JCB法人カードの審査情報と通過率を上げる2つの方法を解説 | 法人カード比較ナビ

JCBのビジネスクレカを発行するための審査ポイントと期間を確認

法人向けクレジットカードマスターTくん
圧倒的に安い年会費にもかかわらず、日本唯一の国際ブランドが提供する高レベルなサービスを享受できるJCB法人カード。

そんなJCB法人カードの発行を検討しているあなたも、JCB法人カードの審査情報が気になっているかと思います。 そんなあなたに向けて当ページでは以下の3項目を解説。

それはJCB法人カードの審査基準・必要書類・審査期間の3つです。読んでいただければ、JCB法人カードの審査に関して一通り詳しくなれるでしょう。

それでは早速、JCB法人カードの審査基準を見ていきましょう。



    一般JCB法人カードの審査基準とは?【ゴールド・プラチナとの違い】

    一般的には、設立年数3年、2期連続黒字決算が一つの基準と言われている法人カード。

    ただ、クレジットカードの審査がどのように行われているかは、実際には公表されておらず、わかりません。そのため、JCB法人カードの審査難易度も口コミ等の情報で総合的に判断する必要があります。

    JCB法人カードというと、JCBの発行するプロパーカードということもあり、しっかりとした審査を行っています。ただ、そうは言ってもゴールドやプラチナではなく一般カードのため、審査が格別厳しいわけではありません

    実際に、当サイトの調べにおいても、実は申込者の半数以上は審査を通過しているのです。このことからも、審査がそこまで厳しくないことが伺えます。

    とはいえ、それでもJCB法人カードを申し込みにあたって、審査に落ちるのが不安だと言う方もいらっしゃるでしょう。そんな方のために、次項では、審査を少しでも有利にする方法をご紹介いたします。



    通過率を上げる2つのポイントとその理由【電話と自社サイト】

    審査を有利にする主な施策としては以下の2ポイントが挙げられます。

    審査を有利にする2つのポイント
    1. 固定電話回線を持つ
    2. 自社のホームページを作成する
    それぞれ解説してまいります。


    固定電話回線を持つ

    固定回線があるということは、オフィスがあるということ。そしてオフィスを構えているということは常駐の社員がいて、それなりにビジネスがうまくいっていることを指します。

    そのため、固定電話があることで、その会社には信頼が生まれやすくなり、審査に通過する可能性が少し上がるのです。また、申し込みフォームに固定電話の電話番号欄があることからも、大事な要素であることが伺えます。


    自社のホームページを作成する

    自社のホームページには、会社の事業内容、規模、資本金、電話番号等のあらゆる情報が掲載されています。つまり、ホームページがあるとどんな会社かわかるため、法人カードの審査にも多少有利に働くと考えられます。

    ここでは、審査の通過率を上げる2つの要素を紹介してきました。次項では、実際に審査はどのような手順で行われるのか。また、その際に必要な書類をみていきます。



    申し込みからカード発行までの流れと必要書類の情報

    JCB法人カードの審査の流れは次の5ステップ

    1. インターネット申込(法人名や資本金従業員数等の基本的な法人や代表者の情報を入力)
    2. 申込は完了。登録したメールアドレス宛に審査結果が届きます
    3. 郵送される「JCB法人カード入会申込書(自署・捺印届)」を記入し、捺印し、本人確認書類を添付して返送
    4. 契約確認書類の受領
    5. カード発行

    また、ステップ3の本人確認書類は以下になります。


    法人の場合(いずれか一つ)

    • 現在事項全部証明書
    • 履歴事項全部証明書
    • 代表者の本人確認書類(運転免許証など)



    個人事業主の場合

    • 個人事業主の本人確認書類


    見ていただきますとわかるように、JCB法人カードに申し込む際に、登記簿謄本や決算書は必要ありません。本人確認書類も非常に集めやすいものになっております。

    ここでは、JCB法人カードの申込からクレジットカード発行までの手順と、必要な書類に関して見てまいりました。次で最後になりますが、そこでは審査にどれくらい掛かるのかを解説してまいります。



    JCB法人カードの審査期間

    JCBの公式サイトを見てみると、申込からクレジットカードの発行までには2~3週間かかる記されています。

    これは、JCB法人カード入会申込書がJCBに到着してからご契約確認書類を受け取るまでに1週間程度掛かるのと、郵送でのやり取りが多いため、個人カードよりも少々時間がかかってしまうのです。

    また、提出した書類に不備がある場合は、追加の書類を提出することもあります。その際には、更に審査期間が伸びてしまいますので、少しでも早くJCB法人カードを受け取りたい方は、ご留意ください。


    まとめ

    ここまで、JCB法人カードの審査に関する情報を見てまいりましたが、いかがでしたか?

    JCBに対して審査に厳しいイメージを持っていた方もいらっしゃたかと思いますが、一般カードに限定して言えば、それほど審査が厳しくはないことが分かっていただけたかと思います。

    ここまでで、JCB法人カードの詳細が更に気になった方は、ぜひ下記のリンクより、JCB法人カードの情報をご確認ください。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


    新着法人カード:JCB法人カードの画像 より詳細なJCB法人カードの情報はこちら »