• side
  • side
JALマイルが最も貯まるのはコレ

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

プラチナサービスだけじゃない!JALマイルも”最も貯まる”最強法人カード!

4つのポイントでわかる!セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスはこんなにお得なカードなんです!

  • JALマイル還元率はなんと脅威の1.125%!
    これだけ高いマイル還元率は、他のどのカードを探しても見つかりません。
    JALマイルを効率よく貯めるなら間違いなくNo.1のカードです。
  • プライオリティ・パスに年会費無料で登録可能!
    普通にプライオリティパスに申し込むと、$399もかかってしまいます。
    セゾンプラチナビジネスなら年会費無料!これだけでも非常にお得なのは言うまでも無いでしょう。
  • 国際ブランドはアメックスで、券面はプラチナ。
    非常に高いステータスを持ったカード。
    是非1枚は持っておきたいですよね!
  • 入会にはインビテーション不要!
    これは 法人カードならではの特典なので、絶対に見逃せません
法人カードマスターTくん

矢印


お申し込みはこちら




    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのスペック
    基本情報

    発行会社 クレディセゾン

    〒170-6073 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60・52F
    おすすめポイント 20,000円という年会費のプラチナカードは滅多にないので、安い年会費が魅力の法人カードです。プラチナカードを低い年会費で作りたい人におすすめです。

    ポイント率がとても高く、永久不滅ポイントを提供しているのでメインカードにするメリットが非常に高いカードです。

    最高1億円の海外旅行保険サービスや、国内、海外での空港ラウンジサービスなども利用できるので、国内はもちろん海外出張でも活躍してくれます。

    海外でセゾン・アメリカン・エクスプレス・カードを利用すると永久不滅ポイントが通常の2倍貯まるので、ポイントサービスにおいても大変お得なカードとなっています。
    付帯サービス ≫ハイヤー送迎サービス
    ハイヤー送迎サービスは成田、羽田と東京都23区の間のハイヤー送迎を特別料金で使用するということが出来るサービスです。


    ≫アメリカンエキスプレストラベルサービス事務所
    世界140を超える拠点で、旅の相談事事、各種手続き、トラブル対処など。


    ≫海外用モバイル無線インターネットルーター借り出しサービス
    海外で使用出来るモバイル無線インターネットルーターを会員のみ値段(10%off)で使うことをすることが可能です。


    ≫ご使用カード明細ダウンロードサービス
    ご利用クレジットカード利用明細ダウンロードサービスは、会員限定のオンラインサービス「Netアンサー」で直近3ヵ月分のカード明細をCSVにてダウンロードできるサービスです。


    ≫ビジネスアドバンテージ
    多くのビジネスの効率化させるためにサービス、例を挙げると現場用品のオーダー、レンタカー、宅配サービスの使用などを優待値段で受けることが可能です。


    ≫リージャスビジネスラウンジサービス初年度年会費無料サービス
    世界八十五ヵ国、500都市、1,100事務所を持つリージャスのゴールドメンバシップ会員の通常クレジットカード年会費55,440円を1年目につき無料で登録できます。


    ≫カードデスク・サービス
    カードデスク・サービスを提供しており、当クレジットカードだけが使えるの会員専用のコースセンターを使用することができます。


    ≫entre(オントレ)
    一流宿泊やエアライン他、ショッピングや食事に至るまで特別な優待サービスを受けることが出来る「entre」を提供してます。


    ≫スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド
    セカイのオーべジェール、また古城ホテル520軒以上で会員だけのサービスを受けることができます。


    ≫Dramatic Time
    抽選にて、毎月ゴージャスな催事やプラチナカード会員ならではのハイクオリティなダイニングレストラン、宿泊に招かれると言うサービス「Dramatic Time」を提供しています。


    ≫コナミフィットネス
    日本に190位上もあるコナミスポーツクラブで月間で2100円(税込)のディスカウントがされるサービス、都度ご利用のケースであったとしても割引を受けることをすることが可能です。


    ≫アメリカン・エキスプレス・ダイレクト
    AmericanExpress・ダイレクトは、食事やお買い物、宿泊にて優待を受けられるアメックスの定番サービスです。日本に限り、でなく海外でも使える特典が用意され、その数は8,000以上あります。


    ≫tabiデスク
    tabiデスクはJALパック、ANAハローツアー、ClubMedを始め、数を沢山の有名旅行会社にて8%offの割り引きを最高だと受けられるサービスで、その同伴の方の人にも割引きは提供されます。


    ≫e+(イープラス)チケット・サービス
    多くの公演のチケットを先行で取れたり、値引値段で取れたりします。「e+(イープラス)チケット・サービス」はコンサートやスポーツに至るまで種々のチケット取得にて受けることができる優遇サービスです。
    発行対象・入会資格 学生・未成年を除く電話連絡が可能で、 提携する金融機関に決済口座をお持ちの方
    券面 プラチナ
    国際ブランド
    電子マネー
    キャッシング なし
    審査難度
    発行期間 最短3営業日
    入会方法


    ポイントプログラム

    ポイントプログラム 永久不滅ポイント
    ポイント付与 1,000円=1ポイント
    ポイント還元率 0.5%※海外利用の場合は1%
    ポイント有効期間 無期限
    ポイント備考 永久不滅ポイントは、ショッピング利用代金への充当やネットショッピングでの支払い、多彩なアイテムやマイルなどとの交換にも使えます。
    ポイントサイト「セゾンポイントモール」を経由するだけ、500以上のサイト、300,000以上のショップが出店するオンラインショッピングで永久不滅ポイントが最大30倍貯まります。

    ポイントサイト「セゾンポイントモール」を経由すると、amazonでの買物がポイント2倍、楽天もポイント2倍、Yahoo!ショッピングのポイントは3倍となります。

    「永久不滅ポイントショッピング充当サービス」は永久不滅ポイントをショッピング利用分の請求金額に充当できるサービスです。200ポイント(=900円分)単位で交換したポイント分の金額が請求金額から差し引かれます。

    永久不滅ポイントを永久不滅ウォレットへ交換すると、対象のセゾンポイントモール出店ショップなどオンラインショッピングの利用代金を永久不滅ポイントで支払うことができます。(100ポイント=永久不滅ウォレット450円分)

    アットユーネットに登録すると永久不滅ポイントをAmazonギフト券やWebマネー、Tポイントと交換、またANAやJALのマイルと交換することができます。

    海外利用の場合は永久不滅ポイントが2倍になります。
    商品券交換 UCギフトカード:500ポイント=2000円
    Amazonギフト券:200ポイント=1000円
    JTB旅行券:1000ポイント=5000円
    など
    電子マネー交換 nanacoポイント:200ポイント=920円
    プリペイドカード交換


    年会費・限度額

    初年度年会費(税別) 20,000円
    次年度年会費(税別) 20,000円
    追加カード初年度年会費(税別) 3,000円
    追加カード次年度年会費(税別) 3,000円
    限度額 利用者による
    締日支払日 毎月10日締め翌月4日
    支払サイト 24日
    支払方法 1回払い


    保険

    海外旅行傷害保険 最高1億円
    海外旅行傷害保険 備考
    海外旅行入院・通院保険 300万円
    海外旅行携行品損害保険 50万円
    国内旅行傷害保険 5,000万円
    国内旅行傷害保険 備考
    国内旅行入院・通院保険 15万円
    国内旅行携行品損害保険 付帯されません
    ショッピング保険 300万円


    マイレージ・ラウンジ

    空港ラウンジ
    空港ラウンジ適用条件
    プライオリティパス 年会費無料で登録可能
    ETCカード 無料で発行
    ガソリン割引
    ANAマイル交換 200ポイント=600マイル
    ANAマイル還元率 0.30%
    ANAマイル備考
    JALマイル交換 1,000円=10マイル(2,000円の利用で+1永久不滅ポイント、200ポイント=500マイルへ交換可能)
    JALマイル還元率 1.125%
    JALマイル備考
    フライトボーナスマイル
    更新時ボーナスマイル
    他マイルプログラム JAL、ANA
    他マイル交換
    他マイル還元率 1.125%
    他マイル備考 非常に高い還元率なので法人の経費利用でマイルをためたい会社にはとても適したカード


    魅力的なサービス満載 セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カード

    一般的で使いやすいセゾンカードと
ビジネスシーンで使いやすいアメックスが合体

    「安くて、サービスが充実し、ポイント・マイルがどんどん貯まる、そんなプラチナ法人カードがあれば・・・」とお考えではありませんか?

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、 あの有効期限がないポイントプログラム、永久不滅ポイントで有名な 「セゾンカード」と、 世界的に有名なビジネスカード会社 「アメリカン・エキスプレス」が、1つになって作り上げた法人カードです。

    使いやすさに定評のあるセゾンカードと、世界で活躍するビジネスマンがよく使うことで有名なアメックスカードが一つになっているので、 ビジネスシーン、プライベートシーンどちらでも存分に使うことができるのが特徴の法人カード。とても便利です。

    プラチナカードと聞くと、長い間ゴールドカードを使っている人の下に、インビテーションカードが届いてやっと加入できるというイメージがありますが、このセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、 インビテーションなしで申し込める法人カード。

    一定の収入があり、学生や未成年でなければ誰でも申し込むことができます。ビジネスカードという分類ですが、 個人の方でも申し込むことができるのが大きな特徴ですね。

    それでは、このセゾンプラチナ、いったいどういった機能・サービスが備わっているのでしょうか?紹介いたします。


    よく法人カードを利用する方は格安な年会費

    ショッピング利用が年間で200万以上だと年会費が半額
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、 年会費20,000円(税抜)と比較的安めな法人カード。業界大手のJCBプラチナ法人カードの年会費を見てみると、30,000円(税抜)ですから、お得であるということがわかります。

    ただ、年会費20,000円(税抜)のカードは他にもあります。MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。同じプラチナカードでありながら、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスカードと同じ安さで提供しています。

    年会費が安く同額であるためよく比較されるこの2枚。一体どんな違いがあるのでしょうか?

    もちろん機能やサービスは異なる部分が多くありますが、ここでお伝えしたい事実は、 「場合によってはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの方がはるかに安い」ということ。

    というのも、セゾン・プラチナ・ビジネス・アメックスカードは、 ショッピング利用が年間で200万円以上になると、次年度の年会費が、 なんと半額の10,000円(税抜)になるという驚きのサービスがあるからです。

    日々のビジネスシーンや買い物での支払いをカードですべて済ませるという方は、実質年会費が10,000円(税抜)となるので、とてもおすすめの法人カードです。


    引き落としはお好きな口座で

    利用料金の支払いの際に、どの口座から引き落としにするかを好きに指定することができます。

    個人名義口座」、 「法人名義口座」どちらでも自由に選ぶことができるので、それぞれのニーズにあった口座管理が可能。法人口座にしていすれば、経費処理もスムーズに行うことができるので便利です。


    過去の法人カード利用明細も見ることができる!

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードなら、 直近3ヶ月分の利用明細を、インターネット上でダウンロードすることができます。

    利用日・店名・金額などといった情報が、CSVデータで取得することができまるので、管理に役立ちます。


    24時間常駐秘書 カードデスク・サービス

    24時間365日対応のカードデスク・サービスがとても好評。急な国内・海外旅行の際のホテルの予約や航空券の手配など、様々なシーンで頼りになる存在です。

    カード会員限定の、専用コールセンターにプロのコンシェルジュが常に待機しているので、必要になったらすぐに相談できます。


    利用限度額は当然プラチナ級

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードは、利用限度額もプラチナ級。個々の審査の内容にもよりますが、 最高500万円まで支払いに利用することができます。


    セゾン永久不滅ポイントも顕在

    もちろんセゾン永久不滅ポイントもためることができます。

    知らない人のために軽く触れておきますが、永久不滅ポイントとは、その名の通り「 有効期限がないポイント」のことです。カードを保有している限り、一生貯め続けることができるので、本当に必要な時にだけ使うことができます。

    永久不滅ポイントプラグラムの軸となるポータルポイントサイトが、「セゾンポイントモール」。 セゾンカードの発行会社クレディセゾンが運営するオンラインサイトです。
    多数の提携先があり場合によっては30倍のポイントも海外での利用なら2倍のポイントも

    このセゾンポイントモールは、Amazonや楽天をはじめ、音楽、家電、美容ヘルス、旅行などといった幅広い分野の有名企業と提携しているポイントサイト。ここを経由して、各オンラインショップで買物をすれば、店によってはポイントが 最大30倍になるというお得なサービスを提供しています。

    貯まったポイントは、セゾンカードを用いたショッピングの支払い、または景品との交換に使うことができます。景品にはAmazonギフト券など使い道が広いものがありますので、とても便利です。

    1000円で永久不滅ポイントが1ポイント。さらに、その1ポイントが5円相当で景品と交換できるので、 その還元率は実質0.5%です。ポイント30倍の店でショッピングをすれば、15%という高還元率も実現できます。

    また、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード限定のポイント優遇サービスもあります。このカード、セゾンとアメックスが提携しているだけあって、 海外でのショッピングがとてもお得。永久不滅ポイントが2倍貯まります。

    海外に出張に行った際には、なるべくこのカードで支払いをするとポイントが速くたまるのでおすすめ。


    マイル好きの方に SAISON MILE CLUB

    SAISON MILE CLUB
    出張でよく航空機を使われる方、もしくはマイルを貯めるのが好きな方には、 SAISON MILE CLUBという嬉しいサービスがあります。

    ショッピングにセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを利用することによって、 JALマイレージバンクのマイルを貯めることができます。JALマイレージバンクにも登録している方のみのサービスですので、 利用したい場合はそちらの方にも申し込む必要があります。


    法人カード会員限定 ビジネス・アドバンテージ

    法人カードの大きな役目といったら、ビジネスの効率化がありますよね。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、会員限定優待プログラム「 ビジネス・アドバンテージ」で、あなたのビジネスをサポートしてくれます。

    このビジネス・アドバンテージを利用すれば、日々のオフィス用品の注文や宅配サービスを、 優待価格で利用することにより、経費の削減が可能

    支払いもカード一枚で簡単になりますので、とても便利でお得です。


    一流ビジネスカードの証 プライオリティパス

    プライオリティパス


    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードなら、海外への出張や旅行といったシーンで、 特別優遇サービスを受けることができる 「プライオリティパス」に無料で登録することができます。

    このプライオリティパス。よく海外出張に行かれる方ならば、誰もが憧れる一枚。

    120カ国以上、400以上の都市で使える「空港ラウンジサービス」や、空港までの送迎をおこなってもらえる「ハイヤー送迎サービス」、海外現地情報の案内やホテル・レストランの予約などをおこなってくれる「海外アシスタンスデスク」など、 出発前から旅先まで、海外出張の様々な場面でサポートしてくれます。

    まとめると、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを持てば、以下の充実したサービスを享受することができることがわかりました。

    • 格安年会費
    • 引き落とし口座が選べる
    • 過去の明細を見れる
    • 24時間カードデスク・サービス
    • 最高500万利用限度額
    • 海外でポイント2倍 永久不滅ポイント
    • マイルが貯まる SAISON MILE CLUB
    • 経費削減 ビジネスアドバンテージ
    • プライオリティパス

    といった、充実したサービスがあることがわかりました。

    他にも「コナミフィットネスジム割引待遇」やアメックスカード定番の優待サービス「アメリカン・エキスプレス・ダイレクト」などといったここでは紹介し尽くせないほどの、サービスが備わっています。


    セゾンプラチナ・アメックス 個人カード、法人カードの違い

    個人カードと法人カードの違い

    冒頭の方で、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、条件を満たせば個人の方でも申し込みをすることができるということをお話しました。

    ここで、注目したいのが、セゾンプラチナカードには、今まで説明してきた法人カードである、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」以外に、一般向けのクレジットカードである、「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」があるという点。

    両方とも個人で申し込みができるカードですが、一体どのような違いがあるというのでしょうか?見ていきましょう。

    両者の違いは主に以下の3点。

    • 法人カードは社員に追加カードを発行できる(個人は家族カードのみ)
    • 法人カードは年間200万円以上の利用で次年度の年会費が半額になる
    • 法人向けカードは、招待制ではない

    順に詳しく見ていきましょう。

    追加カードの発行

    まず1つ目、法人カードの方は、社員の方に追加カードを発行することが可能。

    個人向けカードの方は、家族カードのみしか追加で発行することができません。しかし、ビジネスカードであれば家族と社員用のカードを両方発行することができます。年会費は3,000円(税抜)。

    年間200万円以上の利用で年会費が半額

    法人カードであれば、年間200万円以上の利用すれば次年度年会費が半額の10,000円(税抜)になります。これはビジネスカード限定の大きなメリットと言えるでしょう。

    個人で200万円も使うのは厳しいかも知れません。しかし法人カードの場合、オフィスの維持費等の経費も支払ったりすることを考えれば、200万円以上を利用するのは現実的な数字です。

    セゾンプラチナの法人カードは申込制

    そして3つ目。法人向けカードはインビテーション制ではありません

    個人向けのセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、いきなり申し込むことはできず、ゴールドカードを使用している人に招待が届く形式となっています。

    そのため、長期間、不払いなどの問題を起こさず、信頼のおける人しか手に入れることができません。

    しかし一方、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードであれば、一定の条件(学生・未成年以外、一定の収入など)を満たせば、個人・法人にかかわらず、いきなりプラチナカードから申し込むことができるのです


    ■まとめ

    以上、法人カードと個人カードの違いを3点紹介いたしました!

    高額利用で年会費が半額になる、といった特徴からもわかるように、やはりセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、法人の方向けのカードということがわかります。

    加えて、「ビジネス・アドバンテージ」や「利用明細ダウンロード」、「カードデスク・サービス」などは、 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでのみ利用可能なサービス。

    このように、法人カードはビジネスを様々な面からサポートしてくれるため、 個人事業主・法人経営者の方は、 ビジネスカードの方が断然おすすめです。


    審査通過のための2つのポイント!まずはこれに気をつけよう

    それでは、肝心の「審査難易度」はどのくらいなのでしょうか?その基準は果たして甘いのか厳しいのか?


    口コミサイトを調べてみると、 申し込み1回目で審査を通過している人も多く、一定の水準で安定した収入があれば、通るようです。

    また、個人の方も申し込める法人カードということもあって、会社員の方のお申し込みも少なくありません。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードは、比較的窓口の広い印象を受けますが、プラチナカードであるということには変わりありません。

    年会費やサービスの内容を見ても、通常の一般法人カードやゴールドカードよりは、グレードが高いので、審査が通過するか不安に思う方もいらっしゃるでしょう

    そこで、今回は、なるべく審査に通過できるように、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを手に入れるために押さえるべきポイントを2点紹介したいと思います。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス審査に通るための2つのポイント


    「ショッピングリボ宣言」は避ける

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに申し込む際に、 「ショッピングリボ宣言」を利用するかどうかの選択があります。

    「ショッピングリボ宣言」とは、支払いを自動的にリボルビング払いに変更してくれるサービスのこと。

    リボルビング払いのメリットといえば、一定金額で少しずつ返済することができるので、毎月の返済で苦しまなく済むという点。もしかするとあなたもリボ払いを利用したことがあるのではないでしょうか?

    しかし、一見便利に見えるリボ払いですが、実は落とし穴も潜んでいます。毎月一定金額しか払うことができないので、その分長期間にわたって支払わなければいけなくなり、利子や手数料の額が大きくなります。

    つまり、結果として、通常の分割払いよりも多額の支払いをすることになってしまうので、それだけ余裕がある人しか、リボルビング払いをすべきではないのです。

    つまり、ショッピングリボ宣言を利用するということは、 より高い返済能力 が求められることになるので、審査が難しくなる傾向があるのです。


    キャッシング機能をつけない

    法人カードの機能の一つに「キャッシング機能」があります。

    キャッシング機能とは、クレジットカードを使って現金を引き出す事ができる機能。カード会社や個々の審査内容にもよりますが、一般的に数十万円から300万程度の融資をATMなどから引き出すことができます。

    引き出した金額は、クレジット利用料金に加算されます。そし次回支払いの際に手数料とともに支払うのが一般的なキャッシング利用の流れ。

    みなさんも既にお分かりだと思いますが、このキャッシングを利用することは、クレジットカード会社に借金をしている状態。 しかも、返済(支払い)時には手数料がかかるため、借りた金額よりも多く支払わなければ なりません。

    そのため、 より高い返済能力と信頼を求められますので、それだけ審査は厳しくなります。 クレジットカード会社が一番危惧するのは、「貸し倒れ」。融資したキャッシュがそのまま消滅してしまったら大損になりますので、キャッシングには慎重です。

    • 重要
    • 審査の合格率を上げたいという方は、 「自動リボルビング払い」「キャッシング機能」に 申し込まないようにすることを推奨します。


    ここでご紹介した2つのポイントに気をつければ、下手に審査落ちしてしまうことは避けることが出来ます。

    実際に申し込んだ方の口コミを見てみると、「プラチナカードだから落ちるかと思っていたけど案外すんなり通ってしまった」 という声も。

    審査を心配して申し込みのチャンスを逃してしまうのはもったいないですよ!


    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはこんな人におすすめ



    ズバリ!!セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、 非常におすすめしたい1枚。

    特に、 海外出張の多い、中小企業、もしくは大企業の方に特におすすめです。

    そう言われる理由は、以下の特徴からもお分かりいただけるのではないでしょうか。

    • 年間利用200万円で次年度年会費が半額
    • プライオリティパス
    • 海外でのショッピングでポイント2倍
    • マイレージが早く貯まるSAISON MILE CLUB


    この法人カード、国際ブランド「アメリカン・エキスプレス」のサービスが付いているだけあって、 海外ビジネスシーンにおけるサービスがとても充実しています。

    特に、無料登録できる プライオリティパスは、これ1枚あれば十分と言っても過言ではないほどのサポート機能が備わっています。

    年間最高500万円利用可能、年間200万円利用で翌年の年会費が無料になるという点も、特に中小企業や大企業くらいの規模を持った会社なら十分に使うことができるでしょう。

    ポイント還元についてもかなりお得。永久不滅ポイントはマイルに交換することが可能で、さらに ショッピングでJALマイルと永久不滅ポイントを同時に貯めることができるので、マイルを面白いほどはやく貯めることができます。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードは、 まさにプラチナの名にふさわしい、 世界に通用する法人カードです。


    矢印


    お申し込みはこちら


    セゾンプラチナ・アメックスへの口コミ

    kaigaikomachiさん
    アメックス=アジア圏ではイマイチ
    4.0
    海外在住、主にアジア圏の出張(日本も含めて)使っています。
    日本では東○インで、使えないから他のカードを出せと言われ、仕方なく個人のカードを使いましたが、そのほかでは、場所を問わず、ホテルやレストランにて使えましたが、それでもビザやマスターに比べると使える店に制限があります。
    アジア圏では、ビザやマスターに比べると明らかに使用範囲が狭まります。大きなホテルやデパートでは問題ありませんが、そのほかの店では扱っていないところも多くあり、まず、ドアに貼ってある扱い可能なクレジットカードを確認してからの入店を余儀なくされます。
    そのほか、使用できても、アメックスは店に課せられるコミッションが高いので、安さが売りの店ではその分の利率を代金に上乗せするところもあり、アメックスカード一枚では不便です。
    フィリピン出張では、初日はランチに出たものの、アメックスを使える店を探し回り、結局1週間の出張中はスタバで済ませました。又、アメックスカードを出すと、明らかに迷惑そうな顔をされることも多く、カード自体にステイタスがあっても、それを感じられるのはインターナショナルホテルチェーンでのチェックインの際くらいです。
    弊社では今年、銀行系カードに切り替えになるようで、これは利用者の不便さの解消という理由もあるようです。
    コールセンターも、銀行系カードの方がサービスが良いので、私個人の印象としてはアメックスにはもう少し頑張ってもらいたいですね。
    2017.01.19 19:00
    名無しのゲスト(非会員) さん
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに申込をしました
    4.0
    プライベートでセゾンカードを使用していて、法人カードでも同じセゾンカードを作って効率的にポイントを貯めたいと考えたことが申し込みをしようと思った一番の理由になります。

    私は33歳の個人事業主であり、個人事業主として仕事を開始してから3年が経過しています。セゾンプラチナカードはプラチナカードというステータスがあるカードなので、取引相手の前で使うことで相手にこちらの事業の堅実性をアピールできるという意味合いも込めて申し込みをしました。

    申込はインターネットで行いました。
    もともとセゾンカードを個人で使っていて、それなりに利用実績を積んでいたので、審査は通過できるだろうと考えていたのですが、なんと申込をしてから2日後に審査を通過できなかったという連絡が届きました。

    今回セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに申込をしてみて、個人のカードで実績があっても法人カードの審査には大きな影響がないということや個人事業主がプラチナの法人カードを作るのは厳しいのだということを感じ取りました。

    私は個人事業主としての仕事歴が約3年で年収も約400万円という状況です。仕事歴が5年以上、年収が500万円以上になったらもう一度セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに申し込みをしようと考えています。
    2016.04.05 17:22
    名無しのゲスト(非会員) さん
    プレミア感の高いカードです
    4.5
    個人事業主として事業を展開している30歳です。個人事業主としての仕事歴は4年を数えました。尚、普段個人的に使用しているクレジットカードはイオンカードとJCBカードになります。法人カードについてはJCBの法人向け一般カードを保有していますが、JCBのカードが使えないケースに度々遭遇しており、使いにくさを感じたので、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードに乗り換えることに決めたのです。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは申込をしてから18日で手元に届きました。特にカードの発行が遅いとは感じませんでしたが、もう少し早く発行してくれたら嬉しかったです。

    セゾンプラチナ系のカードを持つのは初めてですが、ポイントが貯まりやすくと感じましたし、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードならではの付帯サービスがとても便利で気に入っています。

    特に「ビジネス・アドバンテージ」という優待サービスのお陰で事務用品などが安く購入できるようになりましたし、フリーというクラウド型の会計ソフトが安い料金で利用できるようになったので、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを作る前と比べて一ヶ月あたりの平均の経費が1割?2割削減できました。
    2016.02.15 11:47
    名無しのゲスト(非会員) さん
    念願叶わず
    3.0
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは招待なしで自ら申し込みができるプラチナ・カードということで、仕事をする上で相手の信頼を得たり、ステイタスシンボルとして仕事に活用したり、クレジットカードのポイントを効率的に貯めるのに役立つと思って申し込みをしたのですが、申込から3日後に審査落選の連絡が届き、念願だったプラチナ・カードを持つことは叶いませんでした。

    私は性別は男性で、年齢は32歳、個人事業主として仕事を行っており、個人事業主としての仕事歴は約3年になります。普段プライベートで使っているクレジットカードは楽天カードであり、法人向けのクレジットカードあ持っているものの、もちろんプラチナ・カードやゴールドカードではありません。

    ネットなどで審査に落選してしまった原因について調べてみたところ、どうやら年収と事業年数が少なかったことと今までにセゾンのクレジットカードを使用したことがなく実績がなかったことが落選の主な原因だと考えられます。

    特に私の年収は400万円にギリギリ満たないくらいの年収なので、この年収では個人向けのゴールドカードの審査も通るかどうかわからないということがわかりました。

    ひとまず年収を増やすことと、すでに楽天カードは持っているので、法人向けのゴールドカードが欲しくなった場合には楽天カードに申込をしてみようと思いました。
    2016.01.09 16:54
    名無しのゲスト(非会員) さん
    利用しまくっています。
    4.5
    法人利用の30歳です。修行した後、私は父が営業していた会社を受け持つことになりました。創業50年以上なのですが、父がアナログ人間だったもので経費の清算が毎月大変だったようです。

    そのため経費の管理を簡単にできないかと思い、法人カードを作ることに決めました。もともと西武さんのセゾンプラチナカードを所有していたので、わりとすんなり審査を通ることができました。

    すぐにインターネットから申し込みをしました。発行まで2週間しなかったと思います。利用してみて良かった点は、利用の履歴がインターネットで見ることができる、ビジネス・アドバンテージを利用して事務用品などちょっとしたものがお得に購入できるということです。

    今までは月に一度支払い明細が来るまでカードのレシートで管理しなければならなかったのに、インターネットサービスの「Netアンサー」を見れば履歴が三ヶ月前までならダウンロードできるので無駄な経費を使っていないかチェックするのに役立ちます。欲を言えば半年くらいは見れるようになると嬉しいのですけど…

    経費の振り分けも自動にしてくれますし、ポイントも着々と溜まっていきそうなので何に使おうか楽しみにしています。普通に使っていれば年会費も安くなりそうなのでセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにしばらくお世話になりそうです。
    2015.12.04 17:22

    矢印


    お申し込みはこちら
    アメックスゴールド
    ナビゲータープロフィール
    法人カードマニアのたけし

    たけし(35)

    大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
    クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。