TOP PAGE TOP MENU

トップ > マイレージ > JAL法人カード 普通カード

メリットと詳細情報:JAL法人カード 普通カード


0.0| 口コミ数:1| アクセス数:6217
  • side
  • side
JAL航空便利用でお得がたくさん!


JALの航空便利用でボーナスマイルがざくざく貯まる!


JAL法人カード(普通カード)は株式会社JALカードが発行する法人カード。このカードの最大のメリット。それはJALグループ便の搭乗で貯まるボーナスマイルでしょう。

他社と比較するとJALの航空便をよく利用する方に選ばれることが多く、フライトにより効率的にマイルが貯まってくれるメリットが魅力となっています。

JAL法人カード(普通カード)はフライトマイルと航空機搭乗時のボーナスマイルが加算されます。お買い物によるショッピングマイルは加算されないデメリットがあるので要注意。

ただし提携カード会社のオリジナルポイントは加算されるので、他社と比較して買い物に使うと損をするというわけではありません。

JAL法人カード(普通カード)は初めてJALに入会する方が大きなメリットを感じられるサービス入会搭乗ボーナス(最大1,000マイル)は、JALカード入会後初めての搭乗時に一度だけ、毎年初回搭乗ボーナス(最大1,000マイル)は、入会搭乗ボーナス獲得年の翌年以降、毎年最初の搭乗時にプレゼントされます。

さらに航空便搭乗時には毎回フライトマイルの最大10%の搭乗ボーナスを受け取ることができます

入会搭乗ボーナス、初回搭乗ボーナス、最大1000マイル。毎回搭乗時には最大10%のボーナスマイルも

より大きなメリットを感じたい方は、合計で区間マイル100%分のボーナスマイルが加算される「ツアープレミアム」に登録してみましょう。

合わせて「JALビジネスきっぷ」を利用することで、より効率的にマイルを貯めることができます。当日の予約・変更に対応しており、急な予定変更時も安心というメリットを得ることが可能。

またJALグループの一部路線が大幅に割引されており、他の手段による予約と比較すると交通費を節約できるメリットもあります。

最後に法人カードのメリットと言えばやはり経費削減。割引が満載のJAL法人カード(普通カード)を利用することで、現金払いと比較すると直接的なコスト削減へと繋げられるメリットがあります。

また「JALビジネスきっぷ」を利用すれば、急な変更・キャンセル時にも無駄な費用が発生してしまうことはありません。

JAL法人カード(普通カード)を比較してみると、JALグループの航空便利用で貯まりやすいマイル、ビジネスに役立つ予約サービス、割引料金で利用できる運賃という3つのメリットがあることが分かりました。

他社の法人カードと比較すると、JALグループ便を使い出張に出ることの多い企業経営者様や従業員様にメリットが大きいサービスとなっています。




申込基準は厳しめだが、その後の審査は安心


JAL法人カード(普通カード)の審査情報を比較してみましょう。JAL法人カード(普通カード)についてはどの程度の審査難易度が予想できるのか、審査情報を比較してみたのでぜひ参考にしてください。

JALカード自体の受付は株式会社JALカードが行っているものの、業務は大手クレジットカード会社の三菱UFJニコス(VISA・MasterCardブランドの場合)と提携しているのが特徴です。

三菱UFJニコスが扱う提携カードは、比較的審査に通りやすいと言われることが多め。

またJALカードには一般カードの上位にあたる「クラブカード」が発行されており、JALカード全体で比較するとJAL法人カード(普通カード)は審査に通りやすいメリットがあります。

また、JAL法人カード(普通カード)については、業歴5年以上で黒字決算の法人(団体・個人事業主)を含むとあります。

業歴5年以上で黒字決算

このことから他社の法人カードと比較すると、申込み基準が高めに設定されている分、審査自体は比較的柔軟に行われているメリットがあると判断します。

業歴を満たし、なおかつ審査においてマイナスの影響を与える情報がクレジットヒストリー(返済履歴)に登録さていなければ、審査通過の期待は高まります。

JAL法人カード(普通カード)については審査情報が乏しく、現在全力でリサーチを行っています。有効な審査情報がお届けできるまでもう少しお待ちください。



お求めやすい年会費に出張向けサービスが多数付帯!


JAL法人カード(普通カード)の特徴や他カードとの違いを比較してみましょう。JAL法人カード(普通カード)の年会費は2,000円(税抜)、追加カードも同様の金額となっています。「ANAカード法人一般カード」と比較すると、若干ではありますが年会費が安いメリットがあります。

JAL法人カード(普通カード)の限度額は公表されておらず、審査によって決定されます。目安となりますが、一般の方向けのJALカード(普通カード)の限度額は10万円~50万円の範囲で設定。限度額は申込み後に郵送されてくるご契約書類にご確認ください。

他社の法人カードと比較すると、若干限度額が小さめという予想ができますが、JAL法人カード(普通カード)についてはお買い物よりも、航空機のチケット代の支払いにおいてメリットを感じるサービスとなっているため、少ない限度額がデメリットだと答える方はいませんでした

業務に便利なETCカードは年会費無料。ただし新規発行の際には1枚につき1,000円(税抜)の手数料が必要。1会員につき1枚となっているため、複数のETCカードを利用したい時は追加カードの申込みが必要です。

限度額や年会費のスペック

JAL法人カード(普通カード)の付帯保険は海外旅行保険が最高1,000万円、国内旅行傷害保険が最高1,000万円。補償は傷害死亡、傷害後遺障害に限定されており、最低限の補償だけを希望する方に選ばれることが多くなっています。

JAL法人カード(普通カード)にはショッピング保険や国内・海外航空機遅延保険などは付帯していません。ただしインターネットからの不正使用時の損害についてはもちろん補償が行われますので安心してください。

JALカードでは会員向けにメリットあるサービスを提供しています。「パッケージツアー」はJAL会員専用サイトからツアーを申込みすると、同行者全員が割引になるサービス。

社員旅行などに利用されておりとても人気です。この他にも機内販売、空港店舗・免税店、空港パーキング、JALホテルズなどで割引優待を利用することが可能。少しでもお得に使えるサービスは見逃さずに利用してください。

JAL法人カード(普通カード)にはビジネスや福利厚生に役立つサービスも多数付帯しています。

レンタカー、引越し、お掃除代行、結婚情報サービス、おみやげパックなどオリジナリティあふれるサービスが満載。代表者様はもちろん追加カードの会員様も利用することができます。

特徴を比較してみると、やはりJALならではのトラベルに関連したサービスに強いことが分かりました。

残念ながらショッピングによるマイル加算は対象外となりますが、JALグループ便を多用する企業様にとってはとてもお得な法人カードになっています。



JAL便での出張が多い経営者におすすめ!


JAL法人カード(普通カード)はJALグループ便利用によるマイル加算、出張に役立つ「JALビジネスきっぷ」、割引された運賃とメリットが満載。比較してみるとJALのフライト利用に特化された法人カードであることが分かりました。

法人カードの利用はカード使用者ごとに明細を把握することができ、またそれぞれのカードごとにマイルを貯めることが可能。頻繁に出張に出ることの多い企業の経営者様や、従業員様にとって個別に情報管理できるのはとても便利でしょう。

残念ながら他社と比較するとショッピング利用にメリットが薄いという特徴がありますが、JALの各種割引サービスについてはとてもメリットが大きくなっています

最低限の補償を備え、ANAと比較して年会費が抑えられたJAL法人カード(普通カード)の注目度はとても高いです。

JAL法人カード(普通カード)については、出張が多く、またJALの航空便をよく利用される法人経営者様がメリットを感じられる法人カードになっています。

出張が多くJAL航空便の
利用が多い経営者におすすめ

ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。
おすすめ法人カードを比較
法人カードの基礎知識
審査と年会費について
法人カードお役立ち情報
各ビジネスカード特集
法人カードニュース・法改正
ナビゲータープロフィール
法人カードマニアのたけし

たけし(35)

大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。

目次