TOP PAGE TOP MENU

メリットと詳細情報:UC法人カード一般

トップ > 一般 > UC法人カード一般


0.0| 口コミ数:1| アクセス数:3877
  • side
  • side
  • side
  • side

永久不滅ポイントがお得!

▼ 詳細情報

初めての方に!
UC法人カード一般

永久不滅ポイントが貯まる一般法人カード!

「UC法人カードってどんなカード?」にお答えする「6つ」のメリットをご紹介

  • 永久不滅ポイントを貯められる一般法人カード
    溜まったポイントが永久に失効しない「永久不滅ポイント」が使える一般法人カードはUCだけ!
  • 支払猶予期間が最長55日間
    毎月10日締め、翌月5日引き落としなので、最長55日間の支払猶予期間があります。あなたの会社のキャッシュフロー改善に是非お役立て下さい。
  • 限度額は最大で300万円に
    UC法人カードは、一般カードにして最大300万円の限度額も設定可能!事業用決済に使うカードですから、これだけの余裕は欲しいですね。
  • 国内・海外での出張サポートサービスが豊富
    会員専用のアシスタントデスクなど、旅行・出張時のサポートが手厚いので、海外や国内での出張が多い経営者でも安心です。
  • ETCカードは無料で99枚まで発行可能!
    「仕事で車を使うことが多いので、従業員にもETCカードを持たせたい」という要望にも応えてくれるのは嬉しいポイント。
  • 当サイトからのお申込みで最大15,000円のギフトカードをゲット!
    当サイトからUC法人カードに申し込み&使用者追加することで、合計15,000円文のUCギフトカードが必ずもらえるチャンス!12月31日までの限定キャンペーンなので、お申込みはお早めに。
法人クレジットカードマスターTくん

矢印


お申し込みはこちら


永久不滅ポイントで経費精算もお得に!

UC法人カード一般はユーシーカード株式会社が発行する法人カード。法人カードの導入を検討されている経営者様・個人事業主様必見のUC法人カード一般のメリットを比較してみましょう。

UC法人カード一般で比較しておきたい最大のメリット。それは有効期限の無い「永久不滅ポイント」でしょう。

一般の方と比較して毎月の利用金額が大きな企業経営者様や個人事業主様にとって、使うだけで貯まっていくポイントは大きなメリットになっており見逃せません。

1,000円(税込)で1ポイント貯まる「永久不滅ポイント」をうまく活用することで、現金払いと比較すると、直接的な経費の削減に繋げられるメリットも。

「永久不滅ポイント」では1Pあたり5円相当のサービスに交換できるため、単純に比較しても現金による経費の精算よりメリットが大きいことは明確です。

1,000円で1ポイント。1Pあたり5円相当のサービスに交換可能

「永久不滅ポイント」はビジネスや福利厚生に役立つアイテムの他、ギフト券やポイント移行して使うことも可能。他社と比較してみると、法人カードについてはポイント付与やポイント移行には対応していないケースも多いです。

UC法人カード一般についてはしっかりとポイントサービスを活用できるメリットがあります。

クレジットカードのポイントは交換を忘れてしまうという方もいますが、UC法人カード一般の「永久不滅ポイント」はその名の通りポイントの有効期限が無いので、他社と比較してポイントが失効されてしまうようなデメリットはありません

ポイントプログラムに興味が無い方、または交換などの手続きが面倒だと感じる方も、UC法人カード一般ならば損をせずにメリットあるサービスを活用することができるでしょう。

ポイント交換できるアイテムには、マイルや携帯電話会社のポイント、ギフトカードなども含まれているもの比較したいメリットです。

交換した各種ポイントは別の経費に充てることもできます。コスト削減を目指す企業、そして個人事業主様にとって、ポイントプログラムは見逃すことができないメリットあるサービス。

もちろんポイントはビジネスだけでなく、プライベートに使うこともできるのでぜひ活用してください。

最後に比較しておきたい法人カードのメリットと言えば、経費管理の一元化

今まで現金で清算していた備品・設備購入費用、出張時の交通費や宿泊費、ガソリン代・高速料金、通信費、接待費などをすべてUC法人カード一般に一本化することで、これまでと比較すると経費を明確化できるメリットがあります。

経費が明確化されることでコストの削減にも繋がります。またこれまで経費の精算にかかっていた事務処理が軽減されることで、業務の効率化というメリットを得ることができるでしょう。

UC法人カード一般は他社の法人カードと比較すると、経費の精算をすべて一本化することでより大きなメリットが得られるサービスとなっていました。


審査次第では限度額300万円も!UC法人カードの特徴

UC法人カード一般の特徴や他カードとの違いを比較してみましょう。UC法人カード一般の年会費はカード使用者1名につき1,250円(税別)。他社の法人向けカードと比較すると年会費は一般的な水準です。

追加できるカードの枚数は審査によって決定され、すべてのカードの利用代金が会社口座からの振替となります。

UC法人カード一般の限度額は1名につき20万円~300万円。審査の状況に応じて1枚ごとに限度額が設定されます。他社と比較すると限度額の幅が大きいメリットが特徴。経費をすべて一本化したい時に、使いやすさというメリットを感じることができるでしょう。

利用代金は前月11日~当月10日分を翌月の5日支払うことになり、カードの利用日から最長55日の支払猶予期間があるのが特徴。支払いまでにゆとりを持つことができるので、現金払いと比較すると有効な資金運用に生かせるメリットがあります。

営業車などの運行に便利なETCカードは年会費永久無料。希望の枚数を発行することができるので、社員用にETCカードのみを発行したい時も便利です。

法人用ETCカードのご契約には資料請求が必要。すぐにETCを使いたい場合については、UC法人カード一般のお申込み時にお問い合わせください。

UC法人カード一般には海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング補償保険は付帯していません。各種保険サービスを利用したいという方は、UC法人ゴールドカードのお申込みをおすすめしています。

比較してみるとシンプルさが特徴のUC法人カード一般ですが、実はビジネスに役立つサービスが多数付帯しています。

VISAビジネスオファー。UCタクシーチケット。tabiデスク

VISAビジネスオファー」はVISAが提供するサービス。ビジネスシーンに役立つグルメやトラベルをはじめ、さまざまなオフィス向けサービスが利用できます。

UCタクシーチケット」は降車時にチケットに名前、乗車区間、金額を記入するだけでタクシーが利用できる便利なサービス。大切なお客様の送迎や社員のサポートに役立つとメリットが評価されています。

tabiデスク」は大手旅行会社のパッケージツアーが基本料金から最大8%割引されるサービス。UC法人カード一般の利用者だけでなく、同伴者も割引となるため社員旅行に活用されています。

なお、国際ブランドはVISAだけでなくMaster Cardのお申込みも可能。その際にはMaster Cardから提供されるビジネス向けのサービスを利用することができるので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


初めて法人カードの利用を検討している方におすすめ!

UC法人カード一般はシンプルなサービス内容が特徴の法人カード。これまで現金で経費を精算していた企業や個人事業主様にとって、UC法人カード一般の導入はビジネスに劇的な変化を与えてくれることでしょう

UC法人カード一般を利用することにより社員や従業員、またはご本人様の経費の立替が無くなり、立て替えや仮払いによる個人の負担を軽減できるメリットがあります。特に個人事業主様の場合、ビジネスとプライベートが混同してしまいがち。

UC法人カード一般を利用しビジネスとプライベートをしっかり区分でき、経費管理の効率化というメリットを得ることができます。

法人カードの導入することにより経営者様はもちろん経理事務に関わる社員、そしてこれまで現金での立替をしていた従業員の皆様に大きなメリットをもたらします。

またUC法人カード一般については限度額が大きく、これまで細分化していた法人カードの役割を一本化したいときにもおすすめできます。

UC法人カード一般については「永久不滅ポイント」というメリットが特徴。これまでポイントの加算を意識せずに法人カードを利用していたという方も、損をせずにポイントによるメリットをしっかりと得ることができるでしょう。

比較してみるとUC法人カード一般については、初めて法人カードに申し込みをしたいという経営者様、これまで個人名義のクレジットカードを使い経費を支払いしていたという個人事業主様におすすめ。

特に法人カードの使い道を見直し、無駄を省いたサービスをしっかりと活用したいという中小企業経営者様がメリットを感じられる法人カードになっています。

初めて法人カードを申込む経営者や過去個人名義のクレジットカードで経費払いをしていた個人事業主におすすめ

矢印


お申し込みはこちら
法人クレジットカード申し込み時の実質的支配者申告について
法人カードの基礎知識
年会費について
付加メリット
法人カードニュース・法改正
各ビジネスカードの特集

目次





法人クレジットカード申し込み時の実質的支配者申告について
法人カードの基礎知識
年会費について
付加メリット
法人カードニュース・法改正
各ビジネスカードの特集