとしても使えることがメリット。出張のたびに複数のカードを管理したり、また使い分けたりするのは面倒だという方にメリットがあると比較されています。

もちろん複数枚のETC/JCB法人カードを利用しても請求は一括。ETCの利用に限らずETC/JCB法人カードを使った支払いはすべて利用明細書で確認できるため、現金払いと比較して経費管理の効率化というメリット、そして事務処理の軽減というメリットもあります。

さらにJCBの法人カードはさまざまなビジネス向けの特典や付帯サービスが利用できるのもメリットです。

特にETC/JCB法人カードについては時期によってメリット満載の新規入会キャンペーンを実施中。初めての1枚として、とても魅力的な法人用カードになっています。

ETC/JCB法人カード1枚で、クレジットカード機能、ETCカード機能、ビジネスの効率化、より快適なビジネスシーンを演出してくれるさまざまな優待特典、そして入会するだけでもお得なキャンペーンというメリットを感じることが可能です。


JCBの審査は?3年未満でも通過の可能性あり

続いて、ETC/JCB法人カードについてはどの程度の審査難易度が予想できるのか、審査情報を比較してみましたのでぜひ参考にしてください。

ETC/JCB法人カードについては赤字決算や延滞、多重申込みなど審査にマイナスの影響を与える要素が無ければ、一般カードの審査に落ちてしまう可能性はほぼありません。ゴールドカードについても黒字決算が続いていれば審査に通る可能性が高いでしょう。

ETC/JCB法人カードは営業年数が3年未満の企業経営者様・個人事業主様も審査通過に大きな期待ができると判断できます。今回初めて法人用カードの契約を検討している方にとってはとても大きなメリット。

営業年数が3年未満でも審査通過の可能性あり


便利な一体型カード!しかし注意点も・・・


ETC/JCB法人カードの特徴や他カードとの比較を見てみましょう。ETC/JCB法人カードの年会費は1枚あたり1,250円(税別)。追加カードの枚数は特に制限が無く、2枚目以降も同額となっています。

ETC/JCB法人カードは元からETC機能が一体化しているため、追加用のETCカードは発行されません。ETCカード機能のみ利用したい場合についても、年会費が必要となるため要注意。



社員にはETCだけ使わせたいというケースについては、JCBが発行する別の法人カードを検討したほうがメリットは大きいでしょう。

JCBではETC/JCB法人カードの他にも、さまざまな法人向けプロパーカードや提携カードを発行。その中で比較するとETC/JCB法人カードは「Oki Dokiポイント」に対応していることが大きな特徴となっています。

首都高ビジネスゴールドカードや、シナジーJCBゴールド法人カードについては、「Oki Dokiポイント」ではなく、「キャッシュバック」や「給油割引」などの特典が付帯。JCBが発行する法人カードを選ぶ時は、特典内容の違いも比較するとよいでしょう。

海外・国内旅行傷害保険についてはETC/JCB法人カードには付帯していません。海外・国内の出張が多い場合については、ゴールドカードに申し込みすることをおすすめします。

比較してみると、手ごろな年会費、使い道を限定されないポイントプログラム、が特徴となっていました。


交通費の社員立替が多い法人・個人事業主の方におすすめ


ETC/JCB法人カードを導入することにより、現金による経費の支払いと比較して経費の明確化、経費管理の効率化、経費削減という数々のメリットを得ることが可能。

特にこれまで交通費を社員・従業員が立て替えしていたという企業にとって、経費の精算にかかる事務処理を軽減できるのはとても大きなメリットでしょう。

経費の使い道がはっきりすることで、無駄なコストが発生していないか確認しやすくなります。法人用カードの導入は、業務内容の改善を検討する経営者様・個人事業主様にとてもおすすめです。

特にETC/JCB法人カードはETCカードと分けて管理する必要がなく、できる限りカードの枚数を減らしたいという方に選ばれています。ETC機能は便利だと感じるものの、頻繁にETCを使うわけではない企業、または個人事業主の方におすすめしています。

さらにオンライン申込みにも対応しており、急ぎでクレジットカードを作りたい時にもメリットを感じられ、営業年数が3年未満の経営者様・個人事業主様にもおすすめ

ETC/JCB法人カードについてはJCBの法人入会キャンペーンはもれなく3,000円分、使用者の追加で最大2,000円分のJCBギフトカードがプレゼントとメリット満載。

初年度は年会費も無料となるため、一度法人カードの利便性を試してみたいという中小企業経営者様にとてもおすすめできるサービスになっています。

営業年数が3年未満の経営者
個人事業主におすすめ

矢印


お申し込みはこちら
ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。
おすすめ法人カードを比較
法人カードの基礎知識
審査と年会費について
法人カードお役立ち情報
各ビジネスカード特集
法人カードニュース・法改正
ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。

目次