初めての方でもわかる法人カードの選び方 | 法人カード比較ナビ

法人クレジットカード選びに迷われてる方必見

「法人カードの選び方がわからない」、とお困りではありませんか?

年会費やポイント還元率など、あなたがどの要素を重視するかで法人カードの選び方は変わってきます。そして、法人カードのメリットから逆算すると賢い選び方が見つかることもあります。

こちらの記事では、初めて法人カードを作成する経営者様に向けて、法人カードの選び方をわかりやすく解説しています。他の記事では見つけられないような選び方もご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

また既に法人カードを持っている経営者様でも、クレジットカードを乗り換える際に活用しやすい選び方にもなっているので参考になれば幸いです。




    どの要素を重視するかで法人カードの選び方が変わる

    年会費やポイント還元率、ステータス性など、法人カードにはそれぞれ特徴があります。法人カードの選び方として大切なのは、あなたがどの要素を重視するかです。

    まず、法人カードの選び方として代表的な基準を紹介します。


    無料だけが良い選び方ではない!年会費有料も視野に

    最初にお伝えする法人カードの選び方の基準は、「年会費」です。

    法人カードだからといって必ずしも年会費が必要になるわけではありません。個人でお持ちのクレジットカードと同じように、年会費無料の法人カードも存在しています。

    もし年会費無料を重視した選び方をするのであれば、選べる法人カードは必然的に絞られてきます。ここで注意したい点として、法人カードは必ずしも年会費無料の方が得をするわけではないということ。

    年会費無料だとお得な気がしますが、法人カードの選び方として、「付帯サービス」に注目することも大切です。

    なぜなら、多少の年会費が必要になったとしても、「付帯サービス」を活用し、年会費以上のメリットを得られるのであれば、結果としてお得になるからです。付帯サービスの例として、ポイントプラグラムや空港ラウンジサービス、傷害保険などが挙げられます。

    となると、「なるべく年会費は抑えたいけど、付帯サービスも無視できない…」と選び方に困ってしまう経営者様もいるはず。そんな時におすすめな選び方は、初年度のみ年会費無料の法人カードを探すことです。

    初年度無料であれば、その法人カードに搭載された付帯サービスを実際に有効活用できるかどうか、お試し感覚で使い始めることができます。さらに、入会キャンペーンが行われている法人カードもあるので、活用すれば年会費永年無料の法人カードよりお得になることもあります。

    このように法人カードは、ただ年会費無料だけに着目する選び方ではなく、付帯サービスまで考慮した賢い選び方が求められるのです。


    わずかな還元率の違いも選び方の基準に!ポイントプログラム

    法人カードの選び方として次に着目すべき要素が、「ポイント」です。

    本来経費決済を行うための法人カードなので、普通に支払っていても利用額は数百万円単位になるケースもあるでしょう。そうなれば、ほんの数%のポイント還元率の違いであってもメリットは大きく変わってきます。

    先ほど年会費に関する項目でもお伝えしたように、多少の年会費が必要になったとしても、より高還元率の法人カードがあれば、絶対にそちらを選ぶべきです。

    なぜなら、高還元率の法人カードの方がポイント還元で年会費を取り返せる可能性が高いからです。ちなみに、法人カードによっては提携先で決済をすると、より高い利率でポイントを還元してもらえる場合があります。

    「自社がどの企業から仕入れを行い、どんなサービスを利用することが多いのか」を考慮した選び方が重要です。


    取引が円滑に進むかも!ステータス

    法人カードの選び方として忘れてはならないのが「ステータス」です。法人カードのランクには一般券面とゴールド券面、そしてプラチナ券面が存在しています。

    ステータス性は、「一般券面 < ゴールド < プラチナ」となっています。ステータス性が高い法人カードを持っていれば、社員に尊厳を示せるのはもちろん、食事の会計時には取引先へのアピールになります。

    取引先との打ち合わせ後、さりげなくプラチナ券面の法人カードを目にすれば、取引先とのビジネスはより円滑に進むかもしれません。


    航空券をお得にゲット!マイル

    空港利用や海外出張の機会が多い経営者様であれば、法人カードの選び方として「マイルが貯まるかどうか」を基準にするのもおすすめです。法人カードにはたくさんの種類がありますが、マイルを貯められる法人カードとなると数は限られてきます。

    加えて、空港ラウンジサービスもあれば、普段の出張が特別な時間になるはずです。ですので、マイルを重視した選び方をするのであれば、空港ラウンジサービスがあるかどうかも確認しましょう。


    選び方に工夫をしよう!審査の通りやすさ

    最後にお伝えする法人カードの選び方として重要な要素が、「審査」です。初めて法人カードを作成する経営者様であれば、「まだ会社を設立して間もない」という場合も多いのではないでしょうか。

    設立1年以内であっても、選び方次第で法人カードを作成することは可能です。その選び方は簡単で、審査に通りやすいと言われている法人カードに申し込めば良いのです。

    実は、選び方によってはゴールド券面の法人カードも審査に通りやすい場合があります。ちなみに法人カードの審査を通りやすくするためには、複数枚の法人カードを申し込むのではなく、本命の1〜2枚に絞って申し込むことが大切です。

    カード発行会社が一番恐れているのは「貸し倒れ」です。短期間にたくさんの法人カードを申し込むと、貸し倒れのリスクが高いと判断され、審査に落ちやすくなるので注意しましょう。



    法人カードのメリットから逆算して選び方を考えよう

    ここでとっておきの選び方をご紹介します。それは、法人カードを持つことで得られるメリットから逆算することです。逆算してみると、選び方の基準を考えやすくなります。

    では、選び方の基準が考えやすくなる理由を解説していきます。


    限度額から選び方を考える

    法人カードの1番のメリットは、経費処理の業務効率化を図れるというものです。個人で支払いを立て替えると、立替金の精算として会計処理が必要になります。その点、法人カードで支払えば立て替え処理は不要。

    経費処理を効率的に行うためにも、決済は法人カードを使用するのがメインとなってくるでしょう。しかし、選び方として注意したいのは、法人カードの「利用限度額」です。

    比較的大きな金額を扱うことの多い法人カードでは、利用限度額が個人カードより高めに設定されています。しかし、利用限度額が低い法人カードを選んでしまうと、限度額いっぱいで利用できない可能性があります。

    このように法人カードを利用するメリットから考えると、利用限度額という切り口で選び方を考えるのも非常に重要だということがわかります。


    出張が多いかどうかで選び方が変わる

    法人カードのメリットの1つである「付帯サービス」。選び方によっては、「空港ラウンジ」を無料で利用できる場合も多いですよね。

    もしあなたが全国各地、さらには世界各国を飛び回る経営者様なら、空港ラウンジの付帯サービスを重視した法人カードの選び方を考えなければなりません。なぜなら、空港ラウンジを利用することで、移動で忙しいながらも、空いた時間にリラックスしたり、上質な空間で仕事に集中できるからです。

    加えて、多くの法人カードには国内や海外での「傷害保険」が備わっています。国内出張がメインの経営者様なら、海外の傷害保険よりも国内での傷害保険が充実している法人カードを選ぶということに繋がりますね。

    このように、出張の頻度や行き先に応じて法人カードの選び方を考えるのも1つの選択肢です。


    賢い選び方かも!福利厚生サービスの有無をチェック

    社員の満足度にもつながる「福利厚生」。きっちりと売上を確保できている企業であれば、福利厚生も充実させられるかもしれませんが、中小企業だと大企業のように充実した福利厚生を整えるのは難しいですよね。

    そんな時こそ、法人カードのメリットを最大限に活用しましょう。なぜなら、法人カードは選び方によって福利厚生サービスの有無が変わってくるからです。

    例を挙げると、福利厚生サービスの付いた代表的な法人カードとして「アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールド」があります。アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドには、多種多様なサービスを割引価格で利用できるようになる「クラブオフ」のVIP会員が無料

    なんとこの付帯サービスは経営者様が持っているメインの法人カードだけではなく、追加カードでも利用できます。「アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールド」は年会費が31,000円かかる法人カードですが、上手に活用すれば年会費以上のメリットを得られるはずです。

    もし、自社で福利厚生のコストを捻出するのが難しい場合、法人カードの選び方を工夫することでカバーするのも1つの手です。



    まとめ

    法人カードの選び方について解説してきましたが、あなたの理想とする選び方は見つかったでしょうか。

    法人カードの選び方として大切なのは、年会費やポイント、ステータスや審査など、どの要素を重視するかです。「年会費無料」だけが良い選び方ではないため、付帯サービスやポイント還元率も確認してご自身に最適な法人カードを探してみましょう。

    当サイトでも、法人カードの選び方を要素別ランキングにしてご紹介しています。法人カード選びに迷われている方は、ぜひ「法人カード総合ランキング」も参考にしてみることをおすすめします。

    このランキングでご紹介している法人カードから、当サイトに寄せられた加入者の口コミを見ることができるので、そちらも参考にしてみて下さい。