まずはここから、ビジネスデビットという選択肢

法人デビットカードも全然悪くない
今、あなたは事業経費の支払いに何を使用していますか?または、何を検討していますか?

どんな人でも最初にパッと思いつくのは、現金払い、クレジットカード払い、この2つの方法ではないかと思います。

しかし、ここで紹介するのは「法人デビットカード」という選択肢。
法人デビットカード、ご存知ありますか?

欧米など日本以外の先進国ではクレジットカードと同等の大きな規模でデビットカードが普及しているのですが、日本に生活していますとデビットカードという単語を聞くこと自体少ないですよね。

しかしその日本においても、法人デビットカードにしかないメリットのために法人クレジットカードではなく法人デビットカードを使うという方が常に一定数いるのです。

日本ではまだそこまで普及していないにもかかわらず、法人デビットカードを利用したがる人がいる理由とは、一体何なのでしょうか。

このページでは、デビットカードとはどういったものかの説明から始め法人デビットカードでできること法人クレジットカードと法人デビットカードを比べたメリット・デメリットをお伝えしようと思います。

またページの最後では、法人デビットカードについて読んでみたところ、あなたの事業に法人デビットカードが合っていたという場合に備え、おすすめの法人デビットカードをご紹介したいと思います。


    法人デビットカードとは?

    法人デビットカードとはとても簡単に言うと、法人や個人事業主向けに作られたビジネス用のデビットカードのことなのですが、そもそもデビットカードがどういったものかはご存知ありますか?

    デビットカードとは口座に紐づけされた決済用カードのことで、クレジットカードと同様に買い物や公共サービスの料金支払に使うことができますが、クレジットカードとの違いは実際に口座からお金が支払われるタイミングにあります。

    クレジットカードの場合料金は後払いですが、デビットカードの場合は買い物をしたその場で即時口座から引き落とされる様になっているのです。

    このデビットカードを経費に対して利用できるようにしたのが法人デビットカードで、事業に役立つ特典や機能が付くことはありますが、それ以外に違いはありません。

    法人クレジットカードと法人デビットカードの引き落としタイミングの違いによって生まれるメリット・デメリットは後の項目で詳しくお話しますので、ここでは現金感覚でカード払いができる、くらいに考えておいてください。

    その他の点においては法人デビットカードと法人クレジットカードに大差はなく、法人クレジットカードが使えるお店なら法人デビットカードでも国内外問わず利用することができ、飲食費、交通費などの経費や、携帯電話、公共サービスの月額料金まで、幅広く決済をこなせます。

    法人デビットカード利用状況もWeb明細に即時反映され、過去の履歴を照会することもできるので経費の管理も法人クレジットカード同様に簡単に行うことができます。

    むしろ、即時引き落とされることを考えると、法人クレジットカードのように次の月や次の次の月の支出まで考える必要が無い分、法人デビットカードの方が経費管理は単純かもしれませんね。

    次の項からは、法人クレジットカードではなく法人デビットカードを使うことでどの様なメリットとデメリットがあるのかを見ていきましょう。

    メリット~ビジネスカードと比較~

    ここではまず、法人デビットカードを使うことによるメリットを3つにまとめました。



    それでは順番に、法人デビットカードと法人クレジットカードを比較しながら見ていきましょう。

    利用限度額が圧倒的に大きい

    一ヶ月の間に大量の経費を取り扱わなければならない事がある事業の方には、この法人デビットカードはほぼ必須のものになるでしょう。

    大手クレジットカード会社の法人クレジットカードだとしても、一般法人カードだと一ヶ月に利用できる額はせいぜい100万円程まで。

    高い年会費を払ってプラチナ法人カードを手に入れたとしても1ヶ月1000万円の限度額がほぼ最大値になっております。

    クレジットカードの場合、支払いまでのタイムラグがあるので2ヶ月連続して限度額ギリギリまで使うこともできず、限度額超過で決済不可になるリスクは常に考えなければいけません。

    しかし、法人デビットカードの場合、どの法人デビットカードを見ても限度額は“1日あたり数十万~数百万円”
    法人クレジットカードでは考えられない額を取り扱うことができます。

    法人クレジットカードの1ヶ月間の限度額を、法人デビットカードでは毎日決済することができますね。

    1枚の法人クレジットカードでは支払いが追いつかない事業の場合、年会費を何枚分も払って複数枚の法人クレジットカードを使い分けるより、年会費無料の法人デビットカードを1枚持っておいたほうが金銭的にも経費管理に費やす時間的にも明らかに得になるのは間違いないです。

    与信審査が無い、もしくは極めて甘い

    法人クレジットカードを作る時、ほとんどの人が最初にぶつかるのが審査の壁です。

    起業してから充分に時間が経っており収益もそれなりの水準を超えて安定している場合は、すんなり審査を通ることも充分ありますが、最初からそんな状態の会社は当然ありませんね。

    まだ若い会社の場合はクレジットカード会社から信用してもらえないことが多く、まだ収益が安定していなかったり赤字を出してしまったりしていてもなかなか審査を通ることができないようです。

    しかし、法人デビットカードの場合は審査を気にする必要が一切ありません

    法人デビットカードで支払った分は即時口座から引き落とされるため、カード会社としても踏み倒される心配が無いので事業を本当に行っているという確認さえ取れさえすれば審査を通してくれますし、そもそも審査が存在しない法人デビットカードも多いです。

    まだ起業したての方や、まだ収益が黒字にならない方などは法人デビットカードから始めるのも手だと思います。

    また、審査を通るか不安という理由で一般のクレジットカードを使って経費を支払っている方などもいるようですが、そういった方は一刻も早く法人デビットカードを申し込むべきです。

    一般クレジットカードは規約で事業に利用しないように決められているものがほとんどで、もしクレジットカード会社から一般クレジットカードを経費に使っていると判断されたらクレジットカードの利用自体を止められてしまいますよ。

    どこにいてもATMから現金を現地通貨で引き出すことができる

    法人デビットカードの場合、銀行のキャッシュカードと同じ使い方でATMからお金を引き出すことができます。

    クレジットカードのキャッシングとは違うため、利子は当然一切かかりません。

    そしてなんと、国内のキャッシュカードと違い、法人デビットカードのこの機能は海外でも使用することができます

    もちろん現地のお金に自動で両替してくれるので海外出張先などで急に現金が必要になっても、法人デビットカードがあれば両替所を慌てて探すこともありませんね。

    クレジットカードとキャッシュカードの良い所を1つにまとめたような、デビットカードにしか無いいいとこ取りの機能になっています。

    デメリット~ビジネスカードと比較~

    次に、法人デビットカードを使うことによるデメリット、言い換えると法人クレジットカードにできて法人デビットカードに出来ないこと、を3つまとめました



    こちらも順番に、法人クレジットカードと比較しながら見ていきましょう。

    引き落とし口座の変更ができない

    法人デビットカードは、銀行がその銀行の口座を使って運営していることが多いため、後になって別の銀行に口座を作り直す場合は、それまで使っていた法人デビットカードが使えなくなってしまいます

    その時はその乗り換え先の銀行でまたデビットカードを作ればいいだけの話ではありますが、申請するだけで口座を変えることができるクレジットカードに比べると手間が面倒くさいですね。

    口座にある分しか使えないため、資金繰りとしては悪い

    現金と比べると法人デビットカードはお金の動くタイミングが同じため、キャッシュフロー(お金の流入・流出量)も変わることはないですが、法人クレジットカードの場合は支払いを先延ばしにすることができるため、法人クレジットカードに比べてしまうと法人デビットカードの資金繰りは悪いということになってしまいます。

    これは法人デビットカードの悪いところと言うよりかは法人クレジットカードのいいところですね。

    基本的に、支払いはできるだけ遅らせたほうがキャッシュフローは増大し、資金運用の幅も広がると言われています。

    そういった意味では、事業を最短時間で拡大したい方は法人クレジットカードを持った方が良いかもしれませんね。

    しかし、支払いが追いつかなくなって金融事故を起こしてしまうリスクもあるので、1ヶ月2ヶ月先の支払いまで考えて資金を運用できるという自信がまだない方は、法人デビットカードの方が堅実で間違いもないかと思います。

    カードによっては継続支払い不可

    法人デビットカードの性質上、来月も来来月も口座にお金が残っている確証が無く、本当に支払いができるという保障がないため、公共サービスの月額料金など何度も支払いの行われる継続支払いについて決済不可にしているという法人デビットカードもあります。

    これはオフィスの光熱費や通信費など月額料金の支払いが必要になる事業においては致命的なデメリットになりますね。

    法人デビットカードがあるのに月額料金の支払いを毎月手動で行ったり、銀行まで振り込みに行ったりするのは、カードを作る意味が半減してしまいます。

    しかし、カードによってはと書いてある様に、種類によってはちゃんと継続払いにも対応している法人デビットカードもあるので安心してください。

    これによって選択肢は狭まってしまいますが、継続払いをしたいからという理由で法人デビットカードそのものを諦めてしまう必要はないです。



    ここまで、法人デビットカードの基礎知識、メリット・デメリットについて共に読み進めてきました。

    いかがでしたか?

    もしかするとあなたの行っている、または行おうとしている事業に法人デビットカードはピッタリだったのでは無いでしょうか。

    その様な時のため、皆様におすすめできる法人デビットカードを最後に1つ、ご紹介しようと思います。

    使うならこれだ、おすすめ法人デビットカード

    今回ご紹介する、誰にでもおすすめできる法人デビットカードは、
    「JNB Visaデビットカード」。

    この法人デビットカード、実は年会費、手数料、入会金の全てが無料

    使わなければお金は引き落とされるということはないので、お試し感覚でとりあえず持っておくということも出来ますね。

    さて、法人デビットカードを使うメリットはこのページで今まで散々書かせていただいたので、ここでは他の法人デビットカードにもない、JNB Visaデビットカードにしか出来ない機能をお伝えしましょう。

    部署や担当者毎に使い分け
    カードを発行するタイプと、カード番号のみ発行するカードレスタイプがあり、さらに、カードレスタイプの場合は番号を最大4つまで発行できるので部署や担当者毎に使い分けることができます。経費の管理がより簡単になりますね。

    Web総振サービス
    大量の振込を一括でまとめて行うことができるサービスがあります。インターネット上で振込のデータをエクセルシートとして送信することで、1回に最大3000件もの大量の振込先に一気にお金を振り込むことが可能。専用ソフトは必要ないので、申し込み後すぐにサービスを利用できる手軽さも魅力です。

    JNBスタープログラム
    JNB Visaデビットカードでのショッピング利用でJNBスターというポイントが貯まります。なんとこのポイント、現金と交換可能。オンラインで交換申請後、登録口座に交換した金額が振り込まれます。

    利用料金の1%がキャッシュバック
    JNB Visaデビットカードを使ってキャッシュバックモールに掲載しているオンラインストアで買い物をすると、毎回1%のキャッシュバックがもらえます。

    JNB Visaデビットカード、どうですか?

    ここではJNB Visaデビットカードの特徴的な点しか紹介しておりません。
    JNB Visaデビットカードについて、限度額など基本的な情報を含めてもっと知りたい方はこちらからどうぞ!

    新着法人カード: Visaビジネスデビット(JNB Visaデビットカード)の画像 JNB Visaデビットカード
    詳細はこちら
    アメックスゴールド
    ナビゲータープロフィール
    法人カードマニアのたけし

    たけし(35)

    大のクレジットカードマニア。大手クレジットカード会社の法人営業部門に勤務していた経験を持ち、法人カードに関する知識に自信あり。
    クレジットカードメディア運営事業を行う「T-CARDS」代表。