JCB法人カードで空港ラウンジをお得に利用する方法 | 法人カード比較ナビ

JCB法人(ビジネス)カードで空港ラウンジを快適に過ごす

「海外出張によく行くから、ビジネスカードの特典で空港ラウンジを利用したい」
「優待で空港ラウンジを利用できるビジネスカードはないかな?」

という方には、JCBの法人カードがおすすめ。

JCB法人カードのゴールドカードとプラチナカードには、国内の空港ラウンジを無料で利用できる特典が付帯されています。

この記事では、海外出張が多い方やビジネスカードの特典で空港ラウンジを無料で利用したい方のために、JCB法人カードのおトクな利用方法や、おすすめしたいポイントを余すことなくお伝えします。

それでは早速みていきましょう。



    空港ラウンジとは?

    ビジネスで海外出張によく行く方は、羽田空港などの「空港ラウンジ」を利用したご経験がある方も多いと思います。

    空港ラウンジとは、旅行に出かける前のひとときをくつろいで過ごすために旅客ターミナルに設けられた場所のこと。子供など同伴者と一緒に利用することができるので、家族連れで旅行する時などにも便利です。

    ただ、一口に空港ラウンジと言っても2種類のラウンジがあることをご存知でしょうか?

    それはゴールドカードやプラチナカードの特典で利用できる空港ラウンジと、JALなどの航空会社が設けた空港ラウンジの2種類。

    ここでは、基礎知識として2つの空港ラウンジの違いを解説してまいります。


    クレジットカードの特典で利用できる空港ラウンジ

    JCB法人カードなどのクレジットカードには、カードの発行会社専用の空港ラウンジを無料で利用できる特典が付帯しているものがあります。

    ゴールドやプラチナなど、特にステータスが高いカードに付帯していることが多いです。そして、カード会社の空港ラウンジは、羽田や成田など国内の主な空港に設置されています。


    航空会社の空港ラウンジ

    一方、航空会社の空港ラウンジは、搭乗口の近くといった制限エリアに設置されています。

    もちろんカード会社の空港ラウンジではないので、ゴールドカードやプラチナカードを提示しても入場することができません。

    航空会社の空港ラウンジに入るには、ビジネスクラス以上の搭乗券を購入するか、またはその航空会社の上級会員資格を所有することが必要となります。

    一般的には、航空会社のラウンジのほうが設備等が充実しており、サービスも上質だとされています。



    ここがポイント!ゴールドカードとプラチナカードの優待サービス

    JCBの法人カードを持っているからと言って、誰もがカード会社の空港ラウンジを利用できるわけではありません。

    利用の条件として、持っているクレジットカードがゴールドまたはプラチナであることが前提。

    ここから、この待遇が厚いJCB法人カードのゴールドカードとプラチナカードにはどのような違いがあるのか、見ていきましょう。比較のために、一般的なJCB法人カードと併せて表にまとめてみます。

    一般・ゴールド・プラチナそれぞれの違い
    JCB一般法人カードJCB法人カードJCBゴールド法人カードJCBゴールドカードJCBプラチナ法人カードJCBプラチナ法人カード
    年会費(カード利用者1名の場合)1,250円(WEB申し込みのみ初年度無料)10,000円30,000円
    年会費(1名追加ごと)1,250円3,000円6,000円
    申し込み対象法人または個人事業主(18歳以上)
    カード利用可能枠10万~100万円50万~250万円150万円~
    旅行傷害保険海外・国内:最高3,000万円海外・国内:最高5,000万円海外・国内:最高1億円
    国内・海外航空機遅延保険×2~4万円限度
    ショッピングガード保険海外のみ:最高100万円海外・国内:最高500万円
    空港ラウンジ利用×国内42ラウンジ/海外1ラウンジ世界1200以上のラウンジ(プライオリティ・パス)

    表を見てわかる通り、空港ラウンジはJCB一般法人カードでは利用することができません。それではまず、JCBゴールド法人カードで利用可能な空港ラウンジを確認していきましょう。



    JCBゴールド法人カードで利用できる空港ラウンジ

    JCBゴールド法人カードで利用できる国内と海外の空港ラウンジは、次のようになっています。

    エリア空港名
    北海道・東北新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、仙台空港
    関東成田国際空港 第1、第2ターミナル、羽田空港 第1、第2旅客ターミナル、羽田空港 国際線旅客ターミナル
    中部・北陸富士山静岡空港、中部国際空港セントレア、新潟空港、富山空港、小松空港
    近畿大阪国際空港、関西国際空港、神戸空港
    中国・四国岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、高松空港、徳島空港、松山空港
    九州・沖縄福岡空港、北九州空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港、那覇空港
    海外ダニエルKイノウエ国際空港(ハワイ)

    このように、JCBゴールド法人カードは国内の空港ラウンジにとどまらず、日本人がよく訪れるハワイの空港ラウンジも利用可能。日本国内においても全国の空港ラウンジで利用できるため、持っていると非常に便利な一枚となるはずです。

    ゴールド法人カードの次は、さらに上のランクであるプラチナ法人カードの待遇をみてみましょう。



    【プライオリティ・パス】JCBプラチナ法人カードで付帯されるサービス

    JCBプラチナ法人カードの場合、JCBゴールド法人カードよりもさらに多くの優待サービスを受けることが可能。

    代表的な優待サービスが「プライオリティパス」という特典で、ごく一部の人だけが利用できる空間で、さまざまな無料サービスを提供してもらえます。

    プライオリティパスに関して、さらに詳しく解説していきます。


    JCBプラチナ法人カードのプライオリティパスとは?

    JCBプラチナ法人カードのプライオリティパスは、次のような内容となっています。

    ・日本を含め、世界中にある1,000ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用可能
    ・プライオリティパスの年会費と空港ラウンジの1回ごとの利用料はJCBが負担
    ・VIP向けの空港ラウンジを利用できる・同乗者も空港ラウンジを利用可能(有料)

    航空券のクラスに関係なく空港ラウンジを利用できるため、格安航空券で搭乗する場合でもJCBプラチナ法人カードさえあれば、航空会社の空港ラウンジを無料で利用可能となります。利用回数に制限もないので、1日2回以上利用しても問題ありません。

    さらに!プライオリティパスには通常、年会費が発生しますが、JCBプラチナ法人カードの会員であれば、プレステージ会員(最上級)の年会費399ドル(約4万円相当)が無料になります。

    つまり、JCBプラチナ法人カードには、最上級のプライオリティパスを無料で利用できる特典があるということになります。

    年会費だけを見ても、プレステージ会員の年会費は約4万円で、JCBプラチナ法人カードの3万円よりも高く、プライオリティ・パスの特典だけでももとが取れる、非常にコストパフォーマンスの高い法人カードなのです。



    優待特典まとめ

    JCBゴールド法人カードと、JCBプラチナ法人カードのそれぞれの特徴をおわかりいただけたでしょうか?

    どちらも数あるビジネスカードの中では最上級にステータスが高いので、空港ラウンジの利用など上質なサービスをお求めの方には非常におすすめです。

    今回ご紹介したそれぞれのカードは以下から概要を知ることができます。


    JCBゴールド法人カードの特徴
    ・年会費10,000円
    ・国内およびホノルルの空港ラウンジを無料で利用可能


    新着法人カード:JCBゴールド法人カードの画像 JCBゴールド法人カードの詳細はこちら



    JCBプラチナ法人カードの特徴
    ・年会費30,000円
    ・世界1,000ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用可能
    ・プライオリティパスを無料で利用可能


    JCBプラチナ法人カード JCBプラチナ法人カードの詳細はこちら