三井住友ビジネスプラチナカード for Owners | 法人カード比較ナビ

メリットと詳細情報:三井住友ビジネスプラチナカード for Owners

最高級のサービスとステータスを持った万能カード

痒いところに手が届く!
「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」

個人事業主・法人代表者向けの1枚

「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」はココが凄い!知っておくべき 12のメリットをご紹介!

  • 法人口座以外でも作成可能
    個人事業主の方も安心!「for Owners」なら申込者本人の個人名義口座個人事業主(屋号)口座でも作成できます。
  • 安心の限度額
    最低限度額「200万円」最高限度額「500万円」と大きめの設定で「カード作成直後の限度額が心配」という方にも安心です。  
  • 支払い方法、締め日が柔軟に選択可能
    支払いサイトで「15日締め翌月10日払い」「月末締め翌月26日払い」から選ぶことができます。また、支払い方法は5つから選択ができるので、柔軟な支払いが可能です。   
  • 貯まったポイントをキャッシュバック
    「for Owners」限定で、貯まったポイントを支払いに充てることができるため、実質現金キャッシュバックが実現可能。ポイントの有効期限を気にするのが面倒という方に最適!
  • ポイント有効期限が長い
    for Ownersのプラチナカードなら、一般券面に比べて有効期限が2年長く設定されており、期限は「4年」です。  
  • ポイントをマイルに移行できる
    「for Owners」限定で、貯まったポイントをマイルに移行することが可能です。  
  • 6種類の追加カードと電子マネーが利用可能
    「for Owners」なら追加カードとしてETC、プラスEX、PiTaPa、WAON、iD、Apple Payをご利用可能です!  
  • キャッシングサービスが利用可能(海外利用も可)
    国内外で100万円まで(海外は50万円まで)キャッシングサービスを利用することができます。  
  • 国内外どこへ行くにも安心の高額付帯保険
    旅行傷害保険(国内・海外)が業界トップクラスの最高1億円。出張にも旅行にも確かな安心感を。  
  • どこに持って行くにも恥ずかしくないステータス
    メガバンクの三井住友銀行による銀行系プラチナ法人カードでトップクラスのハイステータス。  
  • 作成しやすいプラチナビジネスカード
    審査の基準が他のプラチナカードよりもゆるく、業歴が浅くても比較的申し込みやすいプラチナビジネスカードです。  
  • プラチナの名に恥じない最高級サービス
    コンシェルジュや空港ラウンジはもちろんのこと、良質なお食事自由な空間を無料でご利用頂ける特典が盛りだくさん。  
  • 新規入会限定プラン!最大18,000円分のギフトカードが貰える!
    ①2020年3月31日までに新規ご入会&1ヵ月後末までに5万円ご利用で、最大18,000円分のVJAギフトカードをプレゼント!
    クラシック: 7,000円分
    ゴールド :10,000円分
    プラチナ :13,000円分

    ②三井住友銀行口座を設定して入会されると、最大で5,000円分プレゼント!
    クラシック:1,000円分
    ゴールド :3,000円分
    プラチナ :5,000円分

法人クレジットカードマスターTくん

矢印

今すぐのお申し込みはこちら »




    新しいものを取り入れよう、新時代の法人カード

    このページでご紹介致しますは「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」
    ここで皆様に気に留めて頂きたいのは「for Owners」、末尾のこの単語。なんの事か知っている方も多少いるかも知れませんが、知らない方も多いでしょう。

    それもそのはず、三井住友ビジネスカードfor Ownersシリーズとは2017年半ば生まれのできたてホヤホヤ新サービスで、無印の三井住友ビジネスカードシリーズとは一線を画す全く新しい三井住友法人カードとなっております。

    無印の三井住友ビジネスカードシリーズと三井住友ビジネスカードfor Ownersシリーズ、何が違うのか、気になって来ませんか?

    その違いを極端に簡単に言ってしまうと「中規模事業者向け」か「法人代表者・個人事業主向け(for Owners)」か、ということなのですが、あくまで「向け」の話であって三井住友for Ownersに追加されてた機能は誰が使っても魅力的なものばかりです!

    名前の末尾に横文字を付けてカッコよくなっただけでなく、性能に大きな革命が起っているということでこちらも紹介のしがいがありますよ。

    このページで「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」のすごい所を無印の三井住友ビジネスプラチナカードと比較しつつ、一緒に見て行きましょう!

    また、ページの後半では「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」を申し込むにあたっての審査の情報や、他の三井住友for Ownersにはないプラチナカードならではの利点もご紹介していこうと思います。



    なんでもできちゃう器用なヤツ、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」

    早速、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」でできることを紹介します。

    見ていく前に先に言っておきますと、この「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」、できることがかなり多いです。このサイトでは数多くの法人カードを紹介していますが、一枚でここまでなんでもこなすことのできる法人カードは「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」が初めてでした。

    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」のできることが多いので紹介も長くなりますが、要点を絞ってテキパキまとめているので、1つ1つ読み進めていきましょう!


    個人名義口座・個人事業主(屋号)口座でカードを作ることができる

    三井住友for Ownersシリーズの特徴1つ目として、個人名義口座・個人事業主口座でカードを作ることができるということが挙げられます。

    法人カードを作る時、普通は法人口座を決済口座として設定しなければなりません。この条件が理由で法人カードを作ることができない事業主さんがたくさんいました。

    しかし、この「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」では個人名義口座・個人事業主口座で決済をする事ができるのです。法人口座を作っていない方や個人の口座で決済したほうが都合のいい方などにぴったりですね。

    更に申込みに関して、書面の手続きを行うことなくオンライン上のみで入会手続きが完結し、最短3営業日でカードが発行されます。
    そのため、カードの発行を急ぐ方にもおすすめです。


    支払い方法、支払日をフレキシブルに選択可能

    2つ目の利点は支払い方法、支払い日に選択肢が用意されているということです。これは、法人カードではない一般のカードではよくある事なのですが、法人カードにおいては選択肢が存在せずあらかじめ1つの方法に定められていることがほとんどです。

    ところが「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」含めた三井住友for Ownersシリーズでは、5種類の支払い方法2種類の締日から、好きなものを選択することができるのです。

    支払い方法は、1回払い、2回払い、リボ払い、分割払い、ボーナス払いの中から決済をする度に選択でき、支払日は「毎月15日締切で翌月10日の支払い」または「毎月末日締切で翌月26日支払い」から選択することができます。

    事業の内容や収入の入り方に合わせてお金の動くタイミングを決めることができるのは事業主さんにとって大きなメリットですね。


    6種類もの追加カード・電子マネーを利用可能

    三井住友for Ownersシリーズが選ばれる理由第一位と言っても過言ではないでしょう。それは追加カード・電子マネーの多様性です。「三井住友for Owners」なら追加カードとしてETC、プラスEX、PiTaPa、WAON、iD、Apple Payを利用することができます。

    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」でももちろんこれらは全て利用することができます。

    これまで利用していた物をそのまま「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」で使うこともできますし、新しく何かを使うにしても選択肢が多いことはかなりのメリットですね。

    この中でも特にApple Payは注目されている人気の機能で、Apple Payを使うことのできる法人カードを待っていたと言う方を多く見てきました。

    日常的に使いやすい支払いを「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」という1枚の法人カードの決済にまとめることができるというのは財政管理の簡易化に大きく役立つでしょう。


    使いみちの多いポイントで無駄を0に

    クレジットカードや法人カード、ポイント還元率の高いものをわざわざ選んだのに使いみちが無かったり有効期限まで放置して無駄にしてしまった経験はありませんか?

    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」ではそういった心配はほとんど必要ありません!

    なんと三井住友for Ownersシリーズは、貯まったポイントを支払いに充てることができるのです。ポイントの使い所が無くて困っていたという方は、とりあえずポイント全て支払いに充てて、実質現金キャッシュバックとしてお得に利用することができます。

    また、for Ownersシリーズは貯まったポイントをマイルに移行することも可能です。プライベートで飛行機によく乗る方や、飛行機を利用しての出張が多い方にはかなりお得なポイントの使い方ですね。

    他にもamazonギフト券やグルメカード、i Tunes cardなど多方面に渡ってポイントを還元できる様になっているため、使いみちがなくてせっかく貯まったポイントが死んでしまうということはもう無いでしょう。

    さらにポイントの有効期限も脅威の四年間と、法人カードには異常な長さの期間ポイントを保存することが可能です。

    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」はポイントの使いみちを考えたり有効期限を気にするのが面倒という方にも最適ですね!


    法人カードなのにキャッシングサービスを使える

    次に紹介するのは、三井住友for Ownersシリーズが選ばれる理由の一翼を担っている「キャッシングを利用できる」という点です。普通の法人カードでは利用できないキャッシングですが、三井住友for Ownersシリーズはまたもや常識を打ち破って取り入れています。

    キャッシングは普段全く使わなかったとしても、あるというだけで安心です。カードケースしか持ち歩いていない時に急に現金が必要になる、こんな状況も起こるかもしれませんよね。特に海外出張のときなど、日本から用意して行った分の現地通貨を使い切ってしまい、困った経験をしたことがある方は多いでしょう。

    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」は、なんと日本国内だけでなく海外でのキャッシングにも対応。もちろん現地のお金が出てくるのでわざわざ外貨両替をしに行く手間もありません。

    限度額においても、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」なら最大100万円、海外でも50万円。出先でどんなことがあっても「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」さえあれば対応できそうな額が準備されているので、安心ですね。


    高額で安心の付帯保険・ショッピング保障付き

    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」は、付帯保険・ショッピング保障の面でもかなり充実しています。

    具体的には、旅行傷害保険(国内・海外)がなんと最高「1億円」まで補償。

    特に他と違う注目点は、海外だけでなく国内の旅行傷害保険にまで最大1億円保障が付くことです。大抵の法人カードは、国内の旅行傷害保険は海外のものの半分程まで少なくなることが多いのですが、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」は海外と同額の1億円まで保障してくれます。

    1億円という額もすごいですよね。1億円という額を超える旅行傷害保険というものは、今まで見たことがありません。相当な異常事態が起こったとしても、この保険で対応できる場合が多いでしょう。

    仕事で将来いつどこへ行くことになるかわからないですし、家族で旅行にいくこともあるかもしれません。そのようなときに、確かな安心感を得るための付帯保険は、しっかりとしたものが望ましいですね。

    また、ショッピング補償は、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」ならカード利用で購入した商品の破損や盗難による被害を、「年間500万円」まで補償。

    個人用クレジットカードに比べて会社の備品等の購入で支払い額が大きくなりがちな法人カードだからこそ、この超高額のショッピング補償はありがたいものになります。

    さらに、国内・海外どちらでの利用もショッピング補償の対象になるという点も圧倒的プラスです。


    他のプラチナさえ羨やむ銀行系のハイステータス

    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」のステータス性を裏付けているのは、なんといっても三井住友銀行による銀行系法人カードということです。

    普通のクレジットカード会社とメガバンクである三井住友銀行では、流石に信頼度に差があります。無名の法人カードを使う取引先と、銀行系の法人カードを使う取引先とを比較したら、後者と取引したいと思うのは自然なことです。それがプラチナ法人カードであるなら、尚更の話でしょう。

    こういった事情を考えると、法人カードのステータスは取引先などからの信頼に影響を与える可能性があるので、法人カードのステータスというのは個人カードのそれよりも重要かもしれません。

    その面でも、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」は仕事をしていく上で信頼のおける頼れるパートナーと言えるでしょう。



    さて、いかがでしょうか!
    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」には驚くべき点が数多くありましたね。

    しかし、少し法人カードに詳しい方にはどこかで見たことあるような機能ばかりだなあと思ったかもしれません。確かに、1つ1つの機能自体は既に他の法人カードがやっているものもあります。

    ですが、一番重要なのはそれらの機能を全て1枚のカードに取り込んでいる、ということです。

    それぞれ他の法人カードが一番の取り柄として持っている機能の数々を、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」は、取り柄のうちの1つくらいの感覚でいくつも搭載しています。

    ここまでなんでもできる法人カードは「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」ただ1つであり、全く新しい法人カードであるということがわかって頂けると嬉しいです。



    気になる審査情報

    ここまで読んで、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」が欲しい」と思い始めた方、いるのではないでしょうか?しかし、銀行系のプラチナカードともなれば、やはり審査が気になるところですよね。

    もちろん、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」の審査についてもしっかり調査済みですよ。

    やはり「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」はプラチナ法人カードなので、審査はそれなりの水準で行われます。しかし、三井住友for Ownersシリーズは「入会時に必要な書類は代表者本人の確認資料のみで、一般的な法人カードに比べ審査に通過しやすい」とも言われています。

    つまり、他のプラチナカードの審査は落とされてしまったという方でも、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」であれば審査を通る可能性が大いにある、ということです!

    ですが、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」には審査の他に、「満30歳以上の法人代表者、個人事業主の方」という条件があり、前提条件として30歳に満たない方はそもそも申し込みができません。

    とはいえ、年齢制限が存在するのは「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」だけで、他の三井住友for Ownersシリーズには関係ありません。年齢が30歳に満たない方やまだ審査に通る自身のない方は、その時が来るまで三井住友ビジネスカード for Owners、もしくは三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersを使うのもありですね。

    こちらの二つの三井住友for Ownersも、上で述べた利点のほとんどを同様にカバーしております。そちらの情報も見てみたいという方は、こちらからどうぞ!

    三井住友ビジネスカード for Owners
    詳細はこちら »


    三井住友ビジネスゴールドカード for Owners
    詳細はこちら »


    プラチナならではのメリットや特典が知りたいあなたへ

    さて、三井住友for Ownersによる利点以外で皆様が気になるのはおそらく、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」ならではのプラチナ級サービス特典でしょう。

    三井住友ビジネスカードも個人用クレジットカード同様、プラチナ券面となるとかなりのサービスや特典が付帯してきます。

    ここからは、数あるプラチナ級サービス・特典の中でもかなりありがたい、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」とっておきのサービスを順番に紹介していきたいと思います。


    コンシェルジュサービス

    まずは、プラチナカードではおなじみのコンシェルジュサービス。

    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」にも当然備わっています。

    コンシェルジュサービスは、自分が仕事で忙しくて他のことに気を回せない時に利用すると、その恩恵を実感することができます。

    例えば、「来週出張があるのに、飛行機や新幹線、ホテルを予約している時間がない」「大事なお得意さんと会食があるのに、良い場所を調べていないし予約もしていない」、こんなピンチが訪れた時、コンシェルジュサービスがあれば何も考えること無く解決することができます。

    少しの時間も惜しい法人代表者・個人事業主の方のため、電話一本で上記のような悩みや用事を代理で取り扱ってくれるコンシェルジュサービスは、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」を持つだけでサービス名の通りに執事を1人雇ったのと同じくらいのくらいの価値があるかもしれません。

    このサービスだけで年会費以上の価値があると言ってプラチナカードを申し込む人がいるというのも納得できますね。


    ダイニング by 招待日和(Master)

    知る人は知っている「ダイニング by 招待日和」ですが、Master Cardの「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」ならば利用できます。

    「ダイニング by 招待日和」とは、「約200店舗の国内有名レストランでコース代金が1人分無料になる」という驚異のサービスです。

    この「ダイニング by 招待日和」は、金額面で考えると「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」の全サービスの中で最もお得なサービスと言っても過言ではありません。

    加えてこのサービスのすごいところは、「月に2回」まで、このサービスを利用できるという点にあります。

    お得意様との会食や営業などの際に、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」の「ダイニング by 招待日和」を利用することで経費を大きく削減できますね!


    プラチナグルメクーポン

    また「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」には、「プラチナグルメクーポン」というサービスも付帯しています。

    こちらのサービスは先程の「ダイニング by 招待日和」と似ていて、「東京・大阪を中心とした一流レストランを2名以上で利用した場合に、会員の人の代金が無料になるクーポンがもらえる」というサービスです。

    このクーポンは年に2回、90店舗分が冊子になって届きます。つまり、最大で年間180回もクーポンを使うことができるのです。

    また、プラチナグルメクーポンはMaster Card、Visa関係なく利用できます。

    お気づきの方もいるかもしれませんが、Master Cardの「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」であれば、「ダイニング by 招待日和」と「プラチナグルメクーポン」をどちらも利用することができ、かなりお得にお食事をすることができます!


    空港ラウンジサービス

    こちらもプラチナカードではおなじみですが、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」を持つことで国内主要空港のラウンジを無料で利用することができます。

    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」で利用可能な空港を具体的に挙げるとご覧のようになります。

    ~北海道・東北~~北陸~~関東~~東海~
    新千歳空港新潟空港成田国際空港中部国際空港
    函館空港富山空港羽田空港
    青森空港小松空港
    秋田空港
    仙台国際空港
    ~近畿~~中国~~四国~~九州~
    伊丹空港岡山空港徳島空港福岡空港
    関西国際空港広島空港高松空港北九州空港
    神戸空港米子空港松山空港長崎空港
    山口宇部空港大分空港
    ~沖縄~熊本空港
    那覇空港鹿児島空港

    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」をもっているだけでこれだけの空港のラウンジが無料で利用できれば、どこに出張することになっても毎回落ち着いた自分のスペースを確保することができますね。

    また「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」では、世界130か国の1,000以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティパス」を発行することができます。(詳細は後ほど)


    D’sラウンジトーキョー

    「D’sラウンジトーキョー」は知名度こそあまり高くないものの、かなり便利な「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」ならではのサービスです。

    D’sラウンジトーキョーは大丸東京店の11階にあり、眺めの良いラウンジでフリードリンクの提供があったり、喫煙ルーム・フィッティングルーム・応接室(要予約・有料)等も完備されています。

    利用は「1日1回2時間まで」という制限こそありますが、このような会員限定のラウンジを無料で利用できるのは非常にありがたいですよね。

    加えて、このD’sラウンジトーキョーは、個人用のクレジットカードを含めプラチナカードであっても利用できるカードはかなり限られているので、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」を選択する大きな決め手となります。

    打ち合わせ前の時間調整や新幹線の乗車前の待ち時間等に東京駅付近で利用できる専用ラウンジは、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」の見逃せないプラチナサービスです。


    メンバーズセレクション

    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」には「メンバーズセレクション(通称:メンセレ)」なるサービスも付帯しています。

    メンバーズセレクションとは、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」を持っていれば年に一度好きなプレゼントを無料で貰うことができるサービスです。

    プレセントの選択肢には以下があります。

    ・名医によるセカンドオピニオンサービス
    ・海外空港ラウンジサービス
    ・上質なビジネスアイテム
    ・暮らしを彩るライフアイテム
    ・毎日を愉しむコレクション
    ・食の逸品プレゼント
    ・カードご利用プレゼント

    この中で特におすすめなのが、先ほども出てきた「海外空港ラウンジサービス」です。

    海外空港ラウンジサービスを選択した場合、世界中の1,000以上の海外空港でラウンジが利用できるようになります(通称:プライオリティパス)。

    プライオリティパスの登録には通常3.5~4万円程度の年会費が必要なので、プライオリティパスを無料で利用できるのは、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」の非常に大きなメリットです!



    新規入会限定プラン:最大18,000円分のギフトカードをプレゼント

    三井住友ビジネスfor ownersの新規限定プラン

    三井住友ビジネスプラチナカードfor Ownerでは、現在、期間限定の入会キャンペーンを行っています。非常にお得なキャンペーンなので、見逃すのはもったいないです。ぜひチェックしましょう!

    この新規限定入会プランは、2020年3月31日までにお申し込みの方を対象に最大18,000円のVJAギフトカードをプレゼントするというもの。プレゼントの条件については、下記の通りです。

    その①2,000円ギフトカードプレゼント
  • 新規ご入会
  • その②最大11,000円ギフトカードプレゼント
  • 入会してから1ヵ月後末までに5万円利用を達成
  • 「プラチナ 11,000円分」「ゴールド 8,000円分」「クラシック 5,000円分」
    その③最大5,000円ギフトカードプレゼント
  • 申込時に三井住友銀行口座を設定して入会する
  • 「プラチナ 5,000円分」「ゴールド 3,000円分」「クラシック 1,000円分」

    以上の2点を満たした方に、最大で18,000円分のVJAギフトカードをプレゼント。

    このギフトカードは全国50万店以上のデパートやレストラン、ホテルで利用することができます。

    非常にお得なキャンペーンですので、この機会にぜひ検討してみてください。



    万能性、圧倒的ステータス、最高級サービス、全てを併せ持つ極みの一枚

    ここまで、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」の情報を共に読み進めてきました。
    「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」の魅力、うまくお伝えできたでしょうか。

    最後に「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」の情報をおさらいしておくと、

    まとめ
    • ・個人名義口座・個人事業主(屋号)口座でカードを作ることができる
    • ・支払い方法、支払日をフレキシブルに選択可能
    • ・6種類もの追加カード・電子マネーを利用可能
    • ・使いみちの多いポイントで無駄を0に
    • ・法人カードなのにキャッシングサービスを使える
    • ・他のプラチナさえ羨やむ銀行系のハイステータス
    • ・年齢制限さえ満たせば作成は難しくない
    • ・コンシェルジュサービス
    • ・空港ラウンジサービス
    • ・ダイニング by 招待日和(Master Cardのみ)
    • ・プラチナグルメクーポン
    • ・D’sラウンジトーキョー
    • ・メンバーズセレクション

    いかかでしょう。もし、これを読んで今すぐ「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」に申し込みたい!と思った方はこちらのボタンよりどうぞ!

    矢印

    お申し込みはこちら »