赤字決算でも法人カードの審査に通るのか?【徹底解説】 | 法人カード比較ナビ

審査に通りやすいビジネスカードを徹底解説

法人向けクレジットカードマスターTくん
「赤字決算でも法人カードは発行できるの?」
「赤字決算でも大丈夫なカードはどれ?」

このページをご覧のあなたもこのように思っていませんか?

赤字決算だと信用がなさそうで、法人カードを持つのが難しそうに思えますよね。

実は、赤字決済でも法人カードの審査に通る場合があるのです。

当ページでは、その理由を解説し、おすすめの法人カードを三枚ご紹介します。 これまで審査に通らなかったという経営者の方はぜひご一読下さい。



    【審査のポイント】赤字決算だと法人カードを発行できない?

    多くの法人カードの審査で見られるポイントは次の二つ。
    審査のポイント2つ
    • 設立年数が三年以上
    • 黒字決算

    このように、黒字決算であることが、法人カードの審査に通る一つの基準になっています。法人カードを利用するということは、いわば企業が法人カード会社に借金をしているのと同じ状態。

    そのため、法人カード会社は貸し倒れを防ぎたいため、黒字決算で経営が安定している企業の方が法人カードの審査に通りやすいのは合理的と言えます。

    ただ、「赤字決算だと全く法人カードの審査に通らないのか?」と聞かれると、一概にそうではありません。 赤字決算であっても法人カードの審査に通る可能性の高い企業は存在します。

    次に、赤字決算でも法人カードの審査に通る会社の特徴とその理由を解説いたします。



    『赤字決算=経営が不安定』ではない?信用のある場合とは

    赤字決算から連想されることは、主に以下の二つでしょう。

    • ・経営が不安定ではないか?
    • ・返済能力が低いのではないか?

    実際、このように経営がうまくいっておらずに赤字決算の場合、法人カードの審査に通るのは難しいでしょう。なぜなら、法人カード会社が貸し倒れするリスクが高くなるためです。

    ただ、赤字決算には以下の場合もあります。

    • 法人税に対する税金対策として、故意的に赤字決算にしている

    このような会社であれば、返済能力がないとは言えず、貸し倒れのリスクも低いため、法人カードの審査には通る可能性が上がるのです。

    審査を受けている会社がどっちの赤字決算のタイプであるのかは、決算書を見れば一目瞭然。

    そのため、もしあなたの会社が税金対策で赤字決算の場合には、その理由で審査に落ちる可能性は低く、それどころか逆に法人カード会社から重宝されることもあるのです。

    では、なぜ”重宝”されるのか?その理由を次で解説いたします。


    経費で利益を減らす企業は法人カード会社の優良顧客

    税金対策としてわざと赤字決算にしている企業は、法人カードの会社にとっては実は、優良顧客であることが少なくありません。

    と言いますのも、先ほどもお伝えしたように税金対策の一つ「経費を増やして赤字決算にする」という方法があります。

    経費が増えるということは、必然的に法人カードでの支払いが増えるということ。

    経費を通常の企業よりも多く支払ってくれることが見込めるため、そのような会社は、法人カード会社が重宝したい優良顧客となり得るのです。

    ここまでのことをまとめると、

    • 赤字決算は一概に法人カードの審査に落ちるわけではない
    • 赤字決算の内容によっては法人カード会社に重宝されることもある

    赤字決済でも審査に通る理由がわかってきましたね。

    「では、赤字決算でも審査に通りそうな法人カードはどれ?」

    そう思われている方に向けて、最後に赤字決算でもおすすめできる法人カードを三枚ご紹介いたします。赤字決算だけど法人カードを持ちたい方は参考にしてみてください。


    審査に通りやすいおすすめの法人クレジットカード一覧


    三井住友ビジネスカード for Owners

    クラシック券面

    こちらの「三井住友ビジネスカード for Owners」は提出書類が代表者の本人確認書類のみで申し込むことができるため、比較的審査は甘めと言われております。

    登記簿謄本・決算書を必要としないことからも、赤字決算でも安心して申し込んでいただけるでしょう。

    そんな「三井住友ビジネスカード for Owners」ですが、年会費は1,250円と抑えめながらも、様々な支払い方法に対応していたりと、しっかりとしたサービスが売り。

    コストパフォーマンスを重視する方にはおすすめの法人カードです。


    三井住友ビジネスカードfor Ownersの詳細を見る »



    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    アメックスビジネスゴールドカード

    抜群のステータスを誇る「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」。

    審査も厳しいのかと思いきや、会社設立一年目でも発行できたりと、比較的審査は甘いと言われています。

    さらに、もう一つ「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」の特徴として、審査の際に代表者の信用を非常に重要視することが挙げられます。

    つまり、代表者のクレヒスが良いなどで信用がある場合には、赤字でも審査が通りやすくなるでしょう。

    そして、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはステータス性以外にも海外旅行保険が最大1億円や、ビジネスをサポートしてくれるサービス、空港ラウンジサービスが付帯していたりと、まさにワンランク上の法人カード。

    ステータス性と共に、世界基準の実用性も備えているのが「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」です。


    アメックス・ビジネス・ゴールドの詳細を見る »



    P-one Business MasterCard

    P-one Business MasterCard券面

    こちらの「P-one Business MasterCard」は、公式サイトに事業収支等を総合的に判断するため、赤字決算でも申込み可能と記載があります。

    加えて、「P-one Business MasterCard」は年会費が実質無料であるにもかかわらず、ポイント還元率が0.8%と高かったり、キャッシングの枠が最高300万円までと非常に使いやすい法人カード。

    「P-one Business MasterCard」のように赤字決算でも申込可能と公式ページに記載されていることは珍しく、赤字決算であっても思い切ってチャレンジできる法人カードなのではないでしょうか。


    P-one Businessの詳細はこちら »



    【一般・ゴールド・プラチナ】カードランキング情報

    最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

    ここまでは、赤字決済でも審査に通りやすいと思われる法人カードを紹介してきましたが、いかがでしたか?

    当サイトでは、みなさんに最高の一枚を選んでいただけるように、日々新しい情報を発信、研究しております。

    「他の法人カードも確認したい」
    「自分に合った一枚を選びたい」

    このように思われている方がいましたら、ぜひ下記のボタンより法人向けクレジットカードを総合的に網羅しているページをご確認ください。


    矢印