ETCを法人クレジットカードで取得

おすすめETCカード
ETCカードの発行といえば、法人カードの大きなサービスの一つ。

特に高速道路をよく使う事業の方は、車を使う社員1人1人にETCカードを渡したいですよね。

料金所をノンストップで通りぬけできるのも便利ですが、会社にとって一番のメリットは、料金決済がまとめてできること。

誰がいくら使ったのかも明細が出るので、経費管理にとても役に立ちます。

ここでは、法人カードのETCカード発行について、どんな特徴があるのか、どのカードが一番おすすめなのかを見ていきたいと思います。

    ETCカードをお得に使いたかったらどこを見ればいいの?


    社員にETCカードを渡すことで経費を一括管理~ 事業で使うETCカードを法人カードで発行しようとした時、見なければいけない法人カードの性能は2つあります。

    それは、ETCカードの発行可能枚数年会費です。

    この2つの内、どちらかでもあなたの事業に合わない法人カードを選んでしまうと損をしてしまったり、法人カードを作り直さなければいけないことになってしまうかもしれません。

    発行可能枚数が多いもの


    ETCカードを発行できる枚数は法人カード毎に違います。その差は1枚から無制限まで。

    もちろん、社内でETCカードを使うのは1人や2人だけと決まっているのであれば発行可能枚数は少ないものでも大丈夫です。

    しかし、今後社員が増える可能性や事業のやり方が少しでも変わる可能性があるなら、なるべく多くのETCカード発行枠を抑えておきたいですね。

    後になって法人カードの発行可能枚数を超えたETCカードが必要となれば、法人カード選びからやり直さなければいけません。

    なるべくなら多くのETCカード発行可能枚数を持つ法人カードを選ぶことをおすすめします。


    年会費が安いもの


    法人カードでETCカードを発行する場合、法人カードの年会費とは別にETCカードの年会費が必要になることがあります。

    1枚あたりの年会費は無料から「500円/枚」程度。

    500円くらいならあまり気にする程でもないと思われる方も多いのですが、枚数が重なってくると馬鹿にならない金額になってきます。

    年会費2,000円の法人カードで500円のETCカードを4枚発行するだけで年会費が倍になっているようなものですから。

    せっかく発行可能枚数の多い法人カードを選んでも1枚1枚に年会費がかかっていては金額面で損をしてしまいますね。

    こちらも当然ですができることなら安いものに越したことはないでしょう。



    ここまで、どのような法人カードを選ぶべきか読んできました。
    次の項ではこの2つの条件に完全にマッチした、ETCカードを使う方におすすめの法人カードをご紹介しようと思います!


    高速道路を使うならこれ!おすすめ法人カード




    ETC発行可能な法人おすすめクレジットカード徹底比較


    ここでは、当サイトの誇る全50枚の法人カードデータベースより見つけ出した、発行可能枚数「無制限」、ETCカード年会費「無料」の2つを兼ね備えた最強のおすすめ法人カードを2種類、ご紹介します!

    その法人カード2種類とはこちら!

    カード名称 JCB法人カード ライフカードビジネス
    券面 法人クレジットカード比較:JCB法人カード 法人クレジットカード比較:ライフカードビジネス


    法人カード 1,250+税 無料
    ETCカード 無料 無料
    複数発行上限枚数 無制限 無制限
    利用限度額 10万~100万円 10万~500万円
    ポイント還元率 0.48%~ 0%


    それでは1枚づつ見ていきましょう!

    ■JCB法人カード

    言わずと知れた王道法人カードのJCB法人カード。

    発行可能枚数「無制限」、ETCカード年会費「無料」の条件をクリアした上でさらなる利点を持っています。

    まず、信頼性。日本発の国際ブランドJCBのプロパーカードということで、どこへ持っていくにも恥ずかしくないステータス性を持っています。

    また、出張サポート・オフィスサプライ・会計管理ソフトなどのビジネスサービスも充実。

    ETCカードの発行ができるだけでなく法人カードとしての役割もしっかり果たす法人カードが欲しい方にはJCB法人カードが確実に一番向いているでしょう!

    さらに今ならなんと、入会キャンペーンで5,000円のキャッシュバックをもらえるそうです!詳しくはこちらからどうぞ!

    新着法人カード:JCB法人カードの画像 JCB法人カード
    詳細はこちら


    ■ライフカードビジネス

    2枚目はライフカードビジネス!

    1枚目に紹介したJCB法人カードと比べてしまうと、ビジネスサービス面でもステータス性でも圧倒的に劣っています。

    しかしこのカードの注目すべき点は、必要最低限の機能だけを搭載してコスパを極限まで高めているところです。

    発行可能枚数「無制限」、ETCカード年会費「無料」はもちろん満たし、

    年会費はETCカードだけでなくライフカードビジネス自体も無料限度額はその年会費でありながら脅威の500万円

    その2点においては王道のJCB法人カードも勝てません。

    本当に最低限の機能さえあれば充分という方にはかなりおすすめの1枚です!

    新着法人カード:ライフカードビジネスの画像 ライフカードビジネス
    詳細はこちら




    以上、ETCカードの良い条件が揃った2種類のカードについて紹介いたしました。
    自分に合ったカードは見つかったでしょうか?

    ETCカードは最初は必要ないと思っていても後から追加で必要になるということがあります。

    今後ETCカードを使うかもしれない事業の方はなるべくETCカードの条件のいい法人カードを選ぶといいでしょう。


    コラム~クレジット機能付きETCカード~

    実はETCカードには、「法人カードにより追加で発行されたもの」と、「法人カードそのものがETCカードとしても使える一体型」の2種類があります。

    一般的には前者の、「ETCカードを追加発行できる法人カード」が多く、今回このページでご紹介した法人カードも両方前者となります。

    後者の「法人カードとETCカードの一体型」は、法人カードとして使う度にETCの装置からから取り外さなければいけないことが少々面倒ですが、1枚のカードで全て済ませることができるので便利ですね。

    法人カードとETCカードの一体型を使いたいという方にはETC/JCB法人カードがおすすめです

    新着法人カード:ETC/JCB法人カードの画像 ETC/JCB法人カード
    詳細はこちら
    アメックスゴールド
    ナビゲータープロフィール
    法人カードマニアのたけし

    たけし(35)

    大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
    クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。